見出し画像

パラリンピックの見方について | How to enjoy the Paralympics

(English follows Japanese)

私が初めてパラの陸上大会を見に行ったとき、どう見ればいいのか、どう楽しめばいいか正直戸惑っていました。

様々な障害クラスで競技をしている選手の姿を見て「辛い経験を乗り越えてきたんだろうな」「ここに来るまで大変だったんだろうな」とスポーツのパフォーマンスとは関係ない感情に駆られていました。絶対こういう見方は間違っているし、選手もそう見られたくないはずと思いながらも、障害に必要以上に意識しすぎてスポーツ観戦として楽しめていなかった気がします。

もちろん夫の試合中は彼を応援する目的で観戦を楽しめるのですが、それ以外の競技の観戦を楽しめるようになるまで時間がかかりました。今日はどう私のパラスポーツへの見方が変化したのか、私的パラスポーツの楽しみ方をお伝えしたいと思います。

私は夫の試合を応援しにパラの陸上大会に何度か足を運んでいるので観戦していく中で理解が深まっていきましたが、その他にも YouTube 動画で過去の試合を観たり、夫からも色々話を聞くことで競技の知識そしてその奥深さを知ることが出来ました。すべてが競技を楽しく観戦できることに繋がっていますが自分の中では障害の捉え方の変化が大きく影響していると感じます。

障害の捉え方

それは障害がルールという捉え方です。パラスポーツは障害を持っている人が競技をしているスポーツではなく、難しいルールが加わった中で競技をしているスポーツという考え方で全く見方が変わります。そしてその「ルール」という名の障害がスポーツをどう難しくしているかをしっかり理解することでスポーツ観戦がより楽しくなります。

例えば夫の T47 という障害クラスは、片側の上肢の切断または機能障害を意味していますが、このような障害/ルールがあることで、体の左右バランスを保ちながら真っ直ぐ走ることが難しく、走幅跳の踏切時ではパワーが入りにくくなります。障害の内容だけを知っても「障害」だけにスポットライトが当たるだけですが、障害があることでどう通常のスポーツと異なるのかを知る事でパラスポーツ観戦の面白みを深めてくれると思います。(腕に障害があることで生じるパフォーマンスへの影響については夫が詳しく書いているのでこちらも是非読んでみてください。)

また、障害のある方が健常者と共に競技をしていれば、「健常者」「障害者」と区別されますが、パラリンピックでは同じような程度の障害を持つ人が競い合っているのでフェア*な環境であり、同じ競技クラスの中ではある意味誰も障害は持っていないのです。難しいルールが加わっているだけのハイパフォーマンススポーツではないでしょうか。
(*完璧なフェアネスさを求めるとクラスがより細分化されメダルの価値が薄れるという課題はある)

その一方、パラスポーツの難しいところは障害の種類が多くあり等級も軽度から重度まで様々なので、「私的パラスポーツの楽しみ方」は全員に当てはまらない可能性もあります。(こちらについてはまた別途書こうと思います。)

スポーツ観戦に正解・不正解はないですが、私の話がパラリンピックをより楽しく観戦するためのヒントになればと思います。

How to enjoy Paralympics 

To be honest, when I first went to see a para athletics game, I wasn't sure what to focus on and how to enjoy it. As it was my first time to see athletes with a range of disabilities, I couldn't stop but to feel sorry towards them for overcoming the painful experiences they may have had, or to imagine how their journey must have been like. I was too conscious about their disabilities and I lost my focus to view their sports performance.

I enjoyed watching my husband's competitions as I had a clear purpose to root for him, but it took some time for me to enjoy other athletes' competitions. In my post today, I would like to share how my perception of para-sports changed over time and my tips on how to enjoy viewing the Paralympics

My perception changed a lot from watching para athletics competitions countless times, viewing previous Paralympic competitions on YouTube and listening to my husband's stories. But what changed the most was my interpretation of "disability," and this helped me to view Para-sports in a completely different way. 

Disability as a rule in sports   

My definition on Paralympic sports changed from a sports where athletes with a disability participate in, to a sports where a complex rule is added. The disability in their sport classes (categories based on disability type) is the "complex rule" that is added to their sports, and by understanding how that disability makes the sports more challenging is the key to enjoy the sports in a whole new level. 

For example, in my husband's T47 sports classification (athletes with unilateral upper limb impairment,) the imbalanced weight from left to right makes it difficult to control the body balance and movement thus running straight or taking off with power is not an easy feat. By understanding what impact the disability has on sports performance and viewing this obstacle as an added rule to the game, I was able to focus on the game and enjoy viewing the para-sports and not to be too conscious of the disability. 

In addition, if an athlete with a disability competes against an athlete without a disability, the people may be distinguished by a “disabled” or “able-bodied” athlete. But the Paralympic Games shouldn't highlight the disabilities of the athletes as the competition is fair* since people with similar disabilities compete against each other. In other words, no one should be regarded as a disability in the Paralympic Games, but viewed as a high-performance sports athletes.
(*The classification system is difficult to be completely fair and equal for all, as establishing too many classifications may lack competitiveness)
It is also important to note that there are many different degrees of disabilities ranging from mild to severe, so my tips I shared in this post may not apply to everyone. 


There is no right or wrong answer to watching sports, but I hope my learnings becomes a good tip for someone who may struggle in enjoying Paralympic Games or plans on watching the games for their first time. 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくださりありがとうございます! Thank you for reading!

スキありがとうございます!励みになります!
40
🇯🇵→🇦🇺→🇯🇵→🇦🇺 パラ陸上選手である夫(芦田創)のパラリンピックでの試合1年前を記念してnoteをスタート! パラリンピック・陸上・ライフスタイル・食事をテーマに隔週の日曜日にポストします。 Posts in Japanese and English!

コメント1件

「同じ競技クラスの中ではある意味誰も障害は持っていない」はその通りですね。その観点で11月のドバイ世界陸上を楽しみながら応援したいです!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。