見出し画像

AWSのサポートをビジネスプランで2ヶ月間利用してみました

lightkun

AWSのサポートググると「サポートプランを調べてみた」的な記事が多かったんですが,実際利用してみた系の記事がほぼ皆無だったのでnoteに書きました.


なぜ,利用しようと思ったか

7月初めごろにクラウドプラクティショナー (CLF)に合格して,ソリューションアーキテクトアソシエイト(SAA)の勉強を始めました.しかし,イマイチよくわからないところがあったりして,「このままSAAに合格したところで,結局実務で何もできないのでは?」と思い始めていました.そういうモヤモヤしているところをなんとかしたいと考えてサポートプランを使ってみることにしました.

開発者プランは29USD/月でビジネスプランは100USD/月でどっちにするか悩みんましたが,色々質問したかったのとレスは早くほしかった(開発者プランは営業時間内のサポート)のでビジネスプランにしました.

最初は100USD/月というのは結構高く感じたのですが,自分を塾に通わせていると思えば,寧ろ安い方ではないでしょうか.


回答は公式ドキュメントベースで参考になる

やはりサポートは手厚いです.「こういう感じの構築をしたいんですが,どうでしょうか?」といったかなりフワフワした相談などもでき,なぜそれを利用した方がいいのかなどもしっかりと説明してくれます.AWS公式ドキュメントを載せてくれて,そこを引用またはベースに説明してくれる回答が多かったので参考になり,助かりました.


回答の仕方が参考になる

電話などでもサポートは受けられるみたいなのですが,僕はWeb(メールみたいな形式)で文字でのみ利用しました.

認識齟齬を生じないように丁寧な回答をしてくれるので,仕事で返事をするときとかにも参考になりそうでした.リモートワークになって,対面で話す機会が減ってきているので,しっかりと文字だけで相手に伝わる書き方は必要になってくるかと思います.


サードパーティもサポートしてくれる

Apacheの設定で質問をしたときに知ったのですが,サードパーティソフトウェアもベストエフォートでお手伝いしてくれるようです.

ベストエフォートなので解決を必ず約束されている訳ではないですが,わからないところを相談できるのは非常に有り難いです.有名どころのOS,webサーバー ,データベース辺りは誰しも使うことになるので,相談に乗ってもらえるかもしれません.


自分の理解が正しいか確認できる

本来の使い方とはちょっと異なっているかもしれないですが,僕は自分が理解したことをサポートに説明して合っているか確認してもらっていました.

理解したことが合っているか合っていないかは,SAAの問題集を解くくらいでしか出来ないと思うので,微妙だなーと思うところは聞くようにしていました.


というようにサポートをフル活用しているのですが,まだSAAには合格出来ていない(模擬試験受けたら惨敗)だったので,もうしばらくは利用する予定です.(合格後も利用するかもしれないけど)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
lightkun
サーバーサイドエンジニア。の日常兼メモ帳 https://note.com/lightkun_travel travel用