KUNILABO

NPO法人国立(くにたち)人文研究所が運営する、人文学の学校です。2016年4月開校。 大学の講義と同レベルの内容を、現役の大学教員・研究者から学べる、本格的な教養講座です。 HP: www.kuniken.org

「NHK『これでわかった!世界のいま』(2020 年 6 月 7 日放送回)の番組内容と SNS での投稿に関する要望書…

アメリカ研究者の有志の方たちが「NHK『これでわかった!世界のいま』(2020 年 6 月 7 日放送回)の番組内容と SNS での投稿に関する要望書」(https://note.com/smimaki/n/nd

【著書紹介】淵田仁『ルソーと方法』  第三回 山師とは誰か(全三回)

前回は、第五章「『人間不平等起源論』における歴史記述」の議論を追いつつ、自然状態の論じ方という点から、淵田さんがルソーの歴史記述の方法の新しさを引き出している、…

【著書紹介】淵田仁『ルソーと方法』  第二回 自然状態はほんとに自然?(全三回)

前回は淵田仁さんの『ルソーと方法』の序論を少しだけご紹介しました。(第一回はこちら) 「ルソーと方法」という問いと「山師とは誰か」という二つの問いが切り離されず…

【著書紹介】淵田仁『ルソーと方法』  第一回 山師ルソー?(全三回)

今回のnoteでは、2020年4月期に開講が予定されていた人文学講座「ルソー入門:その生と思想」をご担当の淵田仁さんの著書『ルソーと方法』(法政大学出版局、2019年)をご…

感染症と人文学──2019年4月期KUNILABO講師西山雄二先生のTwitter投稿から

新型コロナウイルス感染症の流行を受け、20世紀フランスの小説家アルベール・カミュの『ペスト』が改めて読まれていると聞きます。実際に版元の新潮社では、2月以降から約1…

阿部公彦『小説的思考のススメ―― 「気になる部分」だらけの日本文学』 第7章 志賀直哉「流行感冒」――“名文”って何ですか…

前編では阿部公彦さんの『小説的思考のススメ』の「おわりに」と第7章の冒頭を少しだけご紹介しました。いよいよ後編で志賀直哉「流行感冒」の本文に入っていきます。前編…