見出し画像

やさしいオランダに住む人たち

こんにちは。

オランダに住む人たちはとってもkindだなあとつくづく思います。
8月に来てから、いやな気持ちにさせられたり、イライラさせられたことはほとんどありません。

さて、今日はそれを示す象徴的なことがありました。
いい天気だったので市内の公園を散歩したのち、街の中心でちょっとお買い物をしようと思っていたところ、お店に入る手前でハッとしました。iPhoneがない。この時点で、公園を去ってから約10分が経過。

「海外だし、もうとっくに無いだろうな…」と思いながらも、自転車をかっ飛ばし一縷の望みをかけて公園に戻りました。

小走りで公園に入り、唯一の心あたりのベンチへ。すると、こんな光景が広がっていました。

画像1

ベンチの上のiPhone!そしてそれをちょっと遠くから見守る人々!!

公園をお散歩しているグループの人たちが、ほっておくと取られるであろうiPhoneちゃんを絶妙なソーシャルディスタンスのもとで見張ってくれていたのです。

「iPhone?!」と言いながらベンチに駆け寄ると、「あー、君のだったの、ラッキーだったね~」とにこにこして去っていきました。
何分間そこに居てくれたのかはわかりませんが、ベンチを離れてから15分ほど経っていたのにまだそこにあったのは、彼らのおかげだと思います。

は~ありがてぇ~、オランダの人はエクストラ優しい~~。

そして、わたしはもっと気を付けて生きないといけないなと反省しました。色々あるけど、周りの人のやさしさで生きながらえています。
ちなみに、第一ピリオドも無事パスすることができました。南無!!

ではまた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。お金を使ったり体を張ったりする取材の費用に使わせてもらいます☺

わーい!
9
2020年9月よりオランダ・ユトレヒト大学に留学中。MScのSustainable Developmentを学んでいます。 環境もんだいって呼ばれてるものを、等身大で考えて、行動してみる。

こちらでもピックアップされています

ユトレヒト便り
ユトレヒト便り
  • 7本

ユトレヒトで出合ったもの・こと・人について書いていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。