logequal

web・UI / UXデザイナー スパイスカレーとサスペンス映画が好き。 https://logequal.com/

logequal

web・UI / UXデザイナー スパイスカレーとサスペンス映画が好き。 https://logequal.com/

    最近の記事

    あなたの生き方は誰にも否定されない。「あの子は貴族」を観て

    親の敷いたレールに乗って生きることも、自分で道を切り開いていくことも、それぞれの人生。 東京で生きることと、階級が1つのキーワードになった作品です。 — あらすじ 東京という街で生きる女の子2人の話。 東京生まれ東京育ちの箱入り娘華子と、田舎から上京をしてきた美紀が出会い、二人が交わっていくお話です。 — それぞれの視点で描かれていますが、どちらにも共感できる部分がありました。 華子は親の言いつけを守り、実家で暮らしながら婚活を始める。いい人と出会ったものの、

    スキ
    2
      • 「ヤクザと家族 The Family」はヤクザのリアルと、家族がいることの幸せを思う

        2週連続で映画を観まして。2つ目が「ヤクザと家族」です。 綾野剛さん、そして『新聞記者』も好きな私としては、絶対外せない作品でした。 ネタバレを含みますので、まだ観ていない方はご注意ください。 -- あらすじ ヤクザとして生きることを選んだ男の3つの時代に渡る物語です。 荒れた少年期を過ごし、偶然出会った親分と父子の契りを結ぶ。その後ヤクザとしてのし上がるも、先輩である若頭の罪を被り服役することに。 服役後、外の世界は一変しており、暴対法の影響でヤクザの存在が危

        スキ
        2
        • 「花束みたいな恋をした」は、かつてサブカルが好きだった人にこそ見てほしい作品

          先週の土曜日、封切り日の翌日に「花束みたいな恋をした」を見てきました。 予備知識のないまま鑑賞しましたが、間違いなく今年一番の作品になるだろう作品です。 ※注意:少しネタバレを含みますので、まだ見ていない方はお気をつけください。 --- 音楽や映画、小説、漫画など、趣味がとくかく合う二人が出会い、付き合ってからの5年間を描いています。 まず、この映画を見て驚くことは、固有名詞の多さ。過剰なまでの固有名詞の羅列が続きますが、その多くがサブカルワード。 知っている人が

          スキ
          3
          • スポーツが苦手な私がトレーニングを続けられる理由

            去年の年末ごろからランニングを始めました。ランニングを始めた理由は、ダイエット及び、筋トレの成果を上げるためです。 初めは3kmですら走ることでがきず、ほとんど歩いていました。 しかし回数を重ねるごとに少しずつ走ることができ、今では5km走っています。 — ここで私の運動におけるスペックを少し。 私は学生時代から帰宅部か文化部しか属したことがなく、体育の成績も2や3で、運動神経はすこぶる悪い人間でした。 学生生活が終わり、社会人になるとスポーツに触れる機会は皆無と

            スキ
            1
            • 「ヤクザと家族 The Family」はヤクザのリアルと、家族がいることの幸せを思う

              スキ
              2
              1年前
              • 「花束みたいな恋をした」は、かつてサブカルが好きだった人にこそ見てほしい作品

                スキ
                3
                1年前
                • スポーツが苦手な私がトレーニングを続けられる理由

                  スキ
                  1
                  1年前
                  • はじめまして。logequalです。

                    はじめまして。logequalと書いてろぐいこーると読みます。本名は加藤 真衣です。 webデザイナーとして勤務する傍ら、音楽活動をやっています。筋トレやダイエットに興味があり、週末にランニングも始めました。 映画は特に邦画が好きで、サスペンスやホラーが好きです。最近ようやく洋画やアジア系の映画も見れるようになりました。 音楽に関しては、UKロックが好きです。大学卒業後、すっかり聴かなくなっていましたが、近頃のZ世代の大活躍により再熱しました。 — その他、食べ物で

                    スキ
                    14