なかしままさひろ@マーケター

スノーフレイク・コンサルティング代表。コピーライター、マーケター、コンサルタント。 Facebook https://www.facebook.com/masahiro.nakashima.16/ ↑お友達申請の際に「noteみました」と言ってもらえると、すごく喜びます。

なかしままさひろ@マーケター

スノーフレイク・コンサルティング代表。コピーライター、マーケター、コンサルタント。 Facebook https://www.facebook.com/masahiro.nakashima.16/ ↑お友達申請の際に「noteみました」と言ってもらえると、すごく喜びます。

    マガジン

    最近の記事

    【ランチが相場の3倍高く売れる理由】

    今日は息子の誕生日。 幼稚園をお休みして、 特別にレゴランドに来ています。 レゴランドには バースデー・スペシャル・パッケージ というのがあって、 追加料金を払うのですが、 特別なサービスを受けられます。 それ自体もまぁまぁなお値段なのですが、 それに付随してくるランチもお高めで、 僕の感覚で言えば、 「このランチ、相場の3倍はするよね…」 という感じです。 じゃあそれを頼まないのかというと、 結局は頼んでしまうし、 それを「ぼったくりだな!」と ずっと憤慨している

      • 【ブランドとはらしさであり、それは振る舞いの集積である】

        昨日のブランド論に関するセミナーは 非常に面白かった。 「ロジカルで計画的にな欧米型のブランド論と コミュニケーションと偶発性から生まれる 日本型のブランド論の違い」 みたいな話だったが、 質疑応答を経て 実際は近年は欧米の企業の方が 「日本型のブランド論」を用いていて、 日本企業はむしろ「欧米型のブランド論」に傾き、 その良さを失っているという話になった。 仕掛けたのは僕だけど(笑) 欧米のマーケティングやブランディングは 特定の市場セグメントを攻略するために ブラ

        • 第2回[Hack 4913 Visions For 2030]ver.2

          前回の開催レポートはこちら SDGsは、2030年までに解決すべき17の課題を僕たちに提示しました。SDGsという言葉や考え方が世の中に広まったことで、遠く離れた国の問題が自分ごとに感じられるようになったり、一見豊かに見える日本という国の中にも多くの課題が潜んでいることを知った人も多いでしょう。 世の中は今、過去にないほどに「社会課題を解決しよう」という気運に満ち溢れているように思います。ところで、社会課題を解決した先にどんな世界が待っているのか、明確にイメージできていま

          • 【価値観を可視化するには?】

            最近はクライアントが 採用関連の課題に突き当たることが多く、 僕も専門外なりに感度を上げて 良い採用を実現するにはどうすればいいか 色々考えることがあります。 多くの本に共通するのは、 「スキルではなく自社と価値観を 共有できる人を採用しましょう」 という話ですが、 お互いの価値観を把握するのが難しい。 価値観というのは一種の不文律で、 自分ではあまり自覚できません。 だから、 「あなたの価値観を教えてください」 と聞いたところで、 正確な回答が得られるかというと あま

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • マーケティング
            なかしままさひろ@マーケター
          • イベント
            なかしままさひろ@マーケター
          • コラム
            なかしままさひろ@マーケター
          • ひとこと
            なかしままさひろ@マーケター
          • ニュース&トピックス
            なかしままさひろ@マーケター
          • スワイプファイル
            なかしままさひろ@マーケター
            ¥100

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【目標伝達所要時間を決めなさい!】

            夢の中で僕が叫んだ謎の言葉です(笑) 夢の中で、知り合いと思われる人たちが、 街頭で演説みたいなことをしてました。 どうやら、 どこかの市長の再選をかけた選挙の前に 無実のスキャンダルが発生し、 その無実を伝えるために 駅前でメガホン持って何か叫んでました。 「ここに、真実を記した記録があります! これをみて貰えば分かる通り、 市長は無実なのです!」 って、手元に冊子を持って叫んでるんですけど、 何なのかはよく分からなくて、 その無実の訴えをダラダラと述べていて、 道

            【検証、検証、検証。】

            仕事柄よく聞かれることの一つに、 「このサービスってニーズあると思いますか?」 があります。 この質問が出るのは大抵、 世の中に類似のサービスがないか、 類似のサービスがヒットしてない場合。 ターゲットもあまり一般的ではなく、 見込みユーザーとの接点が少なく、 「このサービスは多くの人に求められる!」 と確信が持てない場合。 そんなサービスを始めて収益は立つのか、 不安になって最初のような質問が出ます。 じゃあ僕がそれに対して 適切な答えを持っているかと言えば、 そん

            【地味な仕事です】

            マーケティングというのは、 メディアを育てたり、 戦略をつくってチューニングしたり、 面倒なことがたくさんある。 マーケティングは魔法の杖ではなく、 地道な企業活動なのだけど、 いままであまりマーケティングに 力を入れてこなかった会社は、 「そんなにお金と時間を割いて、 いつ結果が出るの?」 という感覚になるかもしれない。 でも、営業マンだって、 雇ってすぐに結果を出すわけじゃないし、 自社のことやお客様のことを 学ぶための時間は必要でしょ? 同じことだと思うんだけどね。

