松尾弘寿/ブリューパブ経営

2016年4月23日、大阪市中央区にてブリューパブテタールヴァレをオープン。ブリューパ…

松尾弘寿/ブリューパブ経営

2016年4月23日、大阪市中央区にてブリューパブテタールヴァレをオープン。ブリューパブを通じて日本に新しい価値を創造するべく、ブリューパブスタンダード株式会社を設立しました。クラフトビール啓蒙のため、一般社団法人ALFHAに理事としても参画。クラフトビールをもっと身近に気楽に。

マガジン

最近の記事

  • 固定された記事

クラフトビール醸造所の立ち上げをコンサルに依頼する前に知っておいてほしい5つのこと

いつの間にか暖かい日が続くようになってきました。 こういう時に油断して風邪をひく季節なんですが今はちょっと発熱するだけでえらい目にあうので気を付けないといけません。 皆さんご自愛くださいませ。 最近、クラフトビール醸造所の立ち上げサポート事業をさせてもらってますが、新規のお問い合わせも多く頂いてます。補助金があるというのもありますが事業者が増えていくのは私は歓迎です。 コンサルに依頼する前に知っておいてほしい5つのこと 色んなパターンのご相談があるのですが、いわゆるコン

有料
300
    • ビール製造は装置産業 設備の選択でビジネスがだいたい決まる

      危うく2月のnoteを書き損ねるところでした。 1月に3回書いたから油断してたんですが、noteの通知で催促されて気付きますw さて、最近は自社の店舗やビール製造はスタッフに任せきりにしてしまって、他社さんの事業のサポートばかりしております。 今年もまだ新規立ち上げのお手伝いをさせてもらえそうなのですが、 10回のブルワリー立ち上げを経験してもまだまだ奥が深いビジネスです。 まず立ち上げの最初に、 どうやって売るのかという事業計画や目論見を考えるわけですが、 その次に考え

      • 私がブルワリーの立ち上げサポートをしている理由とブームの終わりの始まり

        大阪マラソンに向けて走り込みする人が増えてきました。 1月もあっという間に終わりですねー。 一瞬寒い日があるけど今年はおおむね暖冬? 今日は自分の思考の整理も兼ねてますが、有料記事にします。 ブルワリーの立ち上げサポート事業を始めて4年くらいになりますが、なぜ私がそんなことをしているのかについて書きたいと思います。 こちらの記事も、弊社に問い合わせする前にぜひ読んでおいて頂けると嬉しいです。

        有料
        300
        • 土と内臓 微生物が作るのはビールだけじゃない

          今年はアウトプットもっとしていきたいなーと思いながら、一度下ろしてしまった腰はなかなか上げられないもの。 とは言いつつもインプットすればアウトプットもまたしたくなるもので、重たいながらも腰を上げて頑張っていきたいと思います。 岡崎さんのボイシーとか聞いてるとまぁまぁやる気出ますw 都市経営プロスクールで課題図書とレポートにしばらく追われていた間、ずっとAmazonのあとで買うに積読されていた本をご紹介。 D・モントゴメリー著書「土シリーズ」3部作の2部。 ちょっと古い本で

        • 固定された記事

        クラフトビール醸造所の立ち上げをコンサルに依頼する前に…

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • ブリューパブへようこそ!
          松尾弘寿/ブリューパブ経営
        • ブリューパブ読書録
          松尾弘寿/ブリューパブ経営

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          2024年始まりました 次の時代を見据えて

          あっという間に2023年が終わっていきました。 何とほんとにあっという間やったなと。 ちょっと2023年振り返りしようと思ったんですが、なんかあんまり思い出せずw 去年は年始はまだ都市経営プロスクールの課題図書やレポートに終わていて、修了式に向けて追い込まれてのスタートでした。 その反動か、その後ほとんどインプットが滞るという事態にw 今年こそはまた動き出そうと思います。 ブルワリーのサポート事業では、 船場ビールさんのサポートから始まり、良い頃合いでしんちゃん阿倍野醸造

