見出し画像

1人で始めたお菓子屋

初めまして。

愛媛県の宇和島市という町でこはく製菓というお菓子屋の
オーナーをしている 藤岡 みお と申します。 
神奈川県横浜市育ち。
上は中学三年生から下は小学二年生の4人の子供の母でもあります。
ここで書くことは、記録も兼ねて、誰かの背中を少しでも押せるといいな、
と思いつつ。

いつの頃でしょうか? あーもう外に出て働けないな~と思いだしたのは。
近くに実家があるわけでもなく、夫の積極的な協力があるわけでもなく。
気に入った仕事につけるわけでもない。
そして、次々と子供を授かり、到底働きに出られる状況にはなかったので、3人目を産んだ頃から、これは自分で何かをしないといけないんだ、自分の都合で働ける仕事をしないと、二度と社会には出られず、
終わる。
それだけは、絶対に嫌だ。
(たくさん、たくさん、想いはありますが、それはまた違うところで)

それから、自分には何が出来るのかしら?
と考え、
子供の為に始めたお菓子作りをもっともっと勉強して、
お菓子屋になろう!なんて今から考えても、よく思いついたな!
と思うような事を考えついたのでした。

子育て真っ最中に思いつき、もちろん専門学校も、それこそお菓子教室だって一度も通ったことがなかったにもかかわらず、なぜかやると決めて、
本を買いあさり、YouTubeを見まくり、手あたり次第作りまくり、レシピを検索しまくり・・・

そうこう5年ほど寝ても覚めてもお菓子、お菓子、もちろん子供、子供!
という生活を送りまして、新居を建てるタイミングで
えいっ!!
とお菓子屋を始めた訳です。

もちろん1人で・・・
未経験、独学、ただの主婦、子供は4人・・・
なかなかのハードなお菓子屋人生をスタートしたのでした。

開業の話はまた次にしますね。
読んでくれてありがとうございます。
noteに書くことをやっとスタートできてホッとしています。
続けられるよう頑張ります。
応援よろしくお願いします<(_ _)>

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
愛媛県宇和島市の小さなお菓子屋のオーナー 4人の子供の母でもあります 独学で開いたお菓子屋の事、子育ての事 想いや葛藤を綴ります