見出し画像

足爪トラブルと心の闇 その7

健美食の専門家KOTOMIです。
足のお悩み解決専門サロンをしており
年間で2000人ほどの足を視させて頂いおりてます。

足爪トラブルと心の闇の最終章です。

前回のその6で成功者の足はキレイな理由や足爪の改善にはその方の人生を知ることが大切と話させて頂きました。

その方の人生を知ること?

実は、足のケアに必要な生活習慣の改善と言っても、育ってきた環境や考え方、心の病気を持っているか?も足爪の改善には深い関係があると視ています。独自の足マーケティングでは、外的要因以外での肥厚爪の改善には、心のケアが必要です。定期的に肥厚爪のケアをしにご来店されてる方の15%はそんな心のケアが必要な方々ですね。私が引き寄せるのか?仕事以外でも躁・鬱病やパニック障害、アスペルガー症候群などの人が関わる人間の中に多いです。

ちょっと余談ですが、そんな人たちを引き寄せる私は、神様が与えた天職が今の仕事の1つ『セラピスト』かと思ってます。ただ単に前向きというか鈍感力があるんでしょうね。(どう?下記参照 この写真、鈍感力前向き感満載)

でも、私も最初から天真爛漫な感じではなく、これは訓練でこうなりました。人前で話すこともできず、すぐにくよくよする、大勢の中に行くのは苦手と思っていた学生時代でした。しかし、就職氷河期であった時期に内定が思うように取れず、最終的には開き直り、自分とは真逆人間としての仕事を選ぼう!と営業職を受けてから人生が変わりだしました。新入社員の営業の同期は血液型がほとんどB型でした。ちなみに私はA型です。血液型でキャラクターを決めるわけでないですが、同期のみんなは「何とかなるでしょ。」「そんなの適当でいいよ。まじめにやっても大差ない。」など私には考えられないアバウトさで仕事をこなしていました。でも、いつしか私もそれに順応し、心身ともに楽になったことを覚えています。なにせ、中学生の頃から胃痛でよく病院に行きバリウムをのむ人生でした。営業の仕事ができるようになり、人付き合いや物事のとらえ方が変わりました。今でも、根本は変わらないので根暗ではあると思います。ですので、そんな人たちの気持ちもすごくわかるので共感もできるし、長年の営業で培った傾聴もできることが今の私に役立っております。

さて、長い余談になりました。心のケアが必要な方の肥厚爪の施術の話です。もちろん施術をしますが、私が施術に対して本腰を入れるのは、その方がちゃんと通えるようになり、目を見て話ができるようになってからです。だいたい、肥厚爪のケアは月1回のペースでご来店し、改善がみられるとと、ケアの間隔が長くなってくるのが基本です。その、月1回の予約時間を守ってご来店されるということが第一の関門です。先ほどから普通の心の持ち主の方は「そんなこと?」と思うかもしれませんね。でも、心のケアが必要な方は、予約時間直前のキャンセルや連絡がつかない、時間に遅れる、遅れることの連絡ができない方が多いです。社会人としては常識なことができてないので普通でしたら腹ただしいことです。しかし、私は初来店でのそのお客様の振る舞いや話し方などをカウンセリングしながら視て、肥厚爪のケアスケジュールを決めていきます。こちらの心構えとしては、相手に期待をしないことですね。心のケアが必要な方は、相手の表情や声に敏感です。私も常識で考えたら、時間を守らないなどイライラすることがたくさんある相手です。でも、最初から期待をしないで接することでイライラせずによく言えば仏様のように接します。そうすることで相手が心を開きやすく、心の闇を開示してくれることでケアがしやすくなります。お客様が、ご自身の心の闇の話をどんどんしてくれるようになるとケアにも積極的にいらっしゃいます。お客様自身は、自然にご来店されてるとお思いでしょう。しかし、本当は「私をわかってくれる人を見つけた」ことが心の中に芽生えたことで、足が当店に向いてると思います。心の闇を開示してくれることで、ケアがしやすくなることは、とてもいいことです。でも、施術者が覚悟をしておかなければいけないことがあります。そんなお客様は、施術者にどんどん体重を預けてくるのです。それを施術者は、いつでも受け止めれる健全な心でいるコトが必要となります。本当のプロとしての心構えは、そんなお客様に同化したり、のまれずにケアをできることと思ってます。

事実は小説よりも奇なり。

例をあげると、施術時間の30分間ずーっと「死にたい。死にたい」を毎回言う、お客様もいます。冗談を言っていいのかどいうかを見極めながら、笑顔で「〇〇さん『死にたい』て言い続けて早5年。だから来月も待ってるね。頑張らなくてもいい工夫の仕方は、私ね、たくさん知ってるからまた話しましょう。」こんな感じです。ただ、3か月くらい連絡がなかった時は、さずがに焦りました。その後、連絡が来て、鬱が酷くて入院していたことを聞き胸をなでおろしたことを覚えています。お客様の心に変化が出てくれば改善が見込めます。足爪のケアが目的でご来店されますが、足爪を通し、本当は心が回復をすればカラダも回復することになります。それって、免疫力が上がることですよね。笑顔になり、自分を大切にできる環境になることが足爪トラブル改善の最大のカギです。(下記参照 肥厚爪のケア症例)

https://twitter.com/TK975HPd16Sk6TK/status/1188363148648050688/photo/1

心の闇の話は、普通に視える方でも少なからず持っていると思います。

それを心の闇と思うかどうかはその人の感じ方次第です。

忘れるな、シンバー自分が何者なのか

大好きなライオンキングの名言です。自分が何者かがわからからなくなると、外的要因がなくても足爪に現れてきますよ。そんな変化を毎日視ている話でした。

美容以外にも食に対しても貪欲です!
Instagramものぞいてみて下さい。
https://www.instagram.com/invites/contact/?i=xlbg9exph3yk&utm_content=wwxiap
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

フットケアはまだ日本では確立されてない業界です。たくさんの方に情報を共有してもらうために啓蒙活動に役立てていきます。

光栄です♥
8
健康美容業界で20年間コンサル営業をする。 オリジナル販売ツールを作成し提案が💮。常に営業成績はトップクラスを維持。 2014年に起業。ニッチな足ケア市場に参入。年間2000人以上の足をケア継続中。兼WEBライターとしては『離脱率の低い』LPを手掛る。1日3食を大切に生きる。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。