松尾 弘寿/ブリューパブ経営

2016年4月23日、大阪市中央区にてブリューパブテタールヴァレをオープン。ブリューパブを通じて日本に新しい価値を創造するべく、ブリューパブスタンダード株式会社を設立しました。クラフトビール啓蒙のため、一般社団法人ALFHAに理事としても参画。クラフトビールをもっと身近に気楽に。

松尾 弘寿/ブリューパブ経営

2016年4月23日、大阪市中央区にてブリューパブテタールヴァレをオープン。ブリューパブを通じて日本に新しい価値を創造するべく、ブリューパブスタンダード株式会社を設立しました。クラフトビール啓蒙のため、一般社団法人ALFHAに理事としても参画。クラフトビールをもっと身近に気楽に。

    マガジン

    最近の記事

    固定された記事

    ブリューパブ起業ブログ by note【2016年8月24日】

    2016年4月23日、ようやく飲食店の開業ができました。 目標にしていたブリューパブで。 2016年8月1日、発泡酒醸造免許を取得し、 本格的にブリューパブとしてスタート。 すでに3バッチを仕込んで、ビールを作っています。 今日は33歳の誕生日。 去年の8月は、物件を探し始め、 色んな人と出会い、 ビールの勉強をし、 自分のビジネスモデルが本当に成り立つのか毎日考えて、 いくら資金が必要で、 いくら売上があれば利益が出るのか、 考えて考えて仮説を立てて

    スキ
    7
      • 公民連携第一歩!くずはモール七夕クラフトビールまつり開催しました!

        2022年7月23日、24日の二日間、京阪樟葉駅の駅前広場でクラフトビールイベントを開催しました! 天気もよくアツイアツイ二日間、ご来場のお客様、出店下さった関係者各位お疲れ様でしたー! こんな内容でイベントを開催。 京阪くずはモール主催、枚方市協力という形で、 弊社はクラフトビール出店者の誘致代行という役割で関わらせて頂きました。 大阪府下のクラフトビール事業者8社がブース出店。 枚方エリアの地元参加として、 ・HOTANO&KATANO CRAFTBEER ・BeerH

        スキ
        11
        • 「V字回復の経営」を読んで色々思い出す

          毎月1回くらいはnote書こうと思ってましたが気付けば5月があっという間に終わり、6月も終わろうとしている。 3月でコロナの制限が解除されて、4月はやっと通常営業と思った矢先にイレギュラーがいくつかあり、5月はその火消しに追われていまだ足元ぬかるんではいますが、まぁなんとかなるでしょう。 6月に入ってとあるスクールのオンライン学習が始まりました。 久々に頭使って何かを学ぼうとしております。 課題図書もたくさん出てるので、課題提出のついでにnoteにもアップしていきたいと思い

          スキ
          3
          • ビール醸造家になるために必要な時間は思ってるよりずいぶん長い

            4月になってあっという間に桜が散って、今年も時間が経つのはえーって思ってるうちにGWも終わっちゃうんですよね。 社会人20年目でも毎年ほとんど同じです。 コロナで色々身動きできなかった案件が一気に動き出してあっちゃこっちゃしてます。 店舗の営業もそうですが、水面下で進んでたらしいイベント関連が急に告知開催されたり物件や出店の話が出てきたり。 年度が替わっていろいろと補助金申請があったり免許関連の更新や書類提出があったり税務署の税務調査が動き出したり。会社としても人財の出入り

            スキ
            5

          マガジン

          マガジンをすべて見る

          記事

          記事をすべて見る
            • 若者にクラフトビールを飲ませたいおじさん集まれ

              やっとこマンボー明けてさぁこっからどうなることやら。 想定内ですが、すぐに忙しくなるってこともなく、まったりとした営業が続いてます。 3月4月は弊社の店舗の周年イベントが多く、先週は天6アタック!が1周年。今週末はセンターポイントが4周年。来月はテタールヴァレが6周年を迎えます。 お客様にたくさん祝って頂けてありがたい限り。人の入れ替わりもあり、チームもリビルドしてお店の魅力もリフレッシュ予定です。引き続きご贔屓くださいませ。 最近ちょっと考えてるネタがいくつかあるんですが

              スキ
              2
              • クラフトビール醸造所の立ち上げをコンサルに依頼する前に知っておいてほしい5つのこと

                いつの間にか暖かい日が続くようになってきました。 こういう時に油断して風邪をひく季節なんですが今はちょっと発熱するだけでえらい目にあうので気を付けないといけません。 皆さんご自愛くださいませ。 最近、クラフトビール醸造所の立ち上げサポート事業をさせてもらってますが、新規のお問い合わせも多く頂いてます。補助金があるというのもありますが事業者が増えていくのは私は歓迎です。 コンサルに依頼する前に知っておいてほしい5つのこと 色んなパターンのご相談があるのですが、いわゆるコン

                スキ
                6
                有料
                100
                • シン・ニホンを読んで電脳戦を妄想する

                  絶賛コロナ中。積読を消化しようと思っております。 そんな中で、今更?感のあるこの本。 メモ多めなので、目次で読み飛ばしてもらってもOKです。 シン・ニホンを読んで納得メモあまりにも売れてる、話題になったところで手を付けてなかったんですが、個人的には今読んでよかったかなと。 内容は読んでる人も多いと思うので、納得メモしたとこだけ。 未来(商品・サービス)=課題(夢)×技術(Tech)×デザイン(Art) これからの価値創造の図式。技術だけではだめ。 日本人は働きすぎ、労働

