時代考証と企画デザインの雑多な思考メモ。(ことほむ)

32

観光周りとアニメーション制作など、根拠のない、なんとなく思ったことをつらつら書いて…

あ。ついに過去データからの流れからつかめるものと、肌感覚から感じる流れを判断材料にすることがめちゃくちゃ大事になる年になったなと感じましたので、根拠のない思いをメモがてら。 経済の主導権は団塊ジュニア世代付近に完全に入れ替わった気がする 2020年は統計データの推移からも団塊世代から…

北陸観光コア人材育成スクールを修了して思うこと。

およそ半年間、月に2回(ほぼ2日間で1セット)のスクーリングで2021年の1月20日で全カリキュラムを修了しました。全体的には会計知識とファシリテーション、新規事業提案に重点を置かれた内容でした。会計知識については、いまいちわからなかった部分がわかったので助かっています。最後は新規事業の…

謹賀新年。令和3年は分岐点の年⁉

今年は始めて帰省なし、二年参りなしで、初詣も行かない、引きこもりなお正月を過ごしています。もっといえば、NiVEでプレゼン動画を作っていますので、ごく普通の営業日のような過ごし方をしています。 さて、疫病が原因となってリモートワークが一気に進んだ令和2年。米国に本社を持つIT大手企業に…

仮想現実(バーチャルリアリティ)が一般的な観光に替わることができるのか

バーチャル = 仮想 この概念はすでに一般化しているのではないでしょうか。昨年まではゲーム世界においてのバーチャル通貨ぐらいが主体であったように私は感じていました。今年はコロナ禍においてオンライン(ZoomなどでのWebを使用した)による会合が一般化しました。そんな中、部屋を映したくない…

ITから離れている印象のある観光業界も無視できないVR世界が来ますよ。

とはいってもあと3〜5年後くらいかなと思っています。そしてポストスマートフォンはVR関係ギアになる勝算があると読んでいます。ガラケーからスマートフォンに需要が移り変わった期間がおよそ5年間です。そして2020年秋はコロナ禍、米中問題に端を発した5G整備の遅れと同時に、4Gで多くの人が満足して…

中小零細観光地の文化財と史資料の加工工程。(ことほむ 合同会社何やってるの?)

東京・大阪・奈良・京都といった国内外インバウンドの大観光地に、鎌倉・金沢・白川郷・飛騨高山・上高地・松本など羽田〜関空エリアに挟まれた中小観光地にその周辺の零細観光地。大観光地は上場企業のように博物館イベントに於いても(中小零細観光地の博物館と比較して)潤沢な(企画会社側の)予算…

文化財を地域資源として活用する考え方を考えてみる試み。

京都・奈良・金沢・飛騨高山・川越・鎌倉。これらの観光地は文化財を資源として比較的うまく活用してきた土地と言えるでしょう。ではこれらの土地はどのように文化財を活用しているのか、その視点を交えながら観光資源として活用していく最低限な考え方のまとめを試みたいと思います。 文化財の価値 …

マニアに伝える。裾野を広げない観光資源マーケティング。

製品開発企画では直感が大切で…ということはかつて関わった用途開発の職場でよく言われましたが、正確には上昇傾向またはその兆しがあるローレベルのターゲット情報をいかに早くキャッチするのかということでした。現代ではTwitterという最強のリサーチツールが存在するので、データを探し回らずに済…

WP-OliveCart4PRO(1.1.2)をブロックエディター対応にする追記。

無料版を使っている方が多いので需要は少ないのかもしれませんが、記録として残しておきます。 WP-OliveCart4(無料)はブロックエディターに対応しているため、再利用ブロックが使えるのですが、 PRO版はブロックエディターに対応していないため、再利用ブロックが使えません。同じ記述内容(注意な…

この先Youtube動画だけじゃなく、オンライン観光・VR観光が増加するかもしれな…

新型コロナ禍中で目立ったものがオンライン○○。これほどまで一気にカメラを繋いだオンラインミーティングが増加したことはありません。Skypeが登場したときも話題にはなりましたが、こんなにみんなが一斉に使ったという記憶がありません。 (出典:「テレワーク下におけるWEB会議利用に関する日米調…