見出し画像

お弁当から、感じるらしい……。


サッカー少年は部活の朝練があるから、毎朝のお弁当作りのスタートも早めで大変だ。

息子のお弁当は、「おかず」に「ご飯ジャー」、「スープジャー」の3種類が定番。今は保温性能が優れているジャーがあるので、ほかほかご飯や熱いスープが飲めるのっていいよね。
小学校時代から、氷点下にもなる真冬にサッカーをし、またそれを応援したり観戦した自分の経験から、お弁当については「保温の鬼」と化した私なのである。うっかり冷たいお茶と冷たいオニギリを子どもに食べさせて、腹痛でプレーができなかったこともあるからね……。
なので胃腸を冷やしがちな我が家は「ジャー」様さま、なのである。温かいと消化力も上がるし、何より物理的に温まるしね。


さて保温の鬼についてはさておき。
最近、気がついたことなのだけれども。珍しく「今日のお弁当のアレ、美味しかった」と息子が言い出すメニューは、たいてい私が手をかけてちゃんと作ったものなのだ。
いや、「たいてい」ではなかった。ちゃんと作ったもの「しか」ない。
そう。「しか」なのだ。「only」だ。

万が一、私が寝坊したり体調を崩したときなどのために、冷凍食品などのフリーズものをストックしてあるのだが、おかずに隙間ができたときなどにも、冷凍食品を入れて空間を埋めてたりしている。
そのとき、たとえ隙間空間に大好物のカラアゲを入れようとも。ハンバーグ、コロッケ、シュウマイなど、男子中学生が好きなおかずランキングトップ5内であろうものを入れたとしても。なぜかそれが冷凍食品だと、彼はお褒めくださらない。
ちなみに私も試食しているが、最近の冷凍食品は本気で美味しいよね。昔のようなザ・冷凍食品、でもない。しかも国産、無添加、減農薬にこだわる宅配会社の冷凍食品なので、変なものとか入ってないし……。そんなに舌が肥えた息子だとは思わないのだけれど……。

なぜか、褒められるのは「ちゃんと作ったもの」。
ううむ。料理に込められた「気」とか「愛」とかが違うんだろうか。

でも、それってあるのかもしれない。
気持ちが入ったメールと、空々しく感じるメールとかってあるじゃない? そんなふうに、もしかするとどんなに好物でも、やっぱりハートが入ってないとどこかでわかってしまうものなのかもしれない。
お弁当って、それ自体が大事なコミュニケーションツールなんだなぁ。

たとえもし学校で軽くイジられたとしても、教室の中でふと思春期特有の孤独にさいなまれたとしても、渾身のギャグがダダ滑りした後でも、お弁当がふっと気持ちを和らげてくれるといいなぁと思う。一人じゃないな、って思ってくれたらいいと思う。
もうお弁当とかでしか、伝える手段が少なくなっているのに、涙。間接的すぎる……。昔はストレートに「大好きー」とか「ハグしようー」とかできたのによう。


まぁ、ですので。時短メニューでも、昨日の残りのアレンジであろうとも。工場で流れ作業で作られたものではなく、私が心を込めたものを「極力」出そうと思った次第である。ええ、「極力」です。無理はしない。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ここまで読んでくれただけで、うれしいです! ありがとうございました❤️

😍 サッカーの久保建英くん、マジすごいんですけど……!
112
出版社勤務ののちフリーランスの編集者、ライターに。🌿仕事、子育て、旅、暮らしを通して、日々の気づきをつぶやきます(鋭意更新中‼︎)⭐️放浪の旅の準備すべきアドバイスを書いています。

この記事が入っているマガジン

コメント6件

そっか、そうですよね。
うちの4歳もそのうちハグしたり大好きって言ってくれなくなるんですよね。
そのときに私はなにで満たされよう...。

「お褒め」はきっと「一生懸命つくってくれてありがとう」なんですよね。
かわいいです。とっても。
ハネサエ. さん。
ハグしてもらえるんですね。いいなぁ。4歳だもんなぁ。

私が今度駆け寄ってハグしてもらうには、遭難した雪山から何日か後に無事帰還するだとか、走るの嫌いな私が32,195キロ完走してゴールで倒れるぐらいしないと、無理でしょうね……。
素晴らしいと思います。
そういう感受性のあるお子さまに育ったのは、きっとお母さんの育て方がよかったからですね(^-^)
京和みかんさん。
そ、そうでしょうか。嬉しいです☺️ ありがとうございます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。