新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【なるには記事】『からだ・運動器の痛み専門医療者』への道しるべ

えばらです。

このnoteを読んでいただいている医療従事者だったら、慢性的な痛みについてどんな勉強をしたらよいかと探している方も多いと思います。

系統的にまとまったプロセスがあれば、学びって一気に進むんですよね。

以前から慢性疼痛をまんべんなく学び、臨床でまんべんなく症例を経験してきた私は、まんべんなく慢性疼痛を経験してきた理学療法士だと思っています。慢性疼痛の学会発表や論文執筆や資格を取得する中で勉強を蓄積していったところが大きいのです。

そのような学びに役立つnoteを書こうと思ったときに、昨年『からだ・運動器の痛み専門医療者』の試験を受けたことを思い出しました。

非常にバリエーション豊かで、痛みについてまんべんなく出題されていて歯ごたえがありました。その一方で、資格取得まではいくつかのハードルがあり、とっつきにくいのが特徴です。

本日はその資格取得までの長い(?)道のりと、資格取得後の変化について書きます。

余談ですが…

以前に私が痛みの運動療法として勉強し、主に臨床で選択しているDNSアプローチの記事を書きました。

この記事、予想以上に好評価をいただき驚いています。情報を探している人にとって、単にワードをぐぐるググるだけではたどり着かない部分を意識しました。

つまり経験した人が持つ、多面的な情報の集合体を意識した結果、まとまったプロセスをご紹介できたようです。

書籍、講習会、動画サイトなど情報のソースがひとまとまりに整理してあると、今後の情報検索の羅針盤にもなるので、ネットでの舵取りがしやすいです。DNSを調べたい人にとっての、『もや』を解消するお手伝いができたかなと思います。

先日成書『FACTFULLNESS』を読み終えました(正確にはオーディブル)。本の中では終始、

世の中は常にいい方へ変わり続けている

ということを強調していました。情報の取り方も本当に変化しています。知っている人が、どんどん提供できるのもSNS時代の利点ですので、学んだことは書いていきたいと思っています。

痛みに携わる医療者必携の資格

さて、本題に戻ります。

『からだ・運動器の痛み専門医療者』とは?

認定NPOいたみ医学研究情報センター(現・日本いたみ財団)が認定する資格です。認定NPO法人が認定する資格ってややこしいですね。

本制度は、慢性痛医療における集学的治療の推進のため、新しい知見を含めた慢性の痛みの知識と技術を修得した、痛みの治療を適正に行える医療スタッフを養成することにより、日本における疼痛診療の向上を図ることを目的とします。                       HPより引用

<公式HP>

この資格を取得できる対象者は、主に病院で勤務する医療者で、具体的には、医師、歯科医師、看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、管理栄養師、またはそれに準ずるものとされています。

資格取得の試験を受けるための受験資格は、 以下を満たすことです。


①日本運動器疼痛学会、日本ペインリハビリテーション学会、日本口腔顔面痛学会において「からだ・運動器の痛み専門医療者認定試験」受験資格を満たしているもの、またはNPO法人いたみ医学研究情報センター正会員

②慢性の痛みワークショップ(医療者研修会)受講にて4単位以上を取得しているもの

受験資格がとてもややこしいのです。まず、

学会に入らないといけない。

ここが一つのメンタルブロックになりやすいです。理学療法士が受験すると仮定し、私が辿った学会参加~ワークショップ受講~受験~合格までの整理していきます。

4通りの資格取得方法がある

からだ運動器の痛み専門医療者になるには、前述のとおり何らかの団体に所属する必要があります。

医療系の学術団体に入会する。

・日本運動器疼痛学会
・日本ペインリハビリテーション学会
・日本口腔顔面痛学会

その他に、

・認定NPO法人いたみ医学研究情報センターに入会し正会員になる

方法もあります。慢性疼痛に直接かかわらない職種の方でしたら、こちらでもよいと思います。

結構慢性疼痛の患者さんと関わることも多く、まだいずれの学会にも登録していない方でリハビリ職でしたら、

・日本運動器疼痛学会
・日本ペインリハビリテーション学会

への登録をお勧めします。

資格取得だけではなく、学会への参加や臨床に役立つ情報が得られることで、一石二鳥です。

『からだ・運動器の痛み専門医療者』受験資格取得まで~前提~

学会に登録し無事正会員になった方、おめでとうございます!受験資格取得までには以下の手順を踏んでいきます。

1.当学会の正会員になって3年以上(申請書提出時)が経過していること。
2.正会員として当学会の教育研修講演に3回以上参加していること。
3.正会員として当学会で1回以上の発表(共同演者可)をしていること。

『げっ!3年?』

そう思った方は正直者です。試験を受けるまで3年待たねばなりません。そしてその間に学会に参加して教育講演を受けないといけません。そして、さらに高いハードルが。共同演者でもいいので演題の発表を1回は行いましょう。

ローマは一日にしてならず!、考えるより感じろ!