          2024年始まりました 次の時代を見据えて

          AIに何を問えばいいのかが分からない人々にクラフトビールは何ができるか

          12月に入ってしまいました。 今年はなんと毎月1回は記事書いてるんですよ! と思って振り返ったら1月書いてないww 年始早々からあかんかったんかい、と思ってがっかりしてますw まぁプロスクール追い込み時期だったんで、、と言い訳してみたり。 スクールが終わってからやっぱりインプットの量減ったなぁと思いつつ、ちょいちょい本を読んでいます。 たまたまというかイベントの合間の暇な時間に久々に蔦屋書店をうろうろしてジャケ買いしたのであんまり期待してなかったんですが、期待の3倍はよかった

          AIに何を問えばいいのかが分からない人々にクラフトビールは何ができるか

          クラフトビールを卒論のテーマにしてくれる大学生たち

          大阪酒万博から1カ月が経ち、ボチボチのんびりしようかな、と思ってたんですが、これがなかなか来年以降のお仕事の話を頂いたりして全然のんびりできてません。笑 ありがたいことですが。 さて、ここ数年なんですが、大学生が卒論のためにブルワリーにインタビューしてくれることが多いです。 世の中若者のビール離れなんて言われてるなかででも、卒論のテーマにしちゃうくらいクラフトビールに興味関心のある大学生がいるなんて、嬉しいじゃないですか。 そういえば今弊社で働いてくれているスタッフも大学生

          クラフトビールを卒論のテーマにしてくれる大学生たち

          大阪酒万博2023in扇町公園 無事に終わりまして

          さて皆様先日は大阪酒万博にご協力ご来場頂き誠にありがとうございました。 おかげ様で無事に?開催にこぎつけ、無事に閉会することができました。 関係者各位にはこの場をお借りして改めてお礼申し上げます。 色々反省はあります。 開催時期が絶妙だったこと 日本酒、ワインの酒造期真っ只中での開催ということで、各協会に協力のご負担をかけてしまったこと。 これは前回も同様でしたが、人的リソースが不足する時期にするのはやはり大変。 その影響もあって、1日開催となってしまったことも少し勿体

          大阪酒万博2023in扇町公園 無事に終わりまして

          大阪酒万博2023 in 扇町公園 開催!

          やるぞ!イベント 「大阪酒万博2023 in 扇町公園」 去年は大型の補助金がついて、西成のYOLOBASEで開催されたイベントなんですが、去年は私は自分がVRビール工場見学イベントをやっていてほとんどお手伝いできなかったんですね。主催は大阪ブルワーズ協会、代表で上方麦酒さんがやってくれておりました。 今年は補助金なくなったんですが、やらなあかんなぁと思っていたところに扇町公園で開催できるかも、っていうお話を頂いて。 堂山、中崎町、天満天神あたりで十数年働いてるので、扇町

          大阪酒万博2023 in 扇町公園 開催!

          ビール職人になって10年 40歳になりまして

          9月もあっという間に過ぎ去っていきます。 実は8月に40歳の誕生日を迎えました。 30歳を迎えた時のブログ記事も実はあったりして笑 ブログとかnoteとかって 実は自分のキャリアとか その時期の気持ちとか思考の振り返りになってるなって改めて思いますね。 前職のタリーズを辞めてから、 ちょうど寿酒造に勤め始めたころで、 まだまだ右も左もわからない状態で いろんなことをやらせてもらっている時期でした。 それまで飲食サービス業しかやったことなくて、 製造業の面白さや大変さに触

