見出し画像

北九州でカツアゲされたハナシ

久しぶりに、入社同期に会い、不思議な出来事を思い出したので書いておこうと思う。それは、1996年の北九州市。暴力団の抗争が激しくなっていたころ。

入社当時は、この同期と二人で会社から独身寮に帰ることも多かった。ある日、帰宅途中の繁華街で「カツアゲ」された。二人組の男が立ちはだかり「金くれや」と。なかなかわかりやすい展開だ。

同期はするっと逃げ去り、一人で相手をした。北九州に負けない環境で育ったので、こういった状況の耐性は高かった。淡々と「新入社員で金なんかないね。こっちがおごって欲しいくらいだ」と返す。

すると意表を突かれたようで「俺も本当はこんなことする人間じゃないんだけど、今日は特別なんだ・・・」と言う。「その特別ってなんだよ」なんて会話をしているうちに、立ち話もなんだから「とりあえず、一緒に飲むか!」という展開に。

遠くから心配そうに眺めていた同期を呼び戻し、4人でカウンターバーへ。その男はHと名乗り、語りだした。

「俺はJ社の社員なんだけど、天下りをしてきた役員が不祥事を起こし、雑誌で叩かれた。俺たち現場はプライドを持って仕事しているのに、組織全体が悪いような書き方だったから、ムカついてムカついて・・・」

何という、とばっちり・・・

「プライド持って仕事しているのは偉いけれど、関係ない人に当たっちゃダメでしょ」
「わかってる、申し訳なかった。今、猛烈に恥ずかしい思いをしてるよ。でも、本当にひどい書き方なんだよ、みてくれ!」

と、Hは雑誌を取り出した。

それは、うちの会社が発行している雑誌だった・・・。「関係ない人」じゃなかった!

「面倒なことになったな」と一瞬思ったけれど、しょうがない。

「それさ、うちの会社が発行してる雑誌だ」

カラんでくるかな、と思ったら・・・

「だったらお願いだ。現場はちゃんと仕事してるって次の号で書いてくれ」

と泣きそうな顔で頼んできた。

「いや、俺は記者じゃなくて営業だし、その雑誌の編集部は東京で、知り合いもいないから頼みようもない。まだ新入社員だし・・・」

その後は「頼む書いてくれ!」「だから記者じゃないって言ってるでしょ!」を繰り返しながら、酔っ払っていき、最後は、連名でボトルをキープして解散した。

その後もその店には何度か行ったけれど、すれ違いばかりで会うことはなかった。今のように携帯電話やSNSが普及していたら違っていたはず。

でも、この話はここで終わらない・・・

その二年後、私は福岡市の産婦人科医院にいた。

結婚と同時に、北九州市から福岡市に転居し、その日は、妊娠して入院した妻と面会していた。

ふと隣のベッドをみるとHという名札があった。カツアゲ男と同じ苗字だ。「ここは福岡だし、まさかな・・・」と思ったとき、病室に一人の男が入ってきた。

一瞬、目を疑ったが、Hだった!!

お互いの奥さんが驚くほど盛り上がる。聞くと、Hも最近、福岡市に転勤してきたのだという。同じタイミングで奥さんが妊娠して、ベッドが隣になるなんて!

奥さんの前なので、もちろん「もうカツアゲするなよ!」なんてことは言わない。古い知り合いを装って近況報告をしあい、お互いの安産を祈って、別れた。

それ以降、Hとは会うことがなく、22年が過ぎた。

カツアゲされたときに逃げた同期は、今や同僚を見捨てない立派な管理職だ。素晴らしい。

生きている間に、またHと再会することはあるかな。「ない!」と断言できないのが、この世の中の面白いところ。これだけSNSが普及しているし。

再会したら、なんて声かけようかな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしいです!
33
「CNET Japan」「ZDNet Japan」「TechRepublic Japan」「鉄道コム」「CNN.co.jp」を運営する朝日インタラクティブ社の代表取締役社長

こちらでもピックアップされています

人生に無駄なことなし
人生に無駄なことなし
  • 28本

朝日インタラクティブ社で代表取締役社長を務める高野健一が、日ごろの試行錯誤を綴ります。目標は、世の中に役立ち、働く社員とその家族も幸せになる会社にすること。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。