ここのね保護者の声

48
学校の外側の学びは保証してもらえませんか?

学校の外側の学びは保証してもらえませんか?

我が家の小6の娘と小3の息子は、車で片道40分かけて、ここのね自由な学校に通っています。 息子が4歳になったばかりの頃、自閉症という診断が出て、彼の良いところ、得意なことを伸ばしてやりたい私たち夫婦は、出来ないこと、苦手なことにばかり注目し、そこをなんとかしようとする、周りとの方向性に違和感を感じて、自分たちなりに、学び(教育)を考えるようになり、息子が年中の終わりには、オルタナティブスクールを視野に入れていました。 そして、娘が小4、息子が小学校入学してすぐ、二人とも、

スキ
11
子どもの不登校における社会的保証ついて

子どもの不登校における社会的保証ついて

今日はスタッフこうちゃんが大分県議会の議員さんに請願をしにいってくれるとのこと。なにか伝えたいことがあれば一緒に精一杯伝えてきます!とのことだったので、いまの境遇などについて改めて考えをまとめてみることにした。 義務教育とは国民が共通に身に付けるべき公教育の基礎的部分を、だれもが等しく享受し得るように制度的に保障するものである。とあります。 また、義務教育には,憲法の規定する個々の国民の教育を受ける権利を保障する観点から、個人の個性や能力を伸ばし,人格を高めるという側面があ

スキ
7
半径5mの会話

半径5mの会話

今日は、オルタナティブスクールでピザづくりの日。 なんとお呼ばれして小春日和の中ピザをいただいた。 手打ちうどん、てごねパン、手作りハム…こんな言葉、 【手】を介してつくられるものは、こんなにもあたたかい。 この雰囲気は間違いなく人が創り上げている。 ふと気づいたら、ここでの会話はこうだった。 ここにはいない、旦那さんはどんな人だ、の性格の話。 ここがテラスになったら素敵!という夢ある話。 行政との連携チャレンジという世の中の学びの話。 子どもがこうだったよ、という

スキ
7
ろうそくを吹く息は、2人とも力強かった。

ろうそくを吹く息は、2人とも力強かった。

4月からの、オルタナティブスクール通学できるかどうかの合格通知がきた。 大人からすれば、ホントは形だけ。 改まって、振り返りや思いを確認し合う場所。 子どもからすれば、合否のある、自分を表現する場所。 チャンスであり、ドキドキである。 面接は思った以上に兄は話した。 思った以上に妹は恥ずかしがった。 合格通知のメールが届く予定の夕方。 妹はそわそわ。 「合格じゃなかったら…」と。 兄は言う。 「俺はやった。心配ない。」 妹は、自分を出せなかったという経験。 こ

スキ
7
犬派か、猫派か。

犬派か、猫派か。

忠犬はいても、忠猫はいない。 どちらがいい、悪いはない。 もしかしたら公立校に行く子は犬派。 言ったことを忠実に守る。 うちの子たちは、猫派。 気分で追いかけ、気持ちで動く。 性格はあれど、猫に犬のできる事を強要はしない。 ふと、猫だと思えばストンと腑に落ちた。 今まで興味なかった猫の性格も気になり始めた。 そして娘はねこカフェでこのネコちゃんをとても気に入った。 動物に自分からはじめて興味を持った日。 個性は、そもそも種類がちがうところから気付くことかもしれな

スキ
5
スタッフのストーリーを聞いた日。

スタッフのストーリーを聞いた日。

こんばんは!今日は本当にお疲れさまでした。 毎日毎日言霊を発していて、それを今回は大人のたくさんいるところで、となるととても力がいったことだと思います。 今までのストーリーを聞けて、私は特に、行ってよかったなーと思いました^^ 個人的なことを言うと Sは「ももちゃんの言うこと、まじ同じやわ。」と。 理不尽が大嫌いな士道にとって大人がこういう気持ちだと3人ともを知れてより、身近に感じたのですはないかと思います。 Aは一番にTちゃんが来れなかったことにショックでもう説明会で

スキ
3
【初心にかえる】

【初心にかえる】

オルタナティブスクールに4月から入学のため、願書を。 web出願だけど入りたい理由を耳で聞かず、自分で書かせて、みた。 ほんとに、一生懸命伝えている気持ちが伝わる。 あ、。 手書きの文字って性格や思いがつたわる。 あ。。涙が出る。 そういえば。 できるようになったことがあたりまえになると忘れていた。 遡るけど お腹に命が宿ったこと。 無事にうまれたこと。 笑うようになったこと。 歩けるようになったこと。 喋るようになったこと。 絵がかけるようになったこと。 字が

スキ
4
料理は人を成長させる

料理は人を成長させる

ふたりが楽しみにしている水曜日。 オルタナティブスクールでクッキングが挙手制でやりたい人だけ参加できる。 しかし、今回は食べて帰らなかった。おもってたんとちがった。 「せっかくつくたから!」と、はみ出しそうになる言葉を抑え学校を後にする私。 帰って「ポンデリング作りたい!」と。 完成しなかった悔しさをバネに、兄妹で作り始める。 大人は、いると思わず手出ししてしまうから火の管理だけ。 そして、できた。 なんとまぁ、最高傑作。味も見た目も(繋がってないけど) 料理は人

スキ
4
縁という力

縁という力

オルタナティブスクールに出会って1ヶ月。 2週間(月火水)の体験で、兄が面接後合格。 更に2週間(月火水)の体験で、妹が面接し昨夜合格通知がきた。 【縁】という力、 不登校から1年、なにかのつながりやきっかけから今までに至っている。 今朝、思った。 不登校ということは学校復帰すると不登校じゃなくなる? あれ?最近休みなく オルタナティブスクールに通っているふたりは不登校? 私はなんて位置づけしていいかわからなくなっている。 在籍校でないところに登校している子どもたち

スキ
5
気持ちを伝えるって、つながる一歩前だ

気持ちを伝えるって、つながる一歩前だ

オルタナティブスクールへ、往復2時間。 この不便から、酔いやすい妹は、体験前から不安を感じていた。 けれど、この酔わないメガネのおかげか気持ちの問題か。 酔わない子になってきた。慣れるとはこういうことか。 妹は今日で体験ラスト。 昨日は男の子とトラブルになり大泣き。 うちの子がソファーで跳ねているのを後から来た子が気に入らず それがこちらに伝わらずいじわるになり叩かれたらしい。 今までならそんなトラブルもなかったことにしようとしていた。 伝えるのが苦手なのは、わたしも

スキ
5