            【開催レポート】第1回Hack 4913 Visions For 2030

            次回の開催予定はこちら 2030年までに持続可能な経済の成立を試みるムーンショット目標SDGs。その大胆な目標を実現するためのアイディアを、常識に縛られずに発想するブレスト型勉強会[Hack 4913 Visions For 2030]の第1回を、10月17日に開催しました。この記事は、第1回のレポートになります。 まず、Hack4の当日の進行はこちら。 参加者の自己紹介(10分)今回はスペシャルゲストを合わせて10名が参加しました。メンバーは企業経営者からクリエイター

            第2回[Hack 4913 Visions For 2030]

            前回の開催レポートはこちら SDGsは、いわずもがな、私たちがこの地球で持続的に生きていくために達成すべき「2030年」までの目標です。それが達成されると・・・ という世界が実現するのですが、残りたった7、8年で、そんなことが本当にできると思いますか? 現実的に考えれば、さすがに10年弱でこれを達成するの難しいと思うのですが、この「現実的に考えれば」というブレーキを外してみたらどうでしょうか? アポロ計画はご存じですか?1961年にアメリカのケネディ大統領が発表した宇

            第1回[Hack 4913 Visions For 2030]

            ★参加申し込みはこちらから★ SDGsは、いわずもがな、私たちがこの地球で持続的に生きていくために達成すべき「2030年」までの目標です。それが達成されると・・・ という世界が実現するのですが、残りたった7、8年で、そんなことが本当にできると思いますか? 現実的に考えれば、さすがに10年弱でこれを達成するの難しいと思うのですが、この「現実的に考えれば」というブレーキを外してみたらどうでしょうか? アポロ計画はご存じですか?1961年にアメリカのケネディ大統領が発表した

            【本物であることの価値】

            お札、すなわち日本銀行券には、ちゃんと通番が記載されています。そのお札が、日本銀行が発行したものかどうか、確認ができるように。 そして、すかしやらホラグラムやらさまざまな形で偽造防止が施されています。なぜかといえば、偽造が簡単にできたら券としての信用が損なわれるから。 「この券は、確かに日本銀行が発行していて、1000円、1万円として使える」という保証が必要なわけです。 同じように、偽造されたら困るものは世の中にたくさん存在しています。株券とか、会員券とか、卒業証書とか

            【12名限定】NFTを知ってる人⇒NFTを持ってる人になれる勉強会

            ======================= 「知ってる”だけ”」を抜け出せ! そろそろNFTを実際にさわってみませんか? ======================= 【参加申し込みはこちら】 最近NFTという言葉をいろいろなところで 目にしている方も多いと思います。 「NFTゲームは遊ぶだけで儲かる」とか 「NFTアートが何十億で売れた」と聞くと、 「よくわからないけどなんかスゴイ」 「よくわからないけどなんか怪しい」 と思っていませんか? しかし、NFTは

            【マーケティングなんて言葉がなければ】

            マーケティングという言葉の解釈や その領域の定義には様々ありますが、 僕自身としては、 マーケティングの本質は 「誰かの幸せを真剣に考えること」 だと思っています。 その商品は、 どんな人の手に渡ると役に立つのか。 その広告は、 どんな人の目に止まると役に立つのか。 その精度をあげるためにフレームワークがあり、 その実効性を高めるために色々な手法がある。 と、思っているのですが、 マーケティングに関わる人たちはついつい、 「マーケティングらしいことをする」 こ

            【あなたが田舎で喫茶店をやるとして】

            そのお店が、あなたの経営努力ではなく、 完全なる「外部要因」によって 繁盛するとしたら、 どんな条件があればいいと思いますか? PEST分析というマーケティングの分析手法は、 Politics=政治、 Economy=経済 Society=社会 Technology=技術 という4つの大きな外部要因が ビジネスに与える影響を分析することのですが、 それを逆手にとって、 「何の努力もしなくても儲かるには、 どんな外部要因が揃えばいいのか?」 を考えてみませんか? たとえ

            【成功の第一歩は「成功を定義すること」】

            「どうすればいいと思いますか?」 と聞かれることが多い仕事をしていますが、 「どうすればいいか?」は、 「どうなりたいか?」からしか導き出せないので、 まずは「どうなりたいか?」の解像度を 上げるためのヒアリングをしていきます。 そうすると大体、 「多くの人に知ってもらいたい」とか 「安定した売上が欲しい」といわれますが、 「じゃあそれってどれくらいですか?」 というところは曖昧です。 これは「目標設定あるある」なのですが、 目標の立て方で有名なのが、 「SMART目標」

            【新しいツールが可能性を広げる】

            コロナ禍になって、最初に差がついたのが、 オンラインミーティングへの対応。 それ以前からzoomなどを使っていた人たちは、 コロナ禍による行動制限の影響を 比較的受けずにすみました。 新しいSNSを早く始めると 先行者利益を得られるし、 新しいツールを早く使い始めるのは 作業効率を上げるチャンスにもなります。 僕が最近使い倒しているのは、 「Miro」というオンラインホワイトボード。 基本的にマインドマップを使うのですが、 ブレスト、課題整理、業務指示など、 さまざま