          ビール職人になって10年 40歳になりまして

          クラフトビールビジネスはOEMから始めよう

          今日はちょっと暑さが和らいでる気がします。 毎日暑い。ビールがうまい。 関東にちょっと行ってまして、 展示会のセミナーにゲストスピーカー的な感じで登壇してきました。 「事例から学ぶ、ゼロからはじめるクラフトビール」 というタイトルで、 クラフトビールの設備を手掛けてらっしゃる株式会社一ノ瀬の一瀬社長のもと90分のセミナー。 ビッグサイト、国際展示場の国際発酵醸造食品産業展のセミナー会場の小ブースで60名の事前申し込みで満員御礼でした。 セミナー満員御礼 関心の高さは感じ

          クラフトビールビジネスはOEMから始めよう

          グッド・ライフとクラフトビールの幸せな関係

          毎日暑すぎて嫌になる上に、地味にコロナも邪魔してきてます。 異常気象も多いし、知人が災害に見舞われる確率も年々上がってるような気が、、、 気候変動は止められないかもしれないが、出来ることがあるなら今のうちにやらんとと強く思うようになりました。だって暑すぎるもの。 気付けば7月も終わりで、noteのシステムから今月書けば6カ月連続投稿ですよーがんばってー的な通知が来たので慌てて書いてますw 最近インプットもアウトプットもさぼり気味。気合入れなおさねば。 というわけで読みまし

          グッド・ライフとクラフトビールの幸せな関係

          クラフトビールの定義について話すことにちょっと飽きてきた

          あっという間に6月が終わっていくんですね。毎月言ってます。なんかもっと色々やらないといかんことがある気がするんですが、微妙に進んだり進まなかったりしております。 さて、昨日、某ナショナルビールメーカーの方々とお話しする機会があったのでそれについてメモ程度に書きたいと思います。 「クラフト」がもうカッコ笑いに 大手ビールメーカーも今は「クラフトビール」という名前で商品投入してきていて、「クラフトビールの定義ってなんやっけ?」みたいな話にたびたびなるんですが、そろそろちょっ

          クラフトビールの定義について話すことにちょっと飽きてきた

          クラフトビールフェス、イベントの意義とは

          6月になりました。 3号店の屋外店舗で立飲みしてたら予想外の水難でびしゃびしゃになりました。お客様でなくてよかったw さて、先日は大阪南港にて関西最大級のクラフトビールイベント、クラフトビアライブにて出店させてもらってきました。 コロナ前までは難波リバープレイスにて開催されていた長く続いているイベントです。関西一円のブルワリー全部に出店依頼をされるイベントで、今年はなんとブリュワリー56社が出展。難波でやってたときはしばらく20社前後だったイベントでしたが、ブームで事業者が

          クラフトビールフェス、イベントの意義とは

          燃え尽きるのが先か、燃え広がるのが先か

          前回ポストから色々トピックスが多くて、何から書いたらいいのかという感じなんですが、1カ月の間に色々とありまして。 1号店ブリューパブテタールヴァレの7周年があり8年目に突入。他店の周年シーズンやら、自社の飲み会やらでバタバタと。 GW前半は、ブリューパブの立ち上げサポートで新規免許がおりたので、一気に3バッチ仕込み。 GW後半はイベントで京都初出店。ゆるラン部の遠征も来てくれて盛り上がりました。 バイオマスボイラーのメーカーさんが堺にあったので、そちらを見学させてもらったりし

          燃え尽きるのが先か、燃え広がるのが先か

          カーボンニュートラルブルワリーの未来

          あっという間に桜が散り、もう今週末は1号店の7周年。今年もどんどん消化されていきます。 さて、カーボンニュートラルなブルワリー経営を目指すために、 とりあえずビール製造のカーボンフットプリントについて調べてみた。 「ビール カーボンフットプリント」でググって出てくる情報って、 ずいぶん前にサッポロがやった黒ラベル缶の資料しかない。 https://lca-forum.org/topics/pdf/news/49.pdf これによると、黒ラベル缶1缶あたりのCo2排出量は

          有料
          300

          カーボンニュートラルブルワリーの未来