ほりうちけーアレクサンダーテクニーク教師
「城」の住人となる。
見出し画像

「城」の住人となる。

ほりうちけーアレクサンダーテクニーク教師

アレクサンダーテクニークのことを書こうとするたび
言いたいことの周りしか書けないことに気づいていました。

本当のこと、というかテクニックのことを書こうとしても書けない。

書こうとするとレッスン中に起こるでおろうこととか
考えてしまうだろうことしか書けない。

私の記事を読んでくださっている方で
同じような体験をされたことがある方は、
すんなり「そうそう」ってわかると思うんです。

そうでない方は、このひとなに言ってんだろ、となると思います。


テクニックを身につける過程で起こったことは書けます。
背がすこーし高くなった、
呼吸が楽になった、
階段の上り下りが楽になった、などなど。
身体に関することだけでもいっぱいあります。

じゃあなにをすればいいのと聞かれても
レッスンに来てくださいとしか言えない。

アレクサンダー的な小技はいっぱいあります。
ありますが、それをレッスンを体験したことのない人に
伝えることに躊躇があります。

するとやっぱり周りの部分の話になってしまう。
カフカの「城」の人と同じように
嫌がらせをしているわけではないんです。


呪文は伝えることができます。
でもそれはただの呪文。

唱えるだけじゃなにも起こらないんです。
呪文の中身を体験して、
言葉の中身を経験していくことで
学んでいくことができるんです。

その経験をすることで自分一人でも
言葉によって変化が起こせるようになるんです。



この記事が参加している募集

探究学習がすき

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ほりうちけーアレクサンダーテクニーク教師

よろしければお願いします。たいへん喜びます。

やったー!
ほりうちけーアレクサンダーテクニーク教師
アレクサンダーテクニーク教師 「自分の使い方」を教えています 。https://alexander-technique.webnode.jp /ちば とうきょう/ くるり 世武裕子 マスドレ リーガルリリー ずとまよ / 食