見出し画像

【心のギアチェンジ】 集中力アップさせる簡単な方法

今回は集中力をアップさせるコツをお話したいと思います。

スクリーンショット 2020-02-20 22.46.52


結論:人は集中力を”120%”にしようとするから長続きしない

✖️ 集中力は100%を→120%に!!!→ (続かない)

○ 集中力50%→80%くらいに上げる。→  (続く)

これくらいの意識なら

→なんだか出来そうに思えてこないでしょうか。

つまり、”前提を下げる”というポイントが肝になってきます

一般的に 物事を成就させるための必要なエネルギーは2つとされています。

① 初動力
②    継続力

① 初動力 
これは決意みたいなものですね。 やる気に満ち溢れている状態。
ここでアクセル踏めなければ 多分しばらくやりません。

②    継続力 
基本的には長続きしないものの方が多いです。
長続きさせるには習慣化させる。
習慣化するまでが大変だけど
一旦習慣化してしまうと やらない方が気持ち悪くなってくる。

そもそも集中力を数値化するのは無理・・・かもしれません

なので、まあ「そう、しのごの考えず、今日もちょっとやってみようかな。」

これくらいのスタンスの方が続く→継続力。

それが楽しいことであれば尚更続きます。

①+②=成長。  更に夢中が加わると=>>最強



・集中のオンオフ 時間を使い分ける

スクリーンショット 2020-02-20 22.44.39


一般的に脳の一番フレッシュで元気な時間は朝の時間。

例えば、朝起きて クリエイティブなことを考える

例えば、出社して一番頭が冴えている状態の時に

その日の状況を把握し

1日のざっくりとしたスケジュール見通しを立てるところに集中する。

もっと細部にこだわっている方は

朝は胃の負担の少ないフルーツを口にする 

このように、胃の負担も考慮されて 

朝、集中することに更にコミットされている方もいらっしゃいます。


『一日の前半』に集中すべきところを集約させる。

これさえ出来れば、

午後の自分はそこまで集中することなく

かつ、充実した1日を過ごせるルーティンになります。

例)午前は本気 午後まったり


私は典型的なダメ人間のライフスタイルでした。

朝が苦手で夜更かしばかりしていました。

夜更かしをして頑張って勉強して

朝までかけて読書したこともありましたが、

そんなことをした次の日に限ってパフォーマンス(健康状態)はすこぶる悪い。

これを今後も1年2年と続けていくとどうなるか

真剣に考えてみたところ 絶望して今があります。


今までの私は『集中は夜でも、高い状態であればあるほど効率的で良い』
と思っていましたが

前日の夜更かし勉強 << よりも << 次の日のパフォーマンス

優先すべきは今日やったことが明日生かされてなんぼということでした。

これが無ければ前進していかないということを身をもって学びました。

適度な集中を継続させられる環境下を整えることの方が

どんなに夜更かしして集中力120%発揮する、よりも大切だと気がつきました。


□  まとめ

集中力は120%を保とうとするのは至難の技

逆に、50%→80%に上げるのは簡単

大事なのは”瞬間集中力”よりも”持続可能な集中力”

今日学んだことを 明日実践できるかどうかが大事

その点において重要なポイントは

次の日のパフォーマンスが最適な状態に日々整えておくことが懸命。


人生とは

ほんの些細なきっかけや 小さな考え方の修正をかけていくことで

数日間では結果に現れなくても

続けていくことで確実に成長していきます。

小さな変化の積み上げ→大きな成長

今日はこれをやると決めたことに対し

やる気を50から80%にあげて

コツコツやろうという姿勢が大切です。


少しのやる気でも続いてさえいれば ことの成就は可能。

集中力と緩急のバランス 休むことも大切ですね。

ということで ここまで読んで頂き、ありがとうございました。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

出ました<大吉> 今年のあなたはイケてます!
2
岡山県在住 1982年生まれの37歳 介護福祉士、11年目  人生を大胆に そして爽やかに駆け抜けるための考え方や 人の背中をそっと押してさしあげられるような記事を目指して書いております。