見出し画像

【5分で学べる組織論】組織が進化するための3つのステップ

VUCAな時代において、組織は変革を強いられる。つねに、組織は変化し進化しつづけなければならない。

この記事では、組織が進化するための3つのステップを紹介する。

結論はこうだ。

ステップ1 自社の存在意義を再定義する
ステップ2 戦略的ポジショニングを再考する
ステップ3 実現策を検討する

進化のためにもっとも重要な最初の2ステップを解説していこう。

ステップ1 自社の存在意義を再定義する

かつての組織のミッション、つまり存在意義が今でも意義があるかどうかはわからない。それは、理念を数年単位で見直す必要があることを意味する。

ミッション、理念、存在意義が不変であるかのようなイメージがあるかもしれないがそんなことはない。ぼくが在籍している組織では理念はつねに改善チャンスが社員に与えられているし、変化を遂げている。

ステップ2 戦略的ポジショニングを再考する

組織が存在している意義が変われば、同時にマーケットにおけるポジショニングを変える必要性がでてくることが多い。

ぼくが携わっている教育コンサルティング事業、教育研修事業のポジショニングもだいぶ変わった。

今では講義は動画化されてしまい、何度も講義をする必要はなくなり、それよりもインストラクショナル・デザインや教育効果の最大化のためのコンサルティングが求められるようになった。

最後に。組織が進化するためにはつねに自らの存在意義について自問自答しなければならない。そして、それはトップ自らが主導すべきものである。

ぼくが所属する組織では前述のとおり、トップに直接提案できる仕組みがあり、いつでも存在意義について疑問を投げかけることができる。そして、トップは必ずその疑問に応えてくれる。

あなたの組織でもトップに忌憚なく意見できる仕組みの構築をお勧めしたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
勝又康仁 人事と組織開発 HR&OD

サポートいただいたお金は、“誰もがが自己実現できる社会をつくる”ために使わせていただきます。

僕もスキです♥
“だれもが自己実現できる社会をつくる”がぼくのミッション。エン・ジャパンで評価・教育サービス責任者。専門は、組織、人材開発。ここでの発言は個人の見解であり所属組織とは関係ありません。 公式noteはこちら。→https://note.com/growthevaluation