見出し画像

【電験完全攻略】第3種電気主任技術者試験攻略手順(2019年版)

目的は電験3種を完全に攻略すること

この度、第三種電気主任技術者試験の攻略手順をまとめた。「合格」に必要なプロセスが詳細にわかる資料となっている。

電験3種合格に必要な時間が「1000時間」とも言われるぐらいに難易度は上がりつつあるが、押さえるべきポイントを把握することで、たとえ勉強時間が足りなかったとしても「質の高い学習で合格確率を高めて欲しい」と思う。

【改定履歴】
①2019年3月26日追記
法規の勉強方法を充実化させた。約800文字追記し、より具体的にした。

②2019年2月3日追記
ご購読して下さった方、ありがとうございました。試験範囲、科目ごとに適する勉強方法、役立つコツを大量に記載してあるので、お役に立てるものだと思っております。電験申込までに、大半の科目の基礎を学び終わっていることを願っております。

③2019年4月7日追記

多くの方にご購読頂き、大変感謝しております。コメント頂きました部分を全て修正し、より分かりやすい攻略方法になりました。さらに、法規の勉強サイトも追加。

④2019年4月14日追記
過去の履歴が浮かび上がるバグを修正。
(報告下さった方、ありがとうございます。)

⑤2019年5月4日追記
「目次と注意事項」の追記および記事の充実化。
コメント頂き、より詳細文章にした。

⑥2019年5月28日追記
スケジュールをまとめた記事のリンク先を追加

⑦2019年5月31日追記
法規科目の攻略を詳細に。実際の問題に関する話を追記。

⑧2019年7月5日追記
攻略情報をより詳細化。口頭での質問回答した部分を全て記事化。デザインの見直しも実施。(機械科目攻略を特に詳細にしました。)

⑨2019年7月10日追記
難関のパワーエレクトロニクスで点を取る記事情報を追加

⑩2019年7月21日追記
法規の攻略情報を追記。計算問題攻略記事のリンク追加

⑪2019年7月30日追記
試験1ヶ月前にやるべきことをまとめた記事のリンク追加

⑫2019年8月1日追記
電力科目と機械科目の計算問題攻略情報の追加

⑬2019年8月10日追記
直前やることチェックシートを追加

⑭2019年8月11日追記
モチベーションを高める話を追加

⑮2019年8月26日追記
電気回路の波形問題の話を追記

⑯2019年9月8日追記
電験合格点のまとめを追加

⑰2019年9月29日追記
アドバイスのより具体化記事を追加


※本記事を読む際の注意事項※

集中力が低下したと感じた瞬間に読むことをやめて頂きたい。


その理由は
本編の合格手順には「一切の無駄な情報」がないためだ。


攻略手順は理解すればするほど、合格が確実なものになると考えている。そのため、先に厳しいことを言わせて頂いた。合格するために共に頑張ろう。





はじめに

「電験合格、完全攻略」とネット検索しても、古い情報が多い上に攻略方法が断片的で、きちんと記載されていない記事が多い。

日記ブログみたいなものが多く、攻略といっても網羅性がなく、合格までが明確ではない。そもそも合格できるかどうかも怪しい情報が多い。


電験の講習会などは参加したことがあるが、あくまで各分野の勉強を教えてくれるだけであり、受講者の合格をフォローしてくれるものではなかった。このあたりをフォローする資料になっている。


本資料ではまず試験全体の試験範囲を網羅できるように整理した。そこに「長年の経験を活かした工夫」を加えてある。



どんな工夫をするのか

もし、自分が学習者の立場に戻るとするならば、今すぐに下記の二点を行うだろう。

①徹底的に過去問を分析して、優先順位を付ける

②優先順位が高いものだけを勉強する期間を作る


その理由は、この二点を押さえることで合格確率をかなり高めることができるからだ。「試験に出題されにくい部分は勉強しない」ぐらいの勢いで勉強に取り組む。


少し考えて欲しいことがある。


「試験に出題されやすい分野」の出来が70%程度の理解度だとする。


それにも関わらず「試験に出題されにくい分野」の勉強をするのは「電験合格」という観点から考えたとき、無駄が多すぎるとは思わないだろうか??試験に出題されにくい分野は試験に出ても数点程度である。



でも、これができない人がほとんどだ。

電験に不合格になる人は「勉強時間が足りないか」「出題されない分野の勉強をしている」のどちらかに必ず該当する。


自分もできていなかった。時間的にも無理なのに完璧主義を目指す性格だからだ。


例えば、理論で言うと
コンデンサ分野の計算が曖昧なのに、ほぼ出題されない指示計器分野の勉強をしていたりする。


電験は出題分野を一つ一つ丁寧に学ぶことでようやく合格できる試験だ。高頻度で出題される分野の理解度が低いと、どんどん失点する。


半端な学習では不合格になるのだ。

雑誌「新電気」でも電験の話がよく取り上げられているが、電験三種の問題は難しくて、太刀打ちできない受験生が多いことで知られている。

薄っぺらい知識では点が取れない。

だからこそ、無駄な勉強は省こう。学習者の「脳内容量」と「学習時間」は限られている。


本資料では、これらを徹底的に整理してある。


受験生が欲しい情報は
  「合格に直結する情報」

自分は、資格試験においてストレートな表現を好むし、使用するようにしている。会社で要求されるような「取り繕う体裁は不要」

合格するために真っすぐ頑張る。


「合格に直結する情報」とは何か考えたことがあるだろうか。

もっともっと掘り下げて、考えてみて欲しい。
目標もそうだが、言葉はとにかく具体的な表現へと変換することを心がけている。そうすることで、叶う確率はどんどん高まっていくからだ。現に、そうすることで、色々なことを実現してきた。


