見出し画像

陸上選手の職業病 | occupational side effects of an athlete

(English follows Japanese)

仕事を毎日していると、日常生活でもつい出ちゃう癖や意識してしまうことってありませんか。

私は、IT の仕事をしているので、ウェブサイトやアプリのインターフェースや操作性が気になってしまう事があります。夫も同じように陸上選手/跳躍選手ならではの無意識な癖や言動が日常生活に出てしまうことがあり、陸上競技経験のない私からしたら面白いなと思うことが多々あります。今日はそんな陸上選手の夫の職業病だなと思う一面を紹介したいと思います。

① 階段を上ることもトレーニング
長い階段を上るときは手を大きく振りながら一つ一つのステップを強く足踏みしながらリズムよく上っていきます。おしりの筋肉を意識して、腕振りの連動性を大事にしているらしいですが、いい大人がルンルン上っているように見えて面白いです。

② アキレス腱に注目する
跳躍選手のパフォーマンスにはアキレス腱の長さや太さが大きく影響するらしく、色々な人のアキレス腱に注目しています。先日、世界陸上の放送をテレビで見てた時も「〇〇選手、めっちゃ良いアキレス腱してるー!」と興奮していましたが、私はその凄さがいまいち良く分かりません。

③ 坂道は坂ダッシュの場所
急な坂道を見ても急な坂だな程度にしか思わない私ですが夫は、トレーニングに良い坂かどうかという視点で見てます。散歩をしているときに良い坂が目に入るとその坂を指して「坂ダッシュ練習に良さそう」とコメントしてます。

④ 踏切のイメトレ
きっとこれはほぼ毎日ですが、走り幅跳びの踏切をイメージして腕を回して踏み切る動作をする事がしょっちゅうあります。ショッピングしてるときにちょっと横を見ると鏡の前で踏切動作をしてたり、家でもよくその動きをやっています。何度も何度もいい踏切のイメージを叩き込むことが大事なのかなと思いますが、周りの目は全然気にしていなさそうです。笑

無意識に色んな癖が出てしまうほど、四六時中競技の事を考えているんじゃないかなと思う日々です。

Do you ever notice yourself doing things or saying things that are strongly influenced by your daily work?

For example, as I work at an IT firm, I can’t help but notice poor interface or usability when browsing certain websites or apps. I also notice that my husbands’ unconscious habits and behaviors are influenced by his work as a track and field athlete, and I find it very interesting. So I thought I’d share some of his habits in this post.

① Climbing stairs is part of his training
When going up long stairs, I always see him swinging his arms vigorously and taking each step in a rhythmic motion. It’s funny because he looks like a big kid walking up the stairs joyfully, but in fact he is trying to push through his heels so he can fully engage his gluteal muscles and to ensure his arms are also moving in a good motion.

② Other people’s Achilles tendon
Hajimu has a weird habit of looking at people’s archilles tendon. The archilles tendon is one of the strongest tendons in the human body, and the length and thickness of this tendon seems to have a strong influence on the performance of a jumping athletes. When viewing the world athletics championships the other week, he cheerfully exclaimed, “wow look at this athletes’ archilles tendon!” but of course I couldn’t quite understand it.

③ Steep slopes are for running up
To me, a steep slope is nothing more than a slope, but Hajimu would view a slope as a good/bad slope for a hill-running training. When we are strolling around and he finds a steep slope, he can’t help but to point that out to me.

④ Mental imagery training
This is probably something I see Hajimu doing everyday; he images himself jumping on the take-off board and makes a cyclic forward movement with his arms and legs. He would do this regardless of where he is. I would even find him doing that take-off movement in front of a mirror at the stores. I think he’s doing it as part of his training to keep a good image in his mind, but it’s funny to me that he doesn’t seem to care what others think of him.

Many of his behaviors and comments I witness everyday shows just how much he is passionate about his job.

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくださりありがとうございます! Thank you for reading!

スキありがとうございます!励みになります!
16
🇯🇵→🇦🇺→🇯🇵→🇦🇺 パラ陸上選手である夫(芦田創)のパラリンピックでの試合1年前を記念してnoteをスタート! パラリンピック・陸上・ライフスタイル・食事をテーマに隔週の日曜日にポストします。 Posts in Japanese and English!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。