                  スキ
                  10
                  • 2022年 ブリューパブが加速する これからの予測

                    正確に言うと、より加速させたい、という感じです。 今日は初めて有料記事にしてみます。 弊社はブリューパブスタンダード株式会社という社名なんですが、社名に込めた想いと、今からブリューパブやクラフトビールでビジネスを興そうと思っている人にとって少しでも知ってもらいたいことをまとめたいと思います。 日本のクラフトビールはブリューパブでもっと盛り上がる クラフトビールでビジネスしようと思うといくつかの業種があります。

                    スキ
                    6
                    有料
                    100
                    • 2021年の締めくくりに

                      もうあっという間に年末。今年のクリスマスはゆるラン&忘年会。 ちょうど一年前は、天6アタックの開店に向けて準備を進めていたころ。地鎮祭のために山まで笹狩りに行ってました。そこから考えるとこの一年でできたことは多くない。去年も同じようなこと言ってるんですけどね。 ブリュワリーの立ち上げサポートを今年は3件できました。これはコロナの中で大変ありがたい仕事で、経験的にも技術的にも経営的にも大変学びの多い事業でした。 ほぼほぼ店舗営業がまともにできてない中で、物販やOEMの受注を

                      スキ
                      5
                      • ビールを民主化する 闘う相手は誰か?

                        「ビール 民主化」でググるとけっこう色んな人が同じようなこと言ってるんですよね。 クラフトビールが年々ナショナルメーカーによってコモディティ化していってますが、必要な過程かなと思います。 半面、小規模のクラフトビール製造事業者は国内600社に近付いていっていて、新規参入はまだまだ勢いがありそうです。 こっから面白くなると思います。 ただ、コロナがまだまだ影響しそう。新種が少しでも広がろうもんならまた規制されそうです。落ち着くまでのもう少しの間に色々整理していきたい。 民

                        スキ
                        9
                        • 人新世の資本論 ひとしんせいのしほんろん

                          緊急事態宣言がどんどん延長されて平常化してます。 ワクチン接種率もやっと半分越えてきそうですね。 証明書がないと酒が飲めないなんて可能性もありますが、、、 店が暇なんで逆にあれこれ手を出して取っ散らかってる感あります。 久々に書評メモ。 SDGsは大衆のアヘンである 冒頭からインパクトあります。でも表紙にも帯にも一言もSDGsって書いてないんですよね。世間的にはオワコンなのかな。 SDGsの行動指針をいくつかなぞったところで気候変動は変えられない。むし

                          スキ
                          15
                          • ALFHAでやりたいこと ビール製造はDXで何ができるか 後編

                            またまた緊急事態宣言発令~、一カ月ちょっとの短い酒類提供期間でした。 さてどうしましょうか。笑 7月も今日で終わりで、中津ブルワリーではフレッシュホップでの仕込みがスタートしております。今年の豊作ぶりがすごい。フレッシュホップで受賞狙いましょう。 さて、前投稿で一般社団法人ALFHAの活動などについてつらつらと書きました。 今日はその続きなんですが、前回の製造者側の視点だけでなくて、マーケット側の視点でやりたいことを書いていこうと思います。 「記醸くん」と別でシステムの

                            スキ
                            5
                            • ALFHAでやりたいこと ビール製造はDXで何ができるか 前編

                              酒類提供が制限されて約2カ月。 色々壊されちゃったな~という気持ち。経済的にもメンタル的にも文化的にも。 致し方ないとは言えこの失われた2カ月を取り戻すのにこっからまたどんだけの苦難が待ち受けてるのだろう。笑。それでも笑って乗り越えるしかないか。 今日は一般社団法人ALFHAの一理事として綴ろうと思います。 2019年12月3日に設立した一般社団法人ALFHAは、5人のメンバーで今のところやってます。 弊社のブリュワー北田を理事長として私と、HACCPの指導員もできる奈良

                              スキ
                              4
                              • スタンドアローンブリュワリーに文脈は必要か

                                おはようございます。移動中の新幹線にて、前回のハイパーローカル化するブリュワリーの思考の続き。 最近、国内の全ブリュワリーを色々調べていくうちにハイパーローカル化について考えたわけなんですが、この流れが続くと業界的にどういう状態になるのか。 弊社なんかその類なんですが、ブリューパブで飲食も一緒にやってるとそもそもブリューイング事業もあんまり業界と関わらずに成り立っていくんですね。 それをスタンドアローンブリュワリーと呼ぶとなんかチュウニっぽくて、一匹狼というとバカみたいな

                                スキ
                                5
                                • ハイパーローカル化するクラフトビール≠地ビールリバイバル

                                  いつまで続くんでしょうこの感じ。もう4月も終わりというのに。 緊急事態宣言となり、直営店3店舗も窮地ですがみんなでなんとか踏ん張っております。 皆様本当にありがとうございます。 かくいう私はというとブリュワリー開業サポート事業で福岡におります。 中津ブルワリーに引き続き、宗像市の日の里ブルワリーの立ち上げをお手伝いさせてもらってます。 先月末に酒造免許が下りて、今回で4バッチ目の仕込みを完了。1st、2ndバッチの販売もGW期間中にスタートです。ありがとうございます。

                                  スキ
                                  14
                                  • 天6アタック! オープンしました!

                                    1月下旬にクラウドファンディングの宣伝だけして、 その後の進捗を何一つお知らせできてませんでした。 すみません。 気付けばもう3月も終わりそう。 というわけで、おかげ様で無事に新社屋兼店舗「天6アタック!」が2021年3月16日にグランドオープンしました。 クラウドファンディングでは700%以上の達成率で200万円を超えるご支援を賜りました。 本当にありがとうございました! リターンの発送も物品類はおおむね発送完了してます。 オリジナルマイカウンターの製作、店長権、こーじ

                                    スキ
                                    3