見出し画像

胸が大きい方への24hブラ開発について

こんにちは、24hブラのプロデューサーこじみくです。
今日は先月から発信していた胸が大きい方へ向けた24hブラの開発についてお話しします。
(本当はツイッターで伝えたかったのですが、長くなりそうだったのでnoteでしっかりと書かせて頂きます。)

始まりはお客様の声

ありがたいことに今24hブラはかつてない販売スピードでご購入頂き、多くのお客様から感謝の声を頂いています。
その中で「私に合うサイズがなかった」「Fカップ以上のサイズを作ってほしい」というメッセージを頂くことが多くなりました。

お客様の声にはできる限り全力で応えたいのがこじみくの性分。
胸が大きい方へ向けた24hブラの開発に動き出すことにした。

24hブラだからできること

そもそも24hブラは私がシステムエンジニアの仕事をしている時に、ワイヤーブラのストレスに悩み、誕生した商品だ。
ワイヤーの食い込みや締めつけ、それによって悪化する肩こりをなんとかしたくて今の24hブラが生まれた。

今回の胸が大きい方向けの展開を考えた時に、「胸が大きい方こそブラのストレスに悩んでいるのではないか」と改めて気づかされた。
胸が大きい方はその分胸を支える力が必要で、より体に圧力がかかりやすくなる。さらに胸の重みから肩こりで悩んでいる人も多く、ワイヤーブラで胸を大きく見せたくないという人もいることから24hブラとの相性がかなりいいのではないかと考えた。

まずはアンケートを実施

プロジェクトの始めとして、アンケートを行なった。
ここで改めて感謝したいのだが、なんと200名以上の方がアンケートにご協力頂いた。(ご協力頂いたみなさま、本当にありがとうございました)

実際にアンケート結果を見て、胸の大きい方の多くが24hブラを待ち望んでくれていることがわかった。
中には激励のメッセージを書いてくださった方もいて、心から早く商品を届けたいと思った。

市場の諦めと野心

アンケートを読みながら、なぜ今まで胸が大きい方向けのブラジャーはこれほどまでに顧客を満足させて来なかったのだろうと考えた。

・胸が大きい方は女性の全体数として少ないのでニッチになってくる
・SKUの在庫は極力増やしたくない
・使う生地を多いから原価が高くなる
・他のサイズと違う部材を使う必要があり、調達が難しい

ざっと考えてもこれだけ企業側が「作りたくない」理由が想像できる。
そうして胸が大きい方に向けた商品自体が少なくなり、細かいニーズまでは拾えなくなってきているんだと感じた。(あくまで私の主観ですが)

もし大手メーカーが本当にこういう理由でできないことがあるとしたら、私はお客様の声に寄り添ってサイズを増やしたいと強く思った。

アンケートの向こう側にあの日と私と同じようにブラジャーで悩んでいる人がいる。その事実だけで作らない理由はなかった。

甘かった現実とお詫び

アンケート結果を元にデザイナーと、どういう商品を作っていったらいいか企画会議を始めた。そこで私の心境に大きな変化があった。

24hブラは構想から2年以上の月日を経て開発した商品だ。
デザイナーとまさに二人三脚で、サンプルを作っては改良し、何度もモニターを重ねて作り上げた。
商品について納得がいかないところがあれば、それまでのサンプルを全て白紙にし、また一から試行錯誤を繰り返す。
ブラジャーというのは奥が深く、一部分変えると、また違う部分にズレが生じ、常に調整を続けなくてはいけない。

挑戦や野心なんて気持ちはとうに越えた、執着心で作り上げたブラジャーだと言っても過言ではない。

そんな開発の日々を思い出し、今回のプロジェクトに大きな不安を覚えた。

「おそらく今の24hブラの概念は捨てて、ゼロから構想を練ることになる」

売るからには世の中に自信を持って販売できる商品が作りたい。
届けるにはお客様に感動してもらえる商品を作りたい。

そう思った時、今の私には100%の思いでプロジェクトに向き合えないと感じた。

通常サイズの24hブラを売るにも、手探りでWebマーケを試しながら進めている今の状況を考えると、失敗するとブランドの存続自体が危ぶまれる。
その覚悟を持ってプロジェクトに挑戦できないというのが今の答えだ。

胸が大きい方へ向けた24hブラのプロジェクトを応援して頂いたみなさま、
アンケートにお答え頂いたみなさま、商品を心待ちにして頂いたみなさま、ブランドのホームページにまで温かいメッセージを頂いたみなさま
このような決断になりまして、誠に申し訳ありません。

「待ちに待った24hブラが、着心地に満足いかない。やっぱりか。やっぱり私に合うブラはないのか」

大切な大切なお客様を、そんな気持ちにだけはさせたくないという私のわがままが出した答えです。

これから

先ほど書かせて頂いた通り、今すぐの開発プロジェクトは難しいのですが長期的に開発を進めるということでデザイナーと話し合っています。

・ターゲットリサーチ
・商品企画
・サンプル作成
・モニター
・部材調達

などなど

すぐには進めるのは難しいですが、販売と平行して少しずつ進めることはできるのでブランド運営と無理がない範囲でプロジェクトを始動していきます。

販売開始が半年後か、一年後か、はたまた二年後になるのか

まだお伝えはできないのですが、私の心に商品を待って頂いてるみなさまの声と想いはちゃんと残っています。
そして、いつか商品をお届けできる日を心から楽しみにしています。

(↓ 商品ができたらここから販売します!)

 最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
これからも24hブラとこじみくをどうぞよろしくお願いします。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

26
ランジェリーブランドBELLE MACARON代表。 2018年11月にオリジナルランジェリー24hブラを発表。 SNSを中心に人気を集め、最高日商300万円以上の売上を記録。 立教大学法学部卒。新卒でNTTグループに入社後、2016年に起業し株式会社ashlynを設立
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。