ジョナサンの恋愛コラム

59
固定された記事
彼氏が彼女に求めるもの

彼氏が彼女に求めるもの

男性が彼女に求めるものって何ですか? と聞かれたら、私は「安らぎです。」と答えています。 それで、安らぎ=癒し。と考えている人がいますが、男の自分からすると「癒し」という表現は少し違和感を感じます。 では「安らぎ」とは一体何なのでしょうか? 人によって解釈の差はあると思いますが、「気を遣わず、自然体でいることを許してくれる女性」が、男性にとって安らげる存在だと思っています。 ●男はこんな彼女がイヤだ!まずは悪い例からいきましょう。 安らげる女性=気を遣わず、自然体

スキ
184
誰と出会うか、と同じくらい「どう出会うか?」が大切な理由

誰と出会うか、と同じくらい「どう出会うか?」が大切な理由

少し前、こんなツイートを見かけました。 マッチングアプリにいる男ってクソ野郎が多いよね! このツイートを見ると、多くの女性が 「やっぱりアプリは変なやつの集まりなんだな。まともな男性はアプリ何かやらないでしょう。」と感じるかもしれませんが、この感想には真っ向反対です。 変な男がアプリに集まるのではなく、アプリを介すと「変な男に変化しやすい」というのが正確な表現です。 アプリで出会ったあの変な男も、学校や職場では間違いなく真っ当な人間として評価されていることでしょう。

スキ
30
離婚した友人夫婦の夫が話した「離婚事由」について男の僕が思うこと。

離婚した友人夫婦の夫が話した「離婚事由」について男の僕が思うこと。

一昨年、同僚の友人夫婦が約2年の夫婦生活に終止符を打ちました。 二人とも私の知り合いで、本当に性格が良く、優しい人たちです。 「離婚した。」と聞いたときは「なんでだろう...何が原因なんだろう...美男美女のお似合い夫婦だったのに...」というのが率直な感想でした。 その後、元旦那とお酒を飲む機会があり、離婚した原因を色々と聞いてみると「あぁ...なるほど...男の贅沢、男の贅沢なんだけど言いたいことはなんとなくわかるよ...」と納得してしまったので今日はそんな話をして

スキ
30
僕が妻のことを大好きな理由

僕が妻のことを大好きな理由

僕は妻のことが大好きです。 毎日チューしたいとか、ギュウーしたいとか、そうゆう大好きではなく「生まれ変わってもまた今の妻と結婚したいな」って思うような大好きです。 別に惚気たいわけじゃなく、ふと「大好きな理由って何なんだろう?」と。 その大好きな理由を書けば、読者の皆さんに少しは参考になるかなぁという思いで筆を取っています。 下の記事でも書きましたが、結婚なんて35歳で良いや〜と思ってた僕を、24歳で結婚の決心をさせた素晴らしい女性です。 今日はそんなちょっとした夫

スキ
70
恋愛に「無駄な頑張り」は必要ない

恋愛に「無駄な頑張り」は必要ない

大好きな彼氏の気を惹こうと「無駄に頑張る」女性が世の中にはたくさんいます。 そして、この「無駄に頑張る」という健気な姿勢が報われることはあまりありません。 なぜなら「無駄に頑張られると彼氏は彼女の存在を負担に感じるようになる」からです。 ●無駄に頑張ってしまう女性の特徴 彼氏の気を惹くために、無駄に頑張ってしまう女性はこんな特徴を持っています。 ・自分に自信がない(自己肯定感が弱い) ・彼氏に依存する傾向がある ・相手の顔色や声色の変化に敏感 ・問題の原因を「自分」

スキ
65
「女性の勘は良く当たらない」〜深読みをやめることが幸せへの第一歩〜

「女性の勘は良く当たらない」〜深読みをやめることが幸せへの第一歩〜

女性の勘はよく当たる...なんて言いますが、男の自分からすると「女性の勘は98%外れています。」 例えば、飲み会に行った彼から返信がないだけで「浮気をしているのかもしれない...」と疑う。 でも、その勘は大抵外れており、単に飲み会が盛り上がっているだけに過ぎないことがほとんどです。 このように、辛い恋愛を強いられやすい女性というのは「深読み」が習慣になってしまっている。 その深読みが的確なら良い。 でも深読みのほとんどは現実からかけ離れたある種の「妄想」に近づいてし

