見出し画像

9月も暑かった、みかも山公園

前回は日本一の最高気温を記録した8月
あれから1ヶ月経ってどんな変化があるでしょうか?

画像1

これは偶然だと思いたいのですが
この日も暑かった…
今度は蒸し暑い!
湿度の高い暑さです
Tシャツ全体がジトっと湿るあの感じ

白いヒガンバナ

例年は9月中旬に咲くはずのヒガンバナが
もう咲いていると聞いて行ってきたのですが
開花が早いのもびっくりだけど
今、咲いているのは白いヒガンバナ!

写真では見たことあったのですが
実物は初めて見ました〜
赤と白のコントラストでも見てみたいです

こちらは南口の駐車場から歩いてすぐのところに咲いていました

公園選びのコツは水辺の有無

南口はいきなりの急斜面を登ることになるので
野草園や水辺もある東口へ移動しました

公園歩きのときに水辺の有無は結構大きくて
水辺があるだけで見られる生きものの数が格段に変わります
周囲に咲く花も全然ちがいますからね

一心不乱にチョッキリ

今や森の中はチョッキリフィーバー

チョッキリというのはハイイロチョッキリという虫のこと
卵を産みつけたドングリを枝ごと
チョッキリと切るのでチョッキリって名前なんです

このチョッキリの仕事の跡が落ちてる落ちてる!
クヌギにコナラにもう、せっせと枝を落としていました

これだけの数が落ちてるんだから
注意深く見れば実物もいるんじゃないか?と
しばらく凝視しましたがさすがに見つからず

虫網を持ってきて枝ごと揺らしてみたら
8mmくらいのハイイロチョッキリを発見!

鼻の長い象のような顔をしています
こんな小さな虫がせっせと枝を切り落としているなんて…

ああ、その瞬間も見てみたい(←見る側にもかなりの根性が必要)

同じことを繰り返すオニヤンマ

水辺に行くとオニヤンマがパトロールでうろうろ
パトロールする道は決まっているので
通り過ぎてもすぐに戻ってきます

それを追っていると
ほんとにずっと同じ動きをしているので
(まさか、一日中同じこと繰り返してるの?)とゾッとします

ぐーるぐるぐーるぐる...

途中、他のオスがテリトリーに入ってきて追っ払うのですが
その動きも毎度毎度同じで
追って追っ払ってを繰り返していました

(要するに追っ払えていない)

コンペイトウのようなふわふわフラワー

日当たりの良い場所ではツルボの花が満開になっていました
ツルボは近くでよく見ると6枚の花びらが広がっていて
コンペイトウのようです

じっとり肌にまとわりつく暑さではあったけど
この花の周りだけはちょっと秋風が吹いているような
さわやかな空間でした

頭上の鳥たちは声のみ

現地に着くや否やエナガたちの声が聞こえて
久しぶりに姿を見てみたくて粘ったんですが
やっぱり茂った葉っぱに隠れてしまってみられませんでした

他に、メジロやシジュウカラの声も聞こえたけど
姿が見られた野鳥はカラスだけ

まとめ→こんな暑さはもういやだ

2ヶ月連続で暑かったみかも山公園

持ってるカメラも手汗でびっちょり
汗で水没は避けたいところ
こんな暑さはもういい加減にしてもらって
そんなことでハラハラしなくてよい気候になってほしいものです

7月の様子はこちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
自然ガイドのネタ帳|くますけ

ボクは虫です。花の蜜(←サポート)をいただいて生きています。 いただいた蜜を糧に多くの自然ネタをお届けしていきます〜!