「電験の合格に直結する情報」の答えを言う。

合格に直結する情報は、下記の二点に集約される。

①「出題範囲」
②「勉強方法」


これらがきちんと整備することができれば、電験三種は確実に合格できる。


では、「合格に直結する情報」に具体性を持たせよう。

①「出題範囲」を知るにはどうしたら良いだろうか。

②「どのように」勉強していけばいいだろうか。電験の教科書はない。



どうだろう。具体性が増し、一気にやるべきことが見えたのではないだろうか。

出題範囲を押さえるには、電験の過去問を10年分以上見る必要がある。出題傾向を捉えるためには、このぐらい調べる必要がある。(電験1種の一次試験の時は25年分調査したが)


次に勉強方法についてだが、試験本番で問題が解けない人には「勉強方法を間違えている」といった特徴がある。

「問題が解けるような勉強方法」を取ろう。


本資料の内容

ここまでを整理したのが、本資料である。

また「合格できない理由」についても、各科目の特徴を踏まえた上で、攻略方法を解説しているので役立つと思う。
(電力科目であれば、ある分野の失点が起こりやすくて、勉強しにくい。そこを補うためにどうしたらいいか等)

第3種電気主任技術者試験には2次試験はない。
試験科目である「理論」「電力」「機械」「法規」について、それぞれまとめてあるので、印刷し活用して頂きたい。

皆さまのお役に立てることを願っています。


第3種電気主任技術者試験の攻略手順まとめ

【有料記事の概要】
①各科目の試験範囲を把握することができる。

試験範囲を確認することの重要性についても記載しており、どこに注意すべきかを詳細に把握することができる。


②各科目の勉強手段(手順含む)を学ぶことができる。

具体的にどのように進めていくことで、つまづくことを避け、スムーズに学習できるか学ぶことができる。


③各科目で陥りやすい落とし穴を学ぶことができる。

各科目にはそれぞれ注意すべき事項がある。間違いやすい部分であったり、わかりにくく学習時間を多く消費してしまう部分が注意すべき事項に該当する。そこを詳細に解説しているので、効率的に学習することができる。


【特記事項】
①過去20年間の過去問題を分析した結果についても、知ることができる。

②合格するために、役立つコツを知ることができる。

③電気系の知識のない人でも、勉強を始めやすいような工夫をしている。
【注意事項】
もともと電気系の学習をしておらず全く知識がない方向けの攻略方法も合わせて書いています。知識のある方には無駄と感じる部分があるかもしれませんが、復習と捉えて1から学び直してもらえると力がつくと思います。わかりにくい部分があれば、twitter等でメッセージ頂ければ回答いたします。分かり易いサイト、資料等の情報も送付します。

自分からのメッセージ

有料記事では各科目の勉強手段に加え、各科目毎に陥りやすい落とし穴も紹介するので、注意して取り組んで欲しいです。

また、過去出題された問題の20年間分の分析を踏まえた情報も記載しているので、ご活用頂き、時間短縮を図って頂ければと思います。

NOTEの特徴を生かして、一度購入頂ければ、今後更新される最新情報をいつでも入手できるのでご利用下さい。

わからない部分があれば、twitterよりDM頂ければと思います。ブログ等でも解説します。(有料依頼でお願いしますと言って下さった方もいました。振り込み等、お手数かけるのも悪いので、有料NOTEにしました。仕事を下さり、本当に有り難かったです。)

【頂いた仕事①】変圧器の力率を考慮した無効電力計算
※電験2種3種問題(1種問題の攻略の基礎にもなる良問)

【攻略手順 目次】
講義1「各科目の試験範囲を把握することの重要性」
講義2「試験範囲を把握する」
講義3「各科目の勉強手段」
講義3.1「 勉強のコツ」
(「目標の明確化を行う」+「復習効果を持たせる」)

講義3.2 「理論の攻略方法」

3.2.1 勉強資料の選定
3.2.2 公式整理の工夫
3.2.3 勉強する順番の工夫

3.3  電力の攻略方法
3.3.1 勉強資料の選定
3.3.2 公式整理の工夫
3.3.3 勉強する順番

3.4  機械の攻略方法
3.4.1 勉強資料の選定
3.4.2 公式整理の工夫
3.4.3 勉強する順番

3.5  法規の攻略方法
3.5.1 勉強資料の選定
3.5.2 勉強する順番


攻略手順を読む前に

「進捗を確認するチェックシート」を作成した。
現時点での学習状況に大きな抜けがないかどうかを確認しておこう。大きな欠如があった場合、計画を修正し、補強しよう。

「電験の合格点のまとめ」についても作成。

合格点をまとめて知りたい方のために整理しました。
ネット上だと、間違った情報が非常に多いです。プレス情報から全てデータ採取しました。電験2種は90点満点、電験1種は80点満点での合格点だった年度があるので注意すること。


この続きをみるには

この続き:16,716文字/画像3枚

【電験完全攻略】第3種電気主任技術者試験攻略手順(2019年版)

maco

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

51
電験&電気業界を徹底調査したブログ(ブラック企業と直接対決の記録有)⇒https://strategy.macodenken.com/entry/2019/10/17/033557 ☑︎NOTEでは「電験(第1~3種)」の攻略資料を配信。調査に手間がかかる部分を有料記事とします
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。