向山奈央子

ブックライター&出版企画コンサル。元女性向け生活情報紙編集長。ライフテーマは「心」「癒…

向山奈央子

ブックライター&出版企画コンサル。元女性向け生活情報紙編集長。ライフテーマは「心」「癒やし」「女性の人生」。感情ケアプログラム指導者コース修了。カフェ大好き。甘味大好き。#100文字エッセイを書いて遊んでます。

マガジン

  • #100文字エッセイでお会いしましょう

    100文字(ピッタリ)で、日々折々、雑感をつづります。#100文字エッセイのタグで、皆さんも書いてみませんか? お仲間welcome! ステキだなと思った作品はこのマガジンにぜひ追加させてください(←もちろんご意向に沿わなければお知らせくださいね)

  • 心の疲れをとるnote(うつ予防のヒントと体験談)

    「うつ」になったけれど、元自衛隊メンタル教官・下園壮太先生のカウンセリングに助けられ”最短”で脱することができた、私のセキララ体験談。なぜ人はうつになるのか? 心のトリセツを知りたい方、カウンセラーやカウンセリングにご興味のある方に、参考になったらうれしいです。

  • 感情ケア × トリトトラクタカード

    感情、心、癒やし、メンタルケアの”ちょこっと知識”を紹介。トリトトラクタカード1枚を引いては、それにちなんだテーマでアップしてみました。全部で52枚、トランプと同じ数になっています。

最近の記事

  • 固定された記事

人生のギアチェンジをしたら、心の旅が始まりました(栄作ではないよ)

2015年12月25日。 私は15年勤めた情報紙の新聞社を退社しました。 この日、冬空がどこまでも青く澄み渡っていたのを今でも思い出します。 でも、さわやかな空とは裏腹に、その時の私は心も体も重くて、うつろでした。 いわゆる「うつ状態」。 編集の仕事と子育ての両立を毎日毎日全力でこなしていたら、いつのまにかキャパオーバーに陥っていたのです。 今振り返ると、私は、ものすごくラッキーでした。 人生の大きな大きな「ギアチェンジ」が出来たから。 ここから、それまでとは全く違う世

    • ステキな約束しない? #100文字エッセイ

      「今年、七夕に星を観られなかったんだよね」 「え! じゃあ来年は一緒に星空を観に行くっていう、ステキな約束しない?」 「ステキな約束、する!」 道端で聞こえた女子たちの会話。 私までキラキラ、瞬いてしまった。

      • 神宮外苑の記憶 #100文字エッセイ

        子どもの頃、私にとって神宮外苑は、格好の遊び場の一つだった。 しかし子ども心にも、外苑は陰が濃いと感じていた。木立には、まるで“何者か”がいるような空気。 今は消えた、あの陰影。いったい何だったのだろう。

        • アボカドと私 #100文字エッセイ

          食べ終わったアボカドのタネを、近所の空き地にこっそり埋めてみたことがある。 すると芽が出て、みるみる伸び、2年を超えて成長。 実がなるかも?とドキドキしていたら、ある日整地されて、雑草もろとも消えていた。

        • 固定された記事

        人生のギアチェンジをしたら、心の旅が始まりました(栄作ではないよ)

        マガジン

        • #100文字エッセイでお会いしましょう
          109本
        • 心の疲れをとるnote(うつ予防のヒントと体験談)
          5本
        • 感情ケア × トリトトラクタカード
          52本

        記事

          仏像とおしゃべり #100文字エッセイ

          某寺で、優しいお顔の仏像が怒っているように見えて、ギョッとした。 私の心模様だったかもしれないが、こうも考えた。 もしあちらに伝えたいことがあるならば、喜怒哀楽こそが、いちばん強い共通言語になるよね、と。

          仏像とおしゃべり #100文字エッセイ

          読み終わらない本 #100文字エッセイ

          『身体は考える』(甲野善紀、方条遼雨共著)という本を、ほぼ毎晩開く。 お二人の知見に感嘆し、感銘を受け、真理を考える入り口に立ち…、気づくと眠っている。 行きつ戻りつ、8ヶ月以上も読み続けているのである。

