ジョナサン

恋愛に関する情報を男目線で発信しています。

ジョナサン

恋愛に関する情報を男目線で発信しています。

    マガジン

    • ジョナサンの恋愛コラム

      恋する女性の「恋愛偏差値」をぐっと高めるためのマガジンです。読むと読まないのとでは恋愛の成功確率に雲泥の差がでる!それくらい恋愛に大切なことが書かれたマガジンです。

    • 恋愛相談マガジン

      恋愛大学の読者様から頂いたお悩みに対する回答をまとめたマガジンです。

    最近の記事

    「彼氏への不満をスマートに解決するため」の不満解決講座

    LINEの返信が遅い・・・ LINEの内容が不満・・・ デート中の彼の態度が不満etc・・・ 価値観が異なる大人同士が一緒にいる以上、不満と言うのは必ず付きまといます。 大小程度の差はあれど、どのカップル、夫婦でも必ず不満の一つや二つはあるものです。 小さいものであれば「我慢」すれば良い。 でも大きな不満は基本的に我慢し続けることが困難です。 大きな不満を我慢し続けた場合、不満の原因を直接口にすることはなくとも必ず「不機嫌な態度」という形で表現してしまうのが人間

      • 尽くす恋愛が不幸な恋愛に繋がるメカニズムを解説します。

        と聞かれたら、一方的に尽くすハメになるなら悪い。彼がちゃんと見返りをくれるなら別に尽くし(見返りがある恋愛に「尽くす」という表現があり得るのかはさておき。)続けて良いんじゃないですかと答えます。 一方的に尽くす恋愛については100%悪いと断言します。あなたが尽くすことに幸せを感じていても関係なし。長い人生で考えたとき、尽くす恋愛ってのはあなたの不幸に繋がります。 では、なぜ 一方的に尽くす恋愛はダメなのか? について解説していきますが、理由は2つあります。 ●一つ目

        • 「付き合った直後は理想の彼氏だったのにどんどん優しくなくなっていく・・・」に男目線で答えます。

          ↑に対して男目線で解説していきたいと思うのですが、 まぁ男も悪い。 でも「男が悪い。はい終わり」で話を終えてしまうと何の実りもないので女性側の原因についてしっかりと書いていきたいと思います。 ●付き合って間もない頃の男は彼女の気を惹こうと必死こちらの記事で詳しく解説しましたが・・・ 付き合う直前、あるいは付き合って間もない頃ってのは「本来の自分」ではありません。 彼女の気を惹きたい一心でモチベーションがめちゃくちゃ高いんです。言うなれば脳内麻薬がドバドバ出ているよう

          • 【伝え方9割】彼氏との上手な話し合いの方法(価値観を共有する方法)

            全てのカップルや夫婦が必ずしも実践しているわけではないですが 自分がされたら嫌なこと されたら嬉しいこと をパートナー同士、共有することはとても大切なことです。 なぜなら言わないとわからないから。 言葉にせずとも勝手に察して勝手にあなたの不愉快なことをやめてくれる自浄作用の高い彼氏なら良いのですが世の中そう上手くできていません。 だからこそ言葉で伝える必要があるのですが、言葉で伝えるって凄く緊張しますよね。 おまけに話し方を間違えると良好な関係を築くどころか険悪

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • ジョナサンの恋愛コラム
            ジョナサン
          • 恋愛相談マガジン
            ジョナサン

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【自分磨きは最高の自己投資】彼氏のためじゃなく、自分のために頑張る大切さ

            自分磨きは最高の自己投資です。 「じゃあ自分磨きって具体的に何よ?」と言われたら と答えます。で、「自分磨きをせよ。」と言われると、習いごとを始めてみたり新しい趣味を始めてみたり、資格勉強を想像する人が多いと思います。 確かにそれも自分磨きの一つではあるのですが、ぶっちゃけ始める敷居も継続する敷居も高いです。 私の言う自分磨きとは「丁寧に生活する」ことです 夜更かししない 早寝早起きを心掛ける ジャンクフードばかり食べない 休みの日ベットの中でダラダラ過ごさな

            「彼氏に期待しない」具体的なコツを解説

            なーんてよく言われるわけですが、具体的にどう行動に移せば良いかわからない人が多いと思います。 「期待しない」ってそもそも何? 彼からの信頼を失うことにならないか? 具体的にどういう思考をすれば「期待しない」を実現できるかわからない。 などなど。 今日はそんな疑問に答えるために 「期待」が起きる仕組み 具体的にどう行動に移せば良いのか? という話をしていきたいと思います。 ●「期待」が起きる仕組み「期待」というのは、自分ならこうする=相手にも同じアクションを取

            失恋の痛みから立ち直るための方法

            よく言われるこの言葉、まぁあながち間違ってはいないと思うのですが、 そんなに待ってられねぇよ。ってのが本音かと。 じゃあ、どうすれば「時間」と「新しい恋」を使わずに失恋の痛みから立ち直ることができるのか?今日はそんな話をしていきたいと思います。 失恋って・・・辛いですよね。 もちろん、失恋の痛みは男女平等で僕も初めての彼女と別れたときはそれはそれは強烈なダメージを受けました。 あまりに憔悴するため、まずお腹が空かないんですね。ご飯を食べたいと思わない。だから体重も減

