見出し画像

子育て中のApple Watch Series の保護。「フルカバーケース」がベターかもしれない

Series 7からApple Watchデビューした私。傷がつくとガッカリするので、色々なケースやフィルムを試してみました。

私の結論は「子育て中はエレコムのフルカバーケース」がベターかと思います。

この記事では、今回は私が試した各種カバーやフィルムのレビューをお届けします。


個人的にApple Watchは非常に満足

子育て中の私には必須アイテムに

Apple Watchは、街中でもユーザーが増えてきた印象があります。

子育て中の私としては、特に以下の機能が気に入っており、Apple Watchは生活に欠かせないものになっています。

  • 「ぴよログ」の記録がサクッとできる

  • iPhoneの通知を受け取れる (家事や作業に集中できる)

  • 個人的に待望「心電図」(少し心臓に不安があるので)

  • 抱っこしながらお会計「Apple Pay」

心電図機能が不要、若い方であれば「Apple Watch SE」でも十分かと思います。

が、私のような「健康が気になるお年頃」の方には、「Series 〇〇」がやはりオススメですね。

バンドは脱着しやすい「スポーツループ バンド」をチョイス

バンドは脱着のしやすさと、「手首の金属でMacBookのパームレストを傷つけたくない」との理由から、「スポーツループ」を選びました。

色は「アビスブルー」です。

【大失敗】ダイソー 保護ガラスケース for Apple Watch Series 6

これは完全に私が悪いのですが、Apple WatchはSeriesにより形状が微妙に異なります。

Series 6(40mm)とSeries7(41mm)はほぼ同じ形状ですが、

  • ガラス面の湾曲具合

  • Digital Crownの配置

  • スピーカーの位置

がほんの少し異なります。

フルカバーケースを選ぶ場合、「Series 6用のケース」はSeries 7では使えないことがあるので、注意してください。

こちらが「ダメもと」で、ダイソーにて購入したケースです。これをSeries 7に試してみました。

実際Series 7へ装着したところ、Digital Crownがケースに引っかかってしまい、操作することができませんでした。

苦肉の策として、干渉している部分を削り取ってみたところ、Digital Crownは操作できるようになりました。(本体に傷がつく恐れもあるので、オススメはしません)。

画面の湾曲が合っていないのか「タッチ感度」が大幅に低下します。やはり機種に適合したケースを選ぶようにしてください。

【イマイチ】NIMASO Apple Watch Series 7 カバー

NIMASOは、安価なiPhone用保護ガラスを販売していることで有名ですね。

Apple Watchのカバーの使用感はいかに。

商品パッケージは白地に赤のマークで、シンプルながらも目立つ印象です。以前は黒字に金色の文字でしたが、イメージがだいぶ変わりましたね。

2021年12月20日現在では、NIMASOのカバーのラインナップは黒のみでした。パッケージを開封すると、保護フィルムが貼られた状態の商品と、ドライ/ウェットのシートが付属していました。

今回のカバーは「つや消し」の黒なので、サラサラとした質感で指紋も目立ちにくいです。

NIMASOのケースを装着してみました。画面のタッチ感度は、ほぼケースなしと遜色ない印象です。

サイドボタンは「少し押し心地がかたくなる」気がします。

ただ、「Digital Crown」の方は操作感に難あり!若干ケースの上部と干渉してしまい、Digital Crownを回すと「引っ掛かり」を感じました。

そこで、私はケースと本体の間に細いティッシュの短冊を3枚ほど挟んだところ、Digital Crownとの干渉は全く感じなくなりました。

が、そこまでの細工が必要なのも、ちょっとイマイチに感じました。

【結構イイ】ダイソー画面保護フィルム

ガラスケースを2回連続で失敗した私。

またフルカバーケースは「ケース付けている感」が強く出てしまうため、デザイン的にイマイチ感がありました。

そこでダイソーの保護フィルムを試してみたところ、ピッタリ貼れて違和感も全くありませんでした。

ダイソーのApple Watch保護フィルムは「ブルーライトカットタイプ」「自己修復タイプ」の2種類がラインナップされています。私は在庫の関係からやむなく「ブルーライトカットタイプ」を選びました。

ふにゃふにゃの素材のフィルムなので、貼りにくいのがデメリット。ただ、貼り付け当初は気泡がポコポコ入って「失敗した...」と思ったのですが、一晩すると気泡は消えました

曲面までピッタリフィットしているので、パッと見フィルムを貼っているかどうかは全然わかりません。

フィルムに傷がついても100円なので、スパッと諦めがつくのも良いところ。多くの方にオススメできる逸品です。

ただ、子育て中の場合、子どもが腕にタックルしてくることもあります。また、Apple Watchが完全に自分に定着したことで、Apple Payの使用頻度が非常に増えました。そうするとどうしても耐衝撃性が気になってきました

そこで、再びフルカバーケースを探し始めました。

【ソコソコ】エレコム Apple Watch Series 7 フルカバーケース

現在使用しているのが、周辺機器メーカー「エレコム」のフルカバーケースです。

私が購入したのは、「セラミックコートガラス」を採用した最上位モデル。

私のApple Watch Series 7は新色のスターライトということもあり、今回はクリアタイプをチョイスしました。

パッケージは、中身のケースが見えるスタイルになっています。

ケースを取り出してみました。内容物は「ケース本体」と「取扱説明書」のみ。正直クリーニングクロスは付属して欲しかったところです。

実際に装着してみました。NIMASOのケースでネックになった「Digital Crownの操作性」は非常に良好で、引っ掛かりは一切ありません。

スピーカーの穴もピッタリあっています。画面側のガラスは正直ゴツメ。NIMASOのケースの方が「ガラス面との距離が近い」ように感じました。

やはり「ケースをつけている感」はどうしてもありますが、十分な操作性を維持してくれているエレコムのフルカバーケースは、ベターな選択かと思います。


この記事を読んで「参考になった!」「役にたった!」「イマイチじゃん...」と思った方!継続的な活動のため、ぜひサポートお願いします!