見出し画像

「キリ新」電子版 2024年5月21日付(メルマガ 第211号)

 一昨日のペンテコステ(聖霊降臨日)はどのように過ごされましたでしょうか。クリスマス、イースターに比べるとどうしても地味な印象のある教会行事ですが、試しに「#ペンテコステ認知度向上委員会」(https://bit.ly/4bp5LzQ)のハッシュタグで関連ポストを集めてみました。各地の教会で「赤いものを身につける」「鳩サブレ―を配る」などの工夫がされているようです。まずは世間にも認知してもらうところから…。今回も最後までお付き合いください。

*電子版の紙面PDFは本記事のご購入者のみ本文末からダウンロードできます。
*noteから「キリスト新聞」電子版を1部ずつ購入できるようになりました。ご利用ください。


■ 最新号の紙面から

▼聖書をささやく「ASMRキリスト教会」
 〝日本の陰キャを救う〟ITエンジニアの覚悟 管理者・菅野契さんインタビュー
 https://www.kirishin.com/2024/05/19/66663/

▼「国際人種差別撤廃デー」で早尾貴紀氏が講演
 ガザ侵攻を植民地主義・人種主義・構造的暴力から語る
 https://www.kirishin.com/2024/05/11/66542/

▼同志社大学と立教大学
 相互協力・連携に関する協定を締結 「双方の発展に寄与」
 https://www.kirishin.com/2024/05/07/66449/

▼髙祖敏明神父に旭日重光章
 私立学校の発展と振興に尽力
 https://www.kirishin.com/2024/05/11/66526/

▼「永住資格取り消し法案」に反対
 在日大韓基督教会、日本福音ルーテル教会、バプ連が緊急声明
 https://www.kirishin.com/2024/05/10/66509/

▼TRPG(テーブルトークRPG)で新たなコミュニケーションの糸口を
 「居場所づくり」への挑戦
 https://www.kirishin.com/2024/05/17/66646/

▼【宗教リテラシー向上委員会】
 「反ユダヤ主義でもイスラモフォビアでもなく」山森みか
 https://www.kirishin.com/2024/05/16/66620/

■ web速報

▼日本福音ルーテル教会
 旧・岡まさはる記念長崎平和資料館の報告受け「性暴力・性虐待の根絶」を表明
 https://www.kirishin.com/2024/05/16/66629/

 旧・岡まさはる記念長崎平和資料館(崎山昇理事長、現・長崎人権平和資料館)が昨年10月10日、館名の由来となった牧師の故・岡正治氏(1919~94年)による性暴力を公表したことを受けて、同氏が所属していた日本福音ルーテル教会(永吉秀人総会議長)は5月8日、「故人である元牧師の性暴力報告に関して」とする声明をサイト上で発表した。


▼【映画評】 信念の親指、ある信仰者の雄叫び。
 『ボブ・マーリー:ONE LOVE』
 https://www.kirishin.com/2024/05/15/66514/

 1978年4月22日、母国ジャマイカを一時は内戦の危機にまで陥れた対立政党の2党首を、ボブ・マーリーはステージ中央へと呼び寄せ2人を握手させたあと、天を仰ぎこう叫んだ。「ラスタ!」

 それから3年後、30代半ばでマーリーは世を去った。『ボブ・マーリー:ONE LOVE』は、音楽ジャンルとしてのレゲエ全体を牽引し、世界でアルバム7500万枚を売り上げる伝説的歌手となったボブ・マーリーことロバート・ネスタ・マーリーの生涯を描く劇作品だ。妻リタや息子、娘らのプロデューサー参加により、その死後に神話化された数多の逸話について、現場を共にした近親者の視点からマーリー当人の内面へと迫る描写が説得的で、過去の伝記作群とは一線を画している。

■ 告知情報

▼修学院フォーラム「社会」
 「戦争の時代」にしないために~沖縄対話プロジェクトの経験から
 https://www.academy-kansai.org/program/2024/05/pg-839.php

 2022年のウクライナ戦争に続き、2023年には中東ガザで戦争が始まりました。国連の機能不全が続く中で、東アジアにも戦火が拡大するのではないかとの不安が煽られ、日本はかつてない軍拡と沖縄など南西諸島の軍事化を推し進めています。いま何が起きているのか、世界はこのまま「戦争と暴力の時代」に入っていくのか、そして非戦の憲法をもつ私たちは何をすべきか、考えます。

