見出し画像

「世界を出し抜く」に感じる違和感

こんにちは。野本です。クアラルンプールは朝、涼しい日が続いています。

先日、マレーシアに来た日本人学生が「日本の良さを世界に発信したいんです」と熱く語っていました。

あなたのターゲットは本当に「世界」なのか?

この続きをみるには

この続き: 1,889文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
10月号のバックナンバーです。読み損ねた方、定期購読はしたくないけど、読みたい記事がある方はどうぞ。

2019年10月のバックナンバーです。31本の記事が入っています。「親子の信頼が失われるとき」「テレビに出てくるマレーシアはどこまで「ホン…

・ほぼ毎日更新です。 ・マガジン読者専用の記事を最低1回はお送りします。 ・教育・学校関連の有料記事が含まれることもあります。

東南アジアから未来が見える。マレーシア在住8年の筆者がワンコイン(500円)で「ちょっと先の未来」をご紹介。「トリリンガルが当たり前の国」…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

これまで数百件を超えるサポート、ありがとうございました、今は500円のマガジンの定期購読者が550人を超えましたので、お気持ちだけで嬉しいです。文章を読んで元気になっていただければ。

ありがとうございます! 嬉しいです! 良い一日を。
49
文筆家&編集者@マレーシア。読者550人の定期購読マガジンでほぼ毎日コラム執筆中。雑誌編集20年。40代で外国に来て、驚きの日々を過ごしてます。東南アジアの人に習った楽になる生き方・教育を発信。書籍「日本人は『やめる練習』がたりてない」が集英社より発売。cakesでも連載中。