業界でなく、職務内容を重視。やりがいが明確になり、後悔のない転職活動に【マジキャリ】
見出し画像

業界でなく、職務内容を重視。やりがいが明確になり、後悔のない転職活動に【マジキャリ】

こんにちは!マジキャリ運営事務局です。本日はマジキャリ卒業生インタビュー第5弾です!

大学卒業後、某放送会社に入社し一貫して営業職を勤めていたY.I.さん(43歳)。
営業職としては新規と既存顧客の開拓双方経験があり、東京と大阪合わせ、18年営業を続けてきました。
営業部次長に昇格された後、営業部全体の予算管理、立案、幹部になる方の匿名案件を行い、その後営業を離れ、番組制作部門へ配属になり、転職を決意します。

転職活動がうまくいっていなかった際に出会ったマジキャリ

ーマジキャリに出会ったきっかけを教えてください

転職をしようと思い、転職エージェントを使っていたのですが、なかなか書類が通らなかったり、通ってもうまくいかないという状況だったため、転職の仕方を考え直そうと思っていました。そんな中、インターネットで転職関連について調べていた際に、マジキャリを発見し、転職エージェントと並行しながらサービスの利用をしようと決意しました。

ー他のコーチングサービスも検討されたと思うのですが、マジキャリの利用を決断した理由は何ですか?

他のコーチングサービスの初回面談をも受けたのですが、マジキャリのコーチの佐藤さんが、一番話をよく聞いてくださり、妥協のないアドバイスをしてくださいました。
コーチングというよりかは、精神カウンセラーのようで、たくさん質問を投げかけてくれて、心理面の深いところまで分析してくれました。それらの質問に答えるうちに、自分の頭も整理されてすっきりしていったため、マジキャリの利用を決断しました。

ーマジキャリの利用を開始する際、期待してたことなどはございますか?

私がマジキャリに期待していたことは大きく分けて2つあります。

・転職をさせてくれること
・年収や条件をクリアした上で、いい求人に出会う

やはり私自身、家庭があり、年収など自分の中で転職の際に最低限大切にしているものがあったので、そこを網羅しつつ、転職に成功したいと思っていました。

自己分析を行うことで、自分の潜在的なやりがいに気付けた

ー初めての転職ということで、約20年ぶりに自己分析を行ったと思うのですが、やってみていかがでしたか?

率直にいうと、辛かったです。
幼少期から就活時代など、過去のことを思い出すのはとても難しく、大変でした。
ですが、自己分析をコーチと行ったことで、自分でも気付いてなかった部分がわかってきました。
自己分析を通じて、常に自問自答しながら生活することの大切さに気づきました。

ー具体的にマジキャリを通じて新たに気付いたことを教えてください

自分は物事を俯瞰的にみて、ビジネスを組み立てていく事が好きなのだと気づきました。
言い方は悪いですが、今までは停滞している業界での職務経験を積んでいましたが、コーチとの自己分析を通じて、成長している業界、会社で働きたいという思いが自分の中では非常に強いことがよくわかりました。

また、新卒から今まで、私は放送会社というエンタメ業界におりました。そのため自分自身エンタメ関連が好きなのかと思い、転職先も似たような業界を見ていました。

しかし、自己分析で自分が何に充実感を感じていたか振り返ったところ、私は「様々な人と結びつきながらビジネスをしたい」と考えていたことに気づきました。また、自分の考えた企画が成功したときに自分は達成感を感じていたことに気付けたのも大きな発見でした。
そのため、業界でなく、職務内容を重視して転職活動を進めようと一歩前に出ることができました。

結果として、前職とは真逆の成長産業で、かつ成長基盤もしっかりしていて、営業の経験や資格を生かせる会社に内定をいただき、満足のいく転職活動ができました。

自分の大切にしていることが明確になり、一歩踏み出す勇気が出た

ーマジキャリを通じて何か自分の中で変化したことはありますか?

自分のやりたいこと、大事にしたいことがはっきりしたことが大きな変化です。
自己分析を通して、今までの私自身がとても会社に依存していたことに気づきました。現職の会社は新卒で入社し、定年まで部署異動などを繰り返して、会社の中で育っていくという感じでした。

そのため、会社から出ていくという発想がなくなり、ぬるま湯のような環境で、自分の強みや弱みについてなど考えもしませんでした。そんな中で、家を買い、家庭を持つため安定を選んでしまいがちだったんです。

何となく会社に入って、何となく評価されて、何となく良いポジションを与えられたため、自分のことを見つめ直すことを怠っていました。
しかしながら、幸か不幸か転職をすることになり、マジキャリに出会ったことで、外の世界を知り、頑張って自分を見つめ直して、何を大事にしたら良いかが見えてきたのは大きな変化でした。

また、やりたいこと、大事なことがはっきりし、会社に依存しない5年、10年先のありたい姿が明確になりました。いい意味で人に依存しなくなり、自分の軸がはっきりしたため「次の会社では職種が変わるから、こんな知識をつけよう」「5年先に経営企画のポジションを取りたいから、こんなスキルを身につけていこう」と今後のキャリアが鮮明に見えるようになりました。

「会社と結婚するのでなく、仕事と結婚する」
会社に左右されるキャリアを送るのでなく、自分が本当に何をしたいのか、大切にしているかを意識しようと思うようになりました。

人生に向き合い、後悔の無いキャリアを

ーマジキャリを検討している方にメッセージを一言お願いします。

マジキャリを利用するということは、仕事と向き合うことです。つまり、人生と向き合うということになります。

マジキャリの自己分析を通じて、自分でも気付けなかった大切にしているもの、強み弱みがはっきりします。その後結果として、転職をする、現職に残るにしろ、そのキャリアに対する判断は後悔の無いものになることは間違いありません。

また、転職活動にフルスイングできるようになります。お金をかけてやることで、何としても効果を出す、妥協をしない、次に絶対極める、と気合の入り方が全然変わってきます。

ーY.I. さん、本日はありがとうございました!

マジキャリnoteでは他にも卒業生のリアルな体験談を掲載中です!

キャリアコーチ佐藤の自己紹介noteはこちら

マジキャリ誕生秘話はこちら

キャリアコーチングサービス「マジキャリ」へのお問い合わせはこちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「徹底的に個人と向き合うキャリアコーチング」マジキャリ(https://majicari.com/)の公式noteです。