 ・日時:2024年5月25日(土)13時半~17時
 ・講師:岡本 厚(前岩波書店社長・元雑誌「世界」編集長)
 ・料金:一般2,000円/学生500円
 ・WEB申し込み
  https://bit.ly/3wyXp9M
 ・ZOOM参加の場合は事前申込&クレカ決済が便利
  https://nippon-christian-academy.square.site/product/-/11


▼『聖☆おにいさん』初の実写映画化 12月20日公開
 http://saint023movie.jp/

 原作累計発行部数1700万部を超える異色のギャグ漫画『聖☆おにいさん』(中村光/講談社「モーニング・ツー」連載中/既刊21巻)が、初めて実写映画として上映される。公開は12月20日。作品タイトルにちなみ、5月以降の毎月23日を「おにいさんの日」と銘打ち、映画に関する情報を毎月発表していくという。

 ・原作:中村光「聖おにいさん」(講談社「モーニング・ツー」連載)
 ・脚本・監督:福田雄一
 ・出演:松山ケンイチ、染谷将太
 ・プロデューサー:北島直明、松橋真三、鈴木大造、山田孝之
 ・配給:東宝
 ・公開日:2024年12月20日(金)
 ・公式サイト:http://saint023movie.jp/

 ▼『聖☆おにいさん』イエスとブッダが共同生活? 信徒ファンも急増中 〝究極の宗教間対話〟
  https://www.kirishin.com/2008/12/25/15608/


▼【新刊】『牧師・大頭の「焚き火」日記』大頭眞一
 https://www.kirishin.com/book/66115/

 人に出会い、話を聞き、聖書を語り、祝福を祈る、ただそれだけにとても奥が深い。日本が知らない聖職者の日常。

 篆刻の達人、旧車オタク、ロックアーティストとの出会い、 神学談義、地域の地鎮祭と牧師の祈り、結婚式で大ミス、 教会で般若心経を読む会、イタズラメールとの戦い、バイクと 事故と入院、ご近所さんとのカラオケ、特殊詐欺事件、イギリス 留学……。ゆるゆると流されているようで、何かに導かれるような、ひとりの男の物語。

 ▼大頭眞一 おおず・しんいち 1960 年神戸市生まれ。北海道大学経済学部卒業後、三菱重工に勤務。英国マンチェスターのナザレン・セオロジカル・カレッジ(BA、MA)と関西聖書神学校で学ぶ。日本イエス・キリスト教団香登教会伝道師・副牧師を経て、現在、京都市北区の京都信愛教会と、京都府八幡市の明野キリスト教会牧師。関西聖書神学校講師。主な著書:『聖書は物語る 一年12 回で聖書を読む本』(2013、2020)、『聖書はさらに物語る 一年12 回で聖書を読む本』(2015、2019)、焚き火を囲んで聴く神の物語・説教篇『アブラハムと神さまと星空と ― 創世記・上 ―』『天からのはしご ― 創世記・下 ―』『栄光への脱出 出エジプト記』『聖なる神の聖なる民 レビ記』『何度でも何度でも何度でも愛 民数記』『えらべ 、いのちを 申命記・上』(2019~)。


▼【新刊】『エコロジカル聖書解釈の手引き』
 関西学院大学キリスト教と文化研究センター 編
 https://www.kirishin.com/book/66112/

 神、自然、人が調和のうちに生きるために。聖書を深く読むと見えてくる、「極めて良かった」世界を回復するための聖書学!

 「地を治めよ」(創世記1:28)と神に造られた人間として、神と被造物の声を聖書から聞き、21世紀の環境問題を、聖書から考えるためのはじめの一歩。気鋭の学者たちによる論考を収録。

 【目次】
 ・エコロジカル聖書解釈の視点でよむ安息日 大宮有博
 ・「地球」の声を聞くエコロジカル聖書解釈の視点でよむ「バラムとロバ」 大宮有博
 ・人間とは何か エコロジカル聖書解釈の視点でよむ『ヨナ書』 大澤 香
 ・エコフェミニスト解釈の視点でよむヨハネ福音書のプロローグ 東よしみ
 ・エキュメニカル運動における環境正義と〈いのちの問題〉 藤原佐和子