            「気遣いたくない男」と「気遣ってほしい女」

            男と女では恋愛に求めるものが違う!ことは、読者のみなさんも過去の恋愛経験から薄々お気づきかと思います。 出会い、交際、結婚・・・各段階で男女間で「求めるものの違い」があり、これが「温度差」のように感じて辛くなってしまうこともあると思います。 今日はそのうち「交際期間の長いカップル」の間で出やすい男女間の価値観の違いについて取り上げていこうと思います。 ●男は彼女に安らぎを求める大人気のこちらの記事では「男は彼女に安らぎを求めるよ。」って話を取り上げさせていただきました↓

            「彼氏に求めすぎない恋愛」が気持ち的にラクだという話

            私はこんなに尽くしてるのに彼から見返りがない 私ばっかり愛情表現していて彼からは何もない 昔はあんなに長いLINEをくれたのに最近はテキトー 結論から言うと、彼氏に色々と求めすぎたり、期待しすぎたりする恋愛はお互いに辛いのでやめるべきです。 でもそんなこと言ったって感情は抑えられない!!!無理だ!!!って人に今日は「彼氏への期待はどういうときに起きやすいのか」、そしてそれをどうすれば防げるのかを解説していきたいと思います。 ●彼への期待→落胆は彼との接点が多くなれば

            「自分を大切にしてる人」が大切にされる理由

            よく私は なーんて話をするのですが、今日はその辺りを少し深堀りしてお話していきたいと思います。 ●なぜ自分を大切にする人が大切にされるのか? あなたはどちらのぬいぐるみを大切に扱おうと思いますか? どちらも似たようなぬいぐるみ。 汚れた方のぬいぐるみの横を通りすがった人の中には汚れ切ったぬいぐるみを蹴っ飛ばしてさらに汚す人もいることでしょう。 一方で誰かに大切そうに扱われているぬいぐるみを投げたり、蹴っ飛ばしたりする人はいないはず。 そう、「大切に扱われてるもの

            「本命彼女」と「そうじゃない彼女」の違いを実体験をもとに書きます。

            ↑この数字は私が1年以上交際させて頂いた本命の女性の数です。 ↑この数字は付き合ったものの、3か月以内に別れた女性の数です。 1年以上交際した「4人」の女性は間違いなく「本命」の彼女で、別れることになったときはとても辛かったですし、彼女たちとの恋愛は今でもとてもいい思い出です。 一方、 3か月以内に別れた彼女たちは間違いなく「本命じゃない」女性で苗字すら思い出せません。 別れることになったときも何の痛みも感じませんでしたし、うち一人は自然消滅(自然消滅した2年後くら

            有料
            1,500

            「彼氏」よりも「自分の時間」を大切にする彼女と付き合うと男はこう感じる

            と聞かれたら、間違いなく「今の妻です。」と答えます。(惚気ではありません。) 妻が今までの彼女と違ったのは 「自分の時間を彼氏よりも優先しない」ということ。 よく「自分の時間を大事にしろよ~」とツイートしてますが、それは身をもって「自分の時間を大切にする女性には惹かれる。」という経験をしてるからなんですね。 もちろん、妻は男を振り回すためのテクニックとしてそれらを使っていたわけではありません。 シンプルに恋愛に対してドライで「恋人といえどもお互いの時間に干渉する権利

            「不安感」から焦って「自爆」する女性に贈る不安解決講座

            私はよく なんて話をするのですが「それっぽいこと言ってんじゃねぇよ!根拠薄弱だ!」と疑い、なかなか恋愛以外に熱中できるものを探すには至らない人が多いのではないでしょうか。 実際の話、別にあなたを励ましたいわけでもないし、空元気を出してほしいわけでもない。 熱中できるものがあると、本当に不安感は消えます。 今日はその辺りを深堀して解説していきたいと思います。 ●不安感は脳内からノルアドナリンが放出されることにより起こり、それは「行動」で収まる恋愛で強い不安感を受けると

            大切にしてほしい彼氏の特徴について

            まずこの事実を理解してほしいのです。 恋愛に不向きな男性は、結婚にも不向きです。もちろん男性側だけが原因ではありませんが、3人結婚して1人が離婚する世の中。 一度離婚する人は二度三度離婚することも多く、言葉は悪いのですがその人は「結婚(恋愛)不適合者」です。 例えば、男性の中には「回避性依存」と呼ばれるタイプに属す男性がいて、このタイプと恋愛、結婚しても大抵上手くいきません。 回避性依存の人は、誰かと親密な関係になることを極度に嫌い、とにかく近づいてくる人から逃げよう

            「人を好きになりにくい...」は長所である理由を男目線で解説します。

            という悩みを相談された、私は一言「好きになりにくいくらいが丁度良いんだよ。」と回答しています。 惚れやすいタイプと、惚れにくいタイプ、どっちが幸せですか?と聞かれたら、間違いなく惚れにくいタイプです。 では、なぜ惚れにくいタイプのほうが幸せになれるのかを男目線でお話していきたいと思います。 ●男は女性が思う以上に下心の塊であることを理解して少し極論にはなりますが、男がお付き合いする究極の目的と言うのはベッドインです。(ベッドインなしの交際は絶対に成立しません。) 男も

            愛嬌のある女性がモテる理由

            モテる女性ってどんな女性ですか? と聞かれたら、すかさず「愛嬌のある女性」と答えます。 愛嬌のある女性はモテる!と昔から言われていますが、男からみてこれはガチです。 愛嬌のある女性はとにかくモテる。ではなぜモテるのか? 今日はそんな話をしていきたいと思います。 ●男が言う「愛嬌」とは?まず男が「愛嬌が良い」と言うときの愛嬌が何を指しているのか? 簡単に言うと よく笑い、冗談も通じる話しかけやすい人=愛嬌の良い人 です。社交的と表現しても良いですね。 愛嬌の良