技術書典5 まとめ #技術書典

68
#技術書典 5で1500冊持ち込んだ #AWSをはじめよう が売れ残って嬉しかった話と「転職活動はじめます」という話

#技術書典 5で1500冊持ち込んだ #AWSをはじめよう が売れ残って嬉しかった話と「転職活動はじめます」という話

10月8日(月)、3連休の最終日に開催された技術書典5でDNS本こと「DNSをはじめよう」と、AWS本こと「AWSをはじめよう」を頒布してきました!(どちらも初心者向けのインフラの本です) 当日の様子を時系列で振り返りたいと思います。なっがいのですが最後に私自身の「転職活動をはじめまーす」という話もあるので読んでいただけたら嬉しいですー。 ※本文中にツイートの埋め込みをしているのですが、一部のスマホ環境だと省略されてシンプルな表示になってしまうようです。その場合はPCで見

62
次回の出典でやるべきこと備忘録 #技術書典5

次回の出典でやるべきこと備忘録 #技術書典5

今回のサークル参加、結果的にはうまくいったものの、いろいろ反省点があったので、次回にこれやりたいと思ったことを忘れないうちにメモしておきます。 1. 当日、開場と同時に電子版を BOOTH でも販売開始する こちらの記事を読ませていただいて、そうすべきと思いました。@shu223 さんは前日から販売されていたようでしたが。前日と言わず、当日の早い段階でネット販売を開始するべき理由はふたつ。  ・販売機会の損失を防ぐ  ・早く参戦することで、特集ページのファーストビューに

16
【技術書典5】入稿後〜当日までの準備でやったことまとめ

【技術書典5】入稿後〜当日までの準備でやったことまとめ

【入稿後〜】 見本誌の事前提出 技術書典のマイページ > 管理中のサークル > 頒布情報 > 頒布物のコンテンツをアップロードするボタンから見本誌の提出ができます。 当日に頒布する本と同じ内容のPDFデータを3日前くらいまでに送信しておかないと、当日の一般入場開始後にすぐ頒布開始できないぞ! 電子決済の準備 次の2つを用意しておけば問題なさそうです。 ・技術書典かんたん後払い ・Pixiv Pay あまり多くの決裁パターンを用意してしまうと、当日のオペレーションが

5
技術書典5でFirebase本を再販しました

技術書典5でFirebase本を再販しました

2018年10月8日に開催された技術書典5で、「iOSアプリ開発者のためのFirebase入門」を頒布しました。 この本は技術書典4で頒布したもののアップデート版になります。 攻めの250部印刷 前回150部刷って、早々に完売したことと、会場キャパが3倍に拡張したことを受けて、今回は印刷部数を悩みました。 会場が大きくなろうが、既刊には違いない。何か付加価値をつけなければとアップデートをしました。すでにアップデートは2回行っていて、Google I/Oのアップデートは

10
初心者向けの環境構築本 #AWSをはじめよう のダウンロード版を販売します #技術書典

初心者向けの環境構築本 #AWSをはじめよう のダウンロード版を販売します #技術書典

なにこれ? 2018年10月8日(月・祝)に開催された技術書典5に 1500冊持ち込んだAWS本の電子書籍(PDFダウンロード)版です。 ※BOOTHで販売しているものとまったく同じ内容です 「AWSをはじめよう」はこんな本です ・累計2,200冊売れた「DNSをはじめよう」の続編 ・超初心者でもエンジニア以外の人でもわかるやさしい説明 ・「自分のドメイン」のウェブサイトを作って公開できる ・実際に手を動かして環境構築ができる ・読むと「黒い画面」が怖くなくなる ・

22
1,500
技術同人誌の執筆を加速させる7つの技術

技術同人誌の執筆を加速させる7つの技術

概要 2018/10/08(月)の技術書典5で「比較して学ぶRxSwift4入門」という技術同人誌を頒布してきました。 この記事は、今回技術同人誌を執筆してみて、次に書くならこの点を意識しよう・・・!と思ったことがいくつかあったので「応募〜入稿まで」にフォーカスしてまとめてみました。 対象読者 ・次回のイベントでサークルとして参加しようと思っている方 ・これから執筆しようと考えている方 1.最初にターゲットを固める ターゲット、対象読者を最初にガッチリと固めること

4
委託を軽く考えてたら、技術書典5で見事に爆死した

委託を軽く考えてたら、技術書典5で見事に爆死した

#技術書典5 、お疲れ様でした。 10月8日に池袋サンシャインシティで行われた技術書典5へ、新刊「ファイル処理スクリプトをJavaScript/TypeScriptでTDD する~Sinon.jsでAPIのスタブ作成~」を持って参加してきました。なお、今回は売り子&委託にて参加。 頒布方としての結果は→盛大に爆死しました。 50部持ち込んで、頒布数が7部。これを「爆死」と呼ばずして何と呼ぶ? 今回得た知見は→ 「委託頒布は、サークル参加での頒布とは大分勝手が違う。ゼロベー

7
技術書典5で初めての同人誌を頒布しました。

技術書典5で初めての同人誌を頒布しました。

のっぺです。 技術書典5、終わりましたね!お疲れ様でした!久しぶりに一日中立ちっぱなしで帰ってからは疲れて800時間くらい寝ました。 今回は、本を出す側として参加しました。こういうイベントで参加側というのは実は初めてではありません。コミケで何度かゲームを出したりデザフェスで頒布の手伝いをしたりしたことがあったので、何となく勝手は分かっていました。それに、前回の技術書典4でブースを回って買い物していたのでどんな空気感なのかも何となく分かっていました。 ただ、初めてなのは本

10
技術書典5で初めてサークル参加して「さわって学べる!iOSテスト駆動開発」という本を頒布しました!

技術書典5で初めてサークル参加して「さわって学べる!iOSテスト駆動開発」という本を頒布しました!

こんばんは。shindyuです。 10月8日に池袋サンシャインシティで行われた技術書典5にて、初めてサークル参加して「さわって学べる!iOSテスト駆動開発」という本を出しました。 https://shindyu.booth.pm/items/1040471 おかげさまで製本した100部は無事完売いたしました!ブースにお越しいただいた皆さま、ありがとうございました! 今回の本を書くに至った経緯や、当日までのスケジュール、大変だったことなどを振り返りながらつらつら書いていこ

9
技術書典5でプレゼンの練習についての薄い本を頒布しました

技術書典5でプレゼンの練習についての薄い本を頒布しました

10月8日(月)に池袋サンシャインシティで開催された技術書典5にサークル参加し,「徹底練習!アカデミックプレゼン」を頒布しました. 結果 持ち込み部数 徹底練習!アカデミックプレゼン 120部 古典的CUDAプログラミング 26部 空力音の直接数値計算を支える技術 10部 Fortranによる実践オブジェクト指向プログラミング 50部 改訂版 流体計算で覚えるPython3 100枚(ダウンロードカード) 頒布実績 徹底練習!アカデミックプレゼン 80部 古典的CUDA

3