【写真家の凸凹雑記 #8】 出張平井写真館石巻湾海苔漁師編 丨 Funny!!平井慶祐
見出し画像

【写真家の凸凹雑記 #8】 出張平井写真館石巻湾海苔漁師編 丨 Funny!!平井慶祐

明日で写真集の為の記念撮影12件目っ!写真家の平井慶祐です。


10年の幸福写真実行委員会メンバーでもある中井さんと相澤さんからのリクエスト、年に一度の海苔の種付け(陸上採苗)のタイミングで海苔漁師仲間で集合写真です。

この話を聞いたときに、もうめっちゃ嬉しくてね。

だって震災の後、石巻に居着いてしまった大きな理由のひとつが石巻湾の海苔だったから。


初めて陸上採苗を見学に行ったときにはそんな見学に来る人なんて居なかったからか、怪訝な顔で見られたりもしたけれど、今ではこの時期になると海苔に興味津々な見学者が来るようになりました。

海苔漁師さんの方も嬉しそうに海苔の赤ちゃんを顕微鏡で見せてくれたり、饒舌に海苔へのこだわりを語ってくれるようになった。(去年からコロナでなかなかだけど)

漁師の担い手育成事業 TRITON PROJECTでは、県外の若者が何人も海苔の世界に見せられて就職。なんだかんだ言って親方漁師さんたちもそれをしっかりと受け止めて一緒に歩んでくれています。

宮城の海苔って、結構コンビニのおむすびの海苔になってたりするんだよ。知ってた?コンビニのおにぎりの海苔を、わざわざ剥がして食べる人っていないでしょ?みんなこの人達の育てた海苔を食べたことがあるかもしれない。

ステーキとかマグロみたいにご馳走じゃないかもしんないけど、日本人にとって海苔ってほんとに身近で、当たり前で、切っても切れない食べ物。

この人達がつくってくれてるんだよ♪

ってのが写真集に入ります。

10年前に渡波の避難所で初めて海苔漁師と仲良くなってから、あのとき見ていた景色とは全く違う、水車がまわる牡蠣剥き場前の11年目の石巻湾の海苔漁師たちの姿。

画像2

明日、写真に残させて貰えると思うとそりゃ感慨深くなっちゃうよ。うん。海苔LOVE!!

画像1


そんな感じでコツコツ写真集制作進んでおります。


明日からの1週間で5件の記念撮影の予定が入ってててんやわんやの撮影フィーバーですが、ひとつひとつ、心を込めてシャッターを押させて貰おう!


◯10年の幸福写真 先行予約販売はじまってます。
https://kfshashin.base.shop/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
わーい!嬉しいです。今日はきっと良いことあるよ。
震災から10年。あれから石巻に居着いてしまった写真家とご近所さんとがチームになって写真展を開き、1年後に写真集をつくります。『苦しみを減らしたり、悲しみを無かったことにはできないけれど、きっと喜びを増やすことはできる』実行委員会メンバーが制作の様子やそれぞれの想いをお伝えします。