見出し画像

北米トップ10の「ラグジュアリーレイクリゾート」を分類してみました

国内外のレイクリゾートを独自に調査しまとめる本マガジン『レイクリゾート研究室』。

これまでの記事では、レイクリゾートを湖の周辺環境や歴史などの切り口で調査した内容を紹介してきました。

レイクリゾートのなかでも特に上質な体験を提供しているリゾートがあります。もちろんそれぞれのレイクリゾートによって雰囲気や体験できるアクティビティに違いはありますが、こうした豪華なレイクリゾートに共通する点も見えてきました。

ここでは、その新たなカテゴリを「ラグジュアリーレイクリゾート」と名づけ、北米トップ10のランキングを参考にしながらその特徴や魅力に迫ります。

北米レイクリゾートトップ10とその特徴

リゾートに関する情報をまとめるアメリカのweb記事(Top Luxury Lake Resorts - ResortandLodges.com)では、北米のラグジュアリーレイクリゾートを紹介しています。

トップ10として上げられているリゾートの位置はこちら。

画像2

五大湖をはじめとした氷河湖が点在するアメリカ北東部に集中していますね。

レイクリゾート調査室が独自にリサーチしてみたところ、北米のラグジュアリーレイクリゾートにはこんな共通点がありそうです。

静かでリラックスできる環境である
リトリートに適し、日常から離れられる
完全に自然のなかにエスケープできる
自然に囲まれたサンクチュアリのような雰囲気がある
カヤック、カヌーなどのアクティビティ体験が豊富である
プライベートバルコニー/パティオ付きの客室がある
テレビや電話のない環境(デジタルデトックス)がある
豊富なパーソナライズドアドベンチャーの選択肢がある
夏でも冬でも楽しめる通年リゾートである

自然のなかで楽しめるアクティビティがあることに加え、プライベートスペース付きの客室など上質な空間であることで、よりリラックスできそうです。これらの価値すべてを兼ね備えたリゾートは都市や他地域では実現が難しく、まさにラグジュアリーレイクリゾートならではの価値であるといえます。

ラグジュアリーレイクリゾートトップ10の分類

ラグジュアリーレイクリゾートを以下の2つの軸で分類してみました。

画像1

横軸は天然派と人工派。ありのままの自然を生かした天然派リゾートと、プールなどの施設を整備した人工派リゾートとで分類しました。

縦軸は富裕層・ファミリー向けと若者・カップル向け。子ども連れやお年寄りが一緒でも楽しみやすい穏やかなリゾートは、ホテルコンドミニアムが立ち並び長期滞在にも適しています。若者がライトに楽しめるリゾートでは、パーティーやウエディングが行われたりと、ちょっと贅沢な週末を過ごすのに適していそうです。

これらの4つの分類についてひとつずつ具体的なレイクリゾートに注目しながら見ていきます。

【ファミリー向け&天然派】自然を生かした体験が魅力のレイクリゾート

画像3

出典:ResortsandLodges.com Top Luxury Lake Resorts Elk Lake Lodge 

ニューヨーク州に位置するエルクレイクロッジ。

このニューヨーク州には自然保護地域に指定されているエリアが多く、湖周辺には豊かな自然が広がっています。

ハイキングコースやサイクリングコースが複数整備されており、ライトに楽しみたい子ども連れにも、本格的にチャレンジしたい人にもおすすめです。途中で動物に遭遇することもあるようです。

また、天然のマス釣りも人気です。カヤックで自由に移動しながら釣りができるので、まるで自然との駆け引きをしているような体験になりそうですね。

【ファミリー向け&人工派】レク施設の豊富な王道レイクリゾート

画像4

出典:ResortsandLodges.com Top Luxury Lake Resorts Aston MonteLago Village Resort

ネバダ州にあるラスベガス湖。

ラスベガスへのアクセスが良く、かつ都市の喧騒から離れた場所にあるため、リフレッシュには最適な環境です。

屋外プールやフィットネスセンター、ゴルフ場、スパが整備されており、アクティビティに飽きることはなさそうです。幅広い世代が楽しめる施設が充実しているため、親子3世代でのバカンスにもよさそうです。

コンドミニアムと客室が用意されており、滞在期間や人数によって選び分けることができますね。

【若者向け&天然派】ワイルドな自然環境を遊びつくせるレイクリゾート

画像5

出典:ResortsandLodges.com Top Luxury Lake Resorts The Point

ニューヨーク州にあるサラナク湖では、若者が楽しめるアクティビティが充実しています。冬にはスキーやスノーボードのほか、湖上でアイススケートやカーリング、氷上釣りも楽しめます。

客室には石造りの暖炉にアンティーク家具が備わっているなど、建物や内装にもこだわっています。

湖に沈む夕日の景色は絶景です。バルコニーでゆったり過ごしながら景色を楽しむのも、外で散歩しながら景色を楽しむのも良いですね。

【若者向け&人工派】パーティやウエディング会場にも適したレイクリゾート

画像6

出典:ResortsandLodges.com Top Luxury Lake Resorts Geneva On The Lake

ニューヨーク州にあるジュネーブオンザレイク。

20世紀初頭に個人邸宅として建てられた建物を利用したこのホテルでは、湖を望む景色はもちろん、伝統的で豪華な建物も楽しむことができます。

おしゃれな庭や彫刻もあり、まるでタイムスリップしたかのよう。

全体を貸切ってウエディングを開くこともできます。都市の喧騒から離れて幻想的な雰囲気を楽しめることから、記念日を過ごすカップルにも人気なようです。

ラグジュアリーレイクリゾートの価値

海外のレイクリゾートをみてみると、湖の周辺環境の自然の豊かさ、視界の広がり、アクティビティの多様さなど、それぞれ特徴の異なる「ラグジュアリーレイクリゾート」として開発されていることがわかりました。

ありのままの自然を楽しめる場所もあれば、施設が充実している場所もあります。周辺環境によってレイクリゾートの雰囲気は変わりますが、どこも湖の魅力を最大限引き出しているのかもしれませんね。

日本国内の湖はあまり湖ごとの特色がはっきりしているイメージがなく、湖だけで旅先を選ぶことは少ないかもしれませんが、海外の事例を取り入れつつ、日本でも「ラグジュアリーレイクリゾート」の開発が広がっていくと面白そうです。湖を訪れる際には、自然的な特色やリゾートとして分類にもぜひ注目してみてください!

「レイクタイム - 湖畔時間 - 」として新しいリゾートのスタイルや湖畔での過ごし方などの情報を発信しています。
Webサイト http://shirakaba-lake.com/
Instagram:@laketimejp
Twitter:@laketimejp
3
長野県白樺湖から新しいリゾートのスタイルを発信する「白樺湖レイクリゾートプロジェクト」が2020年夏にスタートしました。湖畔での過ごし方や白樺湖周辺の様子などを、プロジェクトメンバー目線でお届けしていきます。https://shirakaba-lake.com/

こちらでもピックアップされています

世界のレイクリゾート研究室
世界のレイクリゾート研究室
  • 4本

湖のまわりの「レイクリゾート」とは?海外の事例や調査結果を、プロジェクトチームのメンバー目線で発表していきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。