マガジンのカバー画像

Leanerメンバーへインタビュー🎤

7
運営しているクリエイター

記事一覧

人生最後の日に、今の仕事をやりたいか コンサルからスタートアップへの挑戦

株式会社Leaner TechnologiesでCOOをしている田中英地さん。 新卒でA.T.カーニーに入り、マネジャーのポジションを経験しながら、Leanerに参画して1年半。コンサルティングファームからスタートアップにキャリアチェンジした理由や、彼の熱い思いについてインタビューを行いました。 ・コンサルティングファームで次のキャリアに悩んでいる人 ・スタートアップで働くのって実際どうなの?と思っている人 の参考になると思いますので、ぜひ最後までお読みください! まず

スキ
25

キャリアに縛られない。調達領域のDXに挑むエンジニアの仕事観

Leanerでエンジニアをしている黒曜さん。 黒曜さんは2021年5月にエンジニアとして入社され、アプリケーションのコンテナ化やテックブログの立ち上げなど、既にチームに大きく貢献してくれています。 なぜ新しいチャレンジとしてLeanerを選んだのか、今後のキャリアをどう考えているのか、事業や技術をどう見て仕事しているのか、今の気持ちをインタビューしました。 黒曜さんのインタビューを通して、少しでもLeanerの開発チームに興味をもっていただければ嬉しいです! 自己紹介

スキ
15

リクルートを卒業し、事業と組織をゼロから創る

Leanerのアカウントエグゼクティブ&CSをしている織茂尚之さん。 リクルートを退職し、Leanerに正式ジョインして約半年、業務委託として関わり始めてから1年が経過した織茂さんに、改めて両社での働き方の違いや、彼の熱い思いについて迫りました! 今大企業にいてキャリアに悩んでいる人や、スタートアップで働くのって実際どうなの?と思っている人に参考になると思いますので、ぜひ最後までお読みください! 自己紹介まずは、自己紹介をお願いします! Leanerでフィールドセール

スキ
40

“課題が山積み、だからなんでもできる”。エンジニアとして、立ち上げ期のスタートアップに飛び込む魅力とは

代表・大平の叫びのnote(【エンジニアの方へ】“プロダクトで世のスタンダードを変える”ために、力を貸してください。)が公開されてから、はや1週間。 「エンジニア組織は事業の心臓部」と語る大平ですが、実際の現場はどのような状況なのでしょうか。 Leanerエンジニアの生の声をお伝えすべく、話を聞くのは開発現場を支える小松元郎。 まだLeanerがリリースされたばかりの頃、初めてプロダクトデモを見た小松は「これは酷いな」と感じたそう。 それでもLeanerへの入社を決め、

スキ
17

その技術を、何に使うか。僕なら、日本企業を強くするために使う——EXIT経験を持つエンジニア、安齋研一郎の再挑戦

「最も成功する創業者は通常いい人間だが、目には海賊のような光をたたえている」——シードアクセラレーター・Y Combinatorの創業者であるポール・グレアムの言葉だ。 LeanerのTech Leadである安齋研一郎にとって、代表の大平は「最も成功する創業者」に映ったようだ。 安齋はペット領域のスタートアップ・Vapesの取締役として、ベネッセホールディングスへのグループインをリードした経験を持つ。Vapesを退職後、次の挑戦のパートナーに選んだのが大平である。 安齋

スキ
45

社会人5年目、夢と実利を求めてスタートアップへ。妻子あり住宅ローンあり、人材系大手からの転職物語

大企業は安定していて、スタートアップは不安定。スタートアップはやりがいにあふれていて、大企業にはやりがいがない。——キャリア選択の話になると、必ずと言っていいほど二項対立論になる。 しかし、彼の場合はどうだろう。東北大学を卒業後、リクルートに入社。入社1年目に結婚し、翌年には戸建て住宅を購入。そして昨年、待望の第一子が誕生した小野亨也だ。 大企業からスタートアップへの転職は、「やりがいや夢の実現のために、安定を犠牲にする物語」として語られる。しかし小野は、「やりがいや夢の

スキ
19

“グッとくる瞬間”を摑む準備は、できているか。戦略コンサルのマネージャーを辞し、スタートアップの一員になる覚悟

まだ、社会に出る前のこと。当時、純粋な想いで描いた「なりたい職業」に今就いている人は、どれだけいるだろうか。また、「そのチャンスは二度とやってこない」と考えている人も、少なくないのではないか。 Leaner Technologies COOの田中英地は、学生時代に掲げた「日本再興の一助になる」という夢を実現するために、戦略コンサルティングファームのマネジャーというエリート街道を辞し、3人目の社員としてスタートアップへ飛び込んだ。 田中は「人生の中で、リスクを冒してでも飛び

スキ
28