スキ
86
「男を育てる。」という感覚を持ちながら彼氏と付き合う。

「男を育てる。」という感覚を持ちながら彼氏と付き合う。

良い彼女と悪い彼女の違いって何ですか? と聞かれると、私はこう答えます。 良い彼女は彼を頼り、悪い彼女は彼を頼らないと。 良い彼女は彼を頼るのがとても上手。頼られた彼は自己肯定感を高めると共に、喜ぶ彼女の顔をもっと見たくて益々努力を続ける様になります。 一方、悪い彼女は彼を信頼していないので頼ることを拒絶し、彼の母親の様な存在になり下がります。 彼女から信頼されていない彼は自己肯定感を下げ、努力するモチベーション、自信をどんどん失っていきます。 上手に彼に頼れる彼

スキ
116
「彼のことが大好き。」、でも苦しくて辛い恋愛への対処法

「彼のことが大好き。」、でも苦しくて辛い恋愛への対処法

恋愛にも色々な形、過程があります。 その中でも一番辛い恋愛とは 大好きだけど彼から離れた方が良いとあなたが感じている恋愛 です。 恋愛感情とは不思議なもので、時に愛情に恨みに近い感情が混ざってしまうときがあります。 愛情と憎しみを行ったり来たりする。 ある日は彼のことが大好きで大好きで仕方ない、でもある日は彼に憤りを感じて仕方がない... そうゆうアンビヴァレントな感情に揺られる恋愛がこの世の中で一番辛い恋愛です。 では、こうゆう辛い恋愛にぶつかったときあなた

スキ
43
【※重要講義】男女の恋愛感情の盛り上がり方の差に関する考察

【※重要講義】男女の恋愛感情の盛り上がり方の差に関する考察

交際前はあんなに「好き」と言ってくれた彼...でも今は何も言ってくれない...立場が逆転してしまった... という悩みが良く聞かれます。 この手の悩みには一言「まぁ...男なんてそんなもんなんで気にしなくて良いですよ。」とお答えするようにしていますがモヤモヤ感を拭えない人も多い様子。 ということで、今日はなぜ私が「まぁ...男なんてそんなもんなんで気にしなくて良いですよ。」なんて雑な答えをするのか、その意図を理屈で説明していきたいと思います。 ●男女間の恋愛感情(ドキ

スキ
57
【男目線】「モテる女になるため」の恋愛講座

【男目線】「モテる女になるため」の恋愛講座

※全額返金保証noteです。 内容に満足いただけない場合は全額返金いたします。 「モテる女には”ある”特徴がある。」美人がモテるのは事実、でも美人じゃなくても何故かモテる女性がいることも事実。 あなたの身近にもいないでしょうか? 正直そこまで美人ではないにも関わらず、常に彼氏が途切れないような女性が... そんな女性を見て同性であるあなたは「なぜあの子がモテるのかがわからない...」と首を傾げることでしょう。 でも私は男。 その女性とコミュニケーションを取れば「

スキ
35
有料
1,280
【初デートの教科書】 「また会いたい!」と彼に言ってもらえるデートテクニック

【初デートの教科書】 「また会いたい!」と彼に言ってもらえるデートテクニック

僕のもとには、よくこんな悩みが寄せられます。 「初デートでは凄くいい雰囲気だったのに、デート後ばったり返信が来なくなった・・・」 デートの難しさは、まさにこの悩みに集約されています。 「相手は楽しくなくても楽しそうに振る舞う。」のです。 つまらないときはつまらない顔をしてくれれば修正も効くのですが、男は絶対にそうゆうマイナス面を女性の前では見せません。 なので、相手の表情や振る舞いからデートの成功・不成功を占うことはできないのです。 じゃあ、どうすれば良いんだ!簡

スキ
109