見出し画像

笑いを生み出すことの難しさについて

ドラマでも、映画でも、舞台でも、コメディーが好きです。
お笑い番組も、子供のころから大好き。
笑いの力は、本当に偉大だと思うんですよね。
その昔、悲惨すぎる失恋をした夜、テレビを付けたらお笑い番組をやっていて、見ているうちにゲラゲラ笑ってしまい、
「こんな時でもちゃんと笑えた! この分ならきっと立ち直れる!」
と、絶望的な気分からぬけ出すことができたという思い出があります。

笑うのは健康にいいという話も、よく聞きますよね。
心身の両方に良い「笑い」ですが、それを生み出す側にとっては、とても奥が深いものだとも思います。

表現の技術』という本に、ダウンタウンの『ガキの使い』の『笑ってはいけないシリーズ』に関する解説が載っていました。笑ってしまう人たちの表情をよく観察すると、笑い出す前に必ず一度、驚いた顔をしているそうです。
笑いは、「予想外の出来事」に対して生まれることが多いので、まずは驚きが先に立って、それから笑い出す、という順序で反応が起きるんでしょうね。

この「予想外」というのがなかなか難しくて、受取り手の思考をある程度、先読みできなければ、それを裏切ることもできないし、同時に「ひたすら突拍子もない出来事」では笑いに繋がらなかったりするので、絶妙のさじ加減で、ほどよい「予想外」を作りださなくてはなりません。

以前、『人気海外ドラマの法則21』という本を読みました。
『ウォーキング・デッド』や『ホームランド』といったヒットドラマの制作者にインタビューを行い、「21個のヒットの法則」を解説するという内容です。
「人物の弱点を設定する」「話者の視点を特定する」「複数のプロットをテーマでまとめる」といった法則が、実際の作品を例に挙げながら解説されていくのですが、その中に何度か、同じ但し書きが登場します。
それは「シチュエーションコメディー(別名:シットコム)は別です」というもの。
ヒューマンドラマだろうが、ラブストーリーだろうが、ミステリーだろうが、ジャンルを問わず共通する「法則」が次々に語られていく中で、コメディーだけが例外扱いされているのです。

そして、この本の一番最後に提示される「21番目の法則」は、「シットコムの笑いの仕組みと作り方」です。
「コメディーは、他のジャンルと同列に語ることができない」ということがダメ押しされているわけですね。
以下、この章からの抜粋です。

一般的な脚本術は習得が可能だ。構成や言外の意味の持たせ方。セリフの書き方も練習次第で上達するだろう。だが、笑えるコメディーを書いたり演じたりする才能は生まれつきのものではないかと筆者は思う。三段オチや場違いな状況、役割交換や奇妙な組み合わせなど、笑いを生む仕組みを知っている人も多いだろう。だが、笑わせ方の極意は教えられて身につくものではない。

「コメディーが書けるかどうかは、生まれつき決まっている」なんて、何とも身も蓋もない感じの言い分ですが、こういうのを読むと、どうしても「私はどうなんだろうか……」と考えずにはいられません。
これまでにコメディーはいくつか書いたがありますが、だからと言って「笑わせ方の極意」が生まれつき自分に備わっているのかと訊かれたら、
「どうでしょう……備わってるといいなと思うんですが……」
と、モゴモゴしてしまう。
でもとにかく、観るのと同じぐらいコメディーを書くのが大好きだし、
「好きってことは、向いてるってこと!」
と自分に言い聞かせつつ、これからもたくさん書いていきたいと思います。

#日記 #エッセイ #コラム #エンタメ
***********************************
Twitterアカウント @chiezo2222

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

noteで全文無料公開中の小説『すずシネマパラダイス』は映画化を目指しています。 https://note.mu/kotoritori/n/nff436c3aef64 サポートいただきましたら、映画化に向けての活動費用に遣わせていただきます!

うれしいです! 投稿テーマのリクエストはコメント欄にどうぞ
28
脚本家。石川県金沢市出身/清泉女子大学文学部卒。芦沢俊郎シナリオ研究塾にて作劇を学ぶ。【主な作品】映画「きょうのキラ君」、ドラマ「ホテルコンシェルジュ」 、NHK朝ドラノベライズ「マッサン」「べっぴんさん」。2020年映画「10万分の1」公開予定!新作落語も書いています。

コメント4件

はじめまして。 少し気になるんですが、その「コメディーが書けるかどうかは、生まれつき決まっている」という意見、いったいどうやって検証するんでしょう? コメディーを書く方法論が未だに確立されていないだけかもしれない……と思ってしまったのですが。(^_^;A あと、『万人にうけるコメディー』というのもなかなか難しい気がします。 多くの人にうける……ならあり得るでしょうけども。
誠智さん コメントありがとうございます。そうですね、確かに検証は難しいと思います。この本では全編に渡って「視聴者を強く惹きつける連続ドラマを書く方法論」が語られていて、それらの方法論を持ってしても、コメディーだけは”書けない人には書けない”と、著者が自分の個人的経験から感じている、ということだと思います。また「万人にうけるコメディー」という表現は、特に著者はしておらず、私自身の意見としても、誠智さんがおっしゃる通り「万人うけ」は不可能だと思います。目指すのはあくまで「より多くの人に笑ってもらえるコメディー」ですね。
ユーモアって、本当に難しいですよね。このくらい大きな規模のコメディーを書けるかどうかになると生まれつきなのかもしれませんが、周囲の人たちに一度笑ってもらって高まった緊張をほぐすならトライアンドエラーで身につけられるかもしれないと思って日々精進しようと思っています。「教えられて」でなければそれ以外の方法があるのかしら、と揚げ足をとるようなことをふと考えたりしました。
前回のアドバイスを、ありがとうございました。あの時のアドバイスをもとに書いたものができました。お邪魔でなければ、URLを貼り付けさせてくださいませ。いつも為になる記事をありがとうございます。
「まほうつかいのドジ」(前・後編)
前編 https://note.mu/minatsu_re_happy/n/n5cf71e6bfa70
後編 https://note.mu/minatsu_re_happy/n/nce9ebaa0a5d0
minatsuさん その後もお読みいただき、ありがとうございます!minatsuさんの紡がれた物語の誕生に、ほんの少しでもお役に立てたのでしたら嬉しいです。物語を生み出すことは、自然と「自分でも気づいていなかった自分の発見」に繋がるような気がしています。この物語の登場人物たちの心情や行動のどこかにも、minatsuさんご自身の思いや個性が隠れているのかもしれませんね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。