もう一度ここから始めよう

494

【友達が自分にはいたということ。15年かけてそのことに気付く #restartストーリー 28】

「これが友達との会話なんかな」

この9月、結構、友達と深い会話をしていました。

ここ10年ほど色んな人と「生きる」ということから「仕事」なども含めて本音の話をしてきました。
お酒を飲まなくてもカフェで深い話ができる日々も好きだし、本気で人生のことを話せる人は片手だけでなく両手でも数えきれないぐらいにいます。
ただ、それを友達とは思っていませんでした。

どちらが上位とかそんな話ではありません。

もっとみる

【もう一度動き始めたい時のちょっとしたコツ それは「気づき」と「受け取り」の連鎖がお互いに生まれることがきっかけとなるかもしれません】

「その名札に書いてある国はアメリカと日本ともう1ヶ国はどこですか?」
「インドネシアです」
「そうなんですね」
「実はインドネシアで生まれたので、インドネシア語が話せるんです」
「なるほど、それは貴重でこのホテルの戦力になるんじゃないですか」
「戦力になれればいいですけれど、まだ入ったばかりで・・・」

昨夜、ホテルにチェックインしたタイミングでのフロントの方とのやり取りです。

駅の案内所やデパ

もっとみる

【もう一度動き始めたい時に、一つやってみるだけで変われるかもしれないこと。‐大きく手足を伸ばす。背伸びをしてみる‐】

「大きく手足を伸ばして」
「こうですか?」
「そうそう。ちょっと気持ちが変わった?」
「どうだろう?」
「違う動きをしてみると、さっきまでの気持ちと変わるかもしれないよ。ものは試しで」
「はい」

そういうやり取りをしていたことを思い出しました。

4年ちょっと前の話ですね。
「こうですか?」
「どうだろう?」
「はい」
が僕の部分です。

心身ともに動きがあまりスムーズでないと身体もまた固くなり

もっとみる

【誰かに「今」を話をすることすらあきらめていた時代のこと。本当に話せない時は話せないと思う#restartストーリー 27】

「言えない時は言えない」
「言葉に出ない」

あきらめではなくて、自分ではないことに対してこれ以上の話は中々しづらいです。

それぐらい「個」というのものは尊い存在だと思っています。

話せない時期のこと。

最初は13・14歳ぐらいから20歳ころ。

その後も大学・大学院・仕事をしても何度か3ヶ月から半年ぐらい誰とも話をしたくない時期がありました。

10代の頃は学校へ行っていないことへの後ろめ

もっとみる

【もう一度動き始めたい時に、一歩目を踏み出すコツ。丁寧さが一つのキーワード‐】

ク)「やってみました。まず、電話で問合せをしてみました」

横)「そうなんですね」

ク)「早速、説明でお家へ来てもらえることになりました」

横)「動きが出てきましたね」

・・・

やろうかどうか悩んでいた方が「問い合わせ」をするまでのプロセスがセッションの中であってこのやりとりがありました。

もう数ヶ月前の話なので、この問い合わせをされたことは今でも続けられています。

《やりたいことをど

もっとみる

【Re start セッションとは? -まずはこれまでの日々のアウトプットから聞かせていただきます‐】

「Re startって何?」とよく聞かれますが、端的に再スタートという意味です。

「これから頑張る人のためのものですか?」と言われるとまさにそうですね。

さらに付け加えるとがんばるも含めて、これまでの人生をまずは振り返って、これからの未来を想像していきたい方のサポートにもなります。

そこで大切なポイントの一つが「アウトプット」です。

《アウトプットとは?》

これから動き出すということで、

もっとみる

【Re start セッションとは? -過去のこれまでを振り返ることで、あらためて受け取りなおす時間と未来に向けての自分の糧を知る‐】

「Re start する」
「再スタートする」

言葉だけなく、心とともに動かしていけることが望ましいと思っています。

それは頭でっかちになって、頭ではアクセルを踏んでいても心がブレーキとなることは結構あることです。

それは現状を変えるということにもつながりますし、新たなこれまでにない違う体験をされるということにもなってくるからです。

それでは今の気持ちだけでなく、これまでの思いで振り返って

もっとみる

【Re start セッションとは? -好きなものから深まること(Aさんとの会話から)-】

「オセロが好きなんです」
「ここ最近、オセロにはまっているんです」

お話を聞かせていただいた時にAさんが笑顔いっぱいに話をされました。

ほんの少し前までの口調や出てくるエネルギーが一変するぐらいに感じたあたたかな感覚。

横山)「そうなんですね」

   「どんなところが好きなんですか?」

Aさん)「最初の10手ぐらいでほぼ決まるのですが奥が深いんです」
   「白と黒をひっくり返すだけの世

もっとみる

【お客様からの感想-先日、お話を聞かせていただいた方からの声】

1.横山がお話を聞かせていただいて、率直な感想はどうでしたか

とても話しやすかったです。
事前の打ち合わせもしっかりしてくださるので話したいことを知ってくださってるから漏れがないように思います。
なので、終わったときスッキリしてました。
また、よこやんとは心安くさせてもらっているので、とくに話しやすいというのもあったかも知れません。
なんでも話せる人なので気持ちよく話せました。
聴き方がこちらの

もっとみる

【Re start セッションとは-現状、今、何ができていて何ができていないのかを把握できる-】

動きを出そうとしていたり、新しいことにチャレンジしようとやり始めた時、中々、自分自身の中で腑に落ちないことや慣れないことがあるかもしれません。

新しいチャレンジを登山に置き換えてみましょう。

「ここは1合目」
「ここは2合目」

とわかって登っている時はいいかもしれませんが急に違うルートへチャレンジしたり、もくもくと目の前にある道をただ進んでいる中で、今、どの位置にいるのかがわからなくなったと

もっとみる