こずえのmag

木立の文庫の公式note(連載)です。2018年の秋、京都に生まれた出版社です。人と人が集う広場に、本の石畳を歩く小道に、webでの声の交差点に、なれたらという夢があります。人が