なのです。

私は設立当初より日本運動器疼痛学会の正会員でしたので、運動器疼痛学会を例にしていきます。

ちなみに学会の教育講演に参加すると

画像5

このような証明書をもらえます。学会の教育講演に参加するとポイントになることはそれなりにありますが、このような賞状で頂けるのは初めての経験でした。

このような細かいところからすごくちゃんとしている資格なのです!!

そうそう、大事なことを言い忘れました。学会参加した時にもらえるネームカードについている領収書や学会参加証は必ず取っておきましょう

私の場合、資格制度ができる前の学会参加分の認定が受験資格取得のカギになったのですが、参加証をとっておいたことがとても役に立ちました。

学会の正会員になって、3年が経過しその間の学会の教育講演に参加。1回以上学会発表をした方は、また次のステップに進みます!

資格取得までのフロー・ワークショップの参加

学会の活動と並行して、

NPO法人主催の『慢性の痛みワークショップ(医療者研修会)』を受講しておきましょう。4単位というのは1日参加のワークショップということです(新型コロナ以前の話なので、詳しくはお問い合わせください)。

NPO主催のワークショップはそんなに頻繁に開催されていないので、なかなか大変です。

しかし、私の場合厚生労働省の慢性疼痛診療体制構築モデル事業というものに参加し、それがワークショップの4単位に振り替えることができました。

画像が、厚生労働省の事業の受講終了証です。

画像2

この事業自体は厚生労働省が予算を組んで行っているので、参加は無料でした。それをNPOのワークショップに読みかえてもらうという作業を事務局に連絡してやってもらうことが必要です。これに経費が掛かりますのでご注意ください。

画像1読み替えてもらった証明書が↑こちらです。

ここまでやって晴れて、『からだ・運動器の痛み専門医療者』の認定試験の受験資格を得ることができます。ここまでも大変でしたね!!お疲れさまでした。必要書類を送り証明されたのちに、受験申請書を事務局に送付します。

資格取得までのフロー・認定試験受験

試験問題は非常にバリエーション豊かで勉強しないと解けないものだと思います。痛みのメカニズム、脳機能、侵害受容性疼痛、神経障害性疼痛、非器質的疼痛、ICD-11の慢性疼痛7分類の各論、薬物療法、などなど。

理学療法士でしたら運動器疼痛に勉強も臨床も偏りやすいですが、それだけでは得点を狙いにくいくらいに半ば広い分野から出題されます。

参考図書として

と、

が、提示されています。

臨床にも役立つ慢性疼痛の基礎が詰まった本ですので、購入しておくとよいと思います。私は、『痛みの教育コアカリキュラム』の方を試験対策として熟読しました。

資格取得までのフロー・合格・認定申請

そして、試験に合格すると晴れてからだ・運動器の痛み専門医療者になれます。

受験には手数料は医師が7,000円、医師以外が4,000円。

受験料として 10,000円、合格後には認定申請料として別途10,000円が必要です!!!結構かかりますね!

画像は私の合格証明書です。

画像4

苦労して取得した資格なので、自慢するように職場の壁に掲示してあります。

この資格を持つ意義…は今後に期待

さて、からだ・運動器の痛み専門医療者になった私は、取得前と何か変わったでしょうか。

今んとこ、何も直接的な恩恵は受けていません。うわさによると、有資格者はあんなことやこんなことができるようになるかもしれない、と言われていますが、今後に期待です。

取得の間に系統的に痛みについて学べることが、皆さんのフィールドで役立つであろうことを期待しています。

希望をすれば、日本いたみ財団・認定NPOいたみ医学研究情報センターのホームページに所属先(HPリンクも希望すれば可能)と名前を掲示してくれます

まとめ

からだ運動器の痛み専門医療者の取得方法について書きました。利点については今後に期待しましょう。取得の過程で痛みの勉強が進むのは間違いありません。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
えばら | 痛みとリハビリの目利き屋さん

サポートはこちらで受け付けております。 頂戴した分はNPO法人の運営に役立てます!

よっしゃ!
いたいの痛いのとんでけー!とならない「慢性的な痛み」に対しての情報発信!この道に生きると決意! 病院勤務しつつ啓発のためのNPO法人を運営をしています。 大卒後専門学校で学び、理学療法士という国家資格を持っています。 個人Twitter:@lopeslopeslopes