▼YouTube「東方の3おじさん」公開中
 https://www.youtube.com/@tohono3ojisan

 丸善ジュンク堂書店での『どろどろの聖人伝』刊行記念トークイベント「“ゆるゆる”と“どろどろ”のキリスト教」を機に集った3人の「おじさん」が、カトリック、プロテスタント(リベラル/福音派)の垣根を超えて新たにトーク番組をスタート。その名も「東方の3おじさん」。

 ▼韓国は信者が多いのに日本はなぜ? ノンクリ編集者の疑問(3)
  第8回「日本でキリスト教が広まらない意外な理由」ダイジェスト版
  https://youtu.be/PKRaqnXijSU

 ▼浮世離れに気づいてますか? ノンクリ編集者の疑問(2)
  第7回「もっとキリスト教の話をしてほしい?」ダイジェスト版
  https://youtu.be/bZPgT2QXl6I

 ▼復活を信じるなんて無理ゲー!? ノンクリ編集者の疑問(1)
  第6回「クリスチャンはホントに復活を信じてる?」ダイジェスト版
  https://youtu.be/QsVVr5BXQdE


▼「賀川豊彦オンライン資料集」申込受付中
 https://kagawa-doc.net/

 キリスト新聞社は賀川豊彦記念松沢資料館の協力により、賀川豊彦が執筆した書籍、コラム、その他関連資料を網羅した「賀川豊彦オンライン資料集」を共同開発し、公開中。賀川が実践していた社会事業などに関する学術研究の進展へ貢献すること、また多くの方々に賀川豊彦の業績への理解を深めていただくことを目的としています。

 ▼初期公開時の掲載内容
  賀川豊彦の主な著作物(全150種類)全文書PDF、賀川豊彦がキリスト新聞に1946年~生前最期まで不定期の連載「不尽油壺」の全回分、その他キリスト新聞に執筆した原稿類。

 ▼利用方法と利用額
  ① 下記フォームからお申込みください。お振込み先情報など詳細をメールでお知らせします。
   https://kagawa-doc.net/#form
  ② 指定口座への振込を確認後、IDとパスワードを発行し、URLと共にお知らせします。
  ③ URLにアクセスし、ログインのうえ、10月3日からご利用いただけます。

 法人/団体(大学図書館、研究機関等) 年額50,000円(税別) ※同時アクセス制限:3
 個人                 年額10,000円(税別) ※同時アクセス制限:1


▼松谷編集長の出演情報・講演実績をまとめました。講演のご依頼は shinkichi1109@gmail.com まで。
 http://www.kirishin.com/2019/09/18/29392/

 ▼講演後の質疑応答まとめ
  https://youtube.com/playlist?list=PLIu-pTftRZuaz1CdKexSFfpd97RqF5ffm&si=CO0xCybbimMn99O_

 ▼いのちのことば社「ぶんでんチャンネル」による密着取材
  https://youtu.be/-mdSXe9XMSg

 ▼「ざっくり読み解くキリスト教」連続公開ゼミ
  https://youtube.com/playlist?list=PLIu-pTftRZuZJt3nHIFM1uryyhg3WRwaA&si=fZ6_E9kRilsh5ScN


▼その他のメディア掲載記事については以下↓
 共同通信「ときを結ぶ」 紙面刷新も精神は生きる https://bit.ly/38HEGrE
 弁護士ドットコム カルトではない「宗教2世」が抱える困難と思い https://www.bengo4.com/c_18/n_16456/
 withnews 宗教っているの?自分探し中の僧侶と、サブカルなキリスト教徒が激論 https://bit.ly/2UnoyHh
 BLOGOS 隠れオタクに届け…、元マンガ家志望の社長が語るアツい思い https://bit.ly/3E6fugw
 Youtube 「What Being a Christian Is Like In Japan」 https://youtu.be/PLvWDYb2ORI
 日刊サイゾー 「プリキュアにはかなわない」という現実を超えて https://bit.ly/3EbxJ4t
 編集長ブログ(Twitterまとめ) http://macchan1109.livedoor.blog/

■「論壇2.0」/編集後記

▼「論壇2.0」 中村吉基(日本基督教団代々木上原教会牧師)

未知のものへの嫌悪

ここから先は

1,887字 / 1ファイル

¥ 440

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?