          読み終わらない本 #100文字エッセイ

          なぜかはわからん! #100文字エッセイ

          病院の受付で、マスクを忘れた人がいた。 私は駆け寄って、 「1枚、あげましょうか?」 その人も受付の人も仰天。 「いえ、大丈夫です。こちらで買えるので…」 いや私が一番ビックリよ、なぜ自分はその行動に出たのか。

          なぜかはわからん! #100文字エッセイ

          100文字の楽しみ #100文字エッセイ

          100文字で、日々雑感をnoteにつづっている。 意外に書けるし、意外に書けない。 伝えたい言葉をつづり、捨て、選び切る。 100文字ぴったりにするのが、パズルのよう。 無心の遊びが、心のうるおいケアなのだ!

          100文字の楽しみ #100文字エッセイ

          オバサンと呼ばれて #100文字エッセイ

          庭園のバラを撮影していたら、ふいに声。 「〇〇ちゃん、このオバサンがどくまで、いい子で待とうね」 ふりむくと、プードルとオバサン。 私、今オバサンに、オバサンって言われた! 切れ味あっぱれ、ハイ、負けました。

          オバサンと呼ばれて #100文字エッセイ

          ジャスミンティーは眠りを誘わないpart2 #100文字エッセイ

          杏里の『オリビアを聴きながら』の歌詞の女性に、お茶の知識があったとしたら。 好きなジャスミンティーは日中のんでリフレッシュ。 良眠でメンタル安定、彼が愛したのは私の幻…などと発想することもなかった、かナ?

          ジャスミンティーは眠りを誘わないpart2 #100文字エッセイ

          ジャスミンティーは眠りを誘わない #100文字エッセイ

          ジャスミンティーはカフェインを含むので、眠りを誘わない。むしろ目がさえるほうに働く。 杏里の名曲『オリビアを聴きながら』に憧れた世代としては、驚愕の事実を知った。 夜明けの電話に、イラッとくるわけである。

          ジャスミンティーは眠りを誘わない #100文字エッセイ

          夢に祖母が出てきた #100文字エッセイ

          96歳で旅立った祖母が夢に出てきた。 スカーフを髪に巻いて、大きなイヤリング、顔はたぶん40代。 白い洋風の一軒家に住んでいて、ソファーがあり芝生の庭が見えている。 晴れわたって静か。 不思議な目覚めだった。

          夢に祖母が出てきた #100文字エッセイ

          半夏生(ハンゲショウ) #100文字エッセイ

          半夏生(ハンゲショウ)。 その植物の名を知ったのはいつだったか。 ひとひらだけ白い葉が、何かの余白のようであり、抜け落ちた記憶のようであり。 「ねぇ君たちは、どうしてその姿になった?」 しげしげ眺めてしまう。

          半夏生(ハンゲショウ) #100文字エッセイ

          ただ呆然 #100文字エッセイ

          ホットサンドメーカーがコンロに置きっぱなし。 夜寝る前に片付けようと思って持ち上げたら、キツネ色の、しかし冷たくなった食パンが挟まっていた。 今朝せっかく焼いたのに、おかずだけ食べて、忘れていたのである。

          ただ呆然 #100文字エッセイ

          痛みを知る人 #100文字エッセイ

          ありふれた、でも今の自分を乱している過去のトラウマ。 「私にも同じ傷があるよ」 と話す人に、今日出会った。 「その苦しさ、わかる。私も同じだから」 痛みを共有できることが、こんなにも心に力を授けてくれるとは。

          痛みを知る人 #100文字エッセイ

          地獄のクラシックコンサート #100文字エッセイ

          「あの指揮者、米津玄師っぽいよね」 友人の一言で、突然それは始まった。 絶対に笑ってはいけない地獄。 管弦楽の繊細な調べ。 息をひそめる観客。 私は口をおさえ腕をつねり、体の震えに耐えに耐えた。 死ぬかと思った。

          地獄のクラシックコンサート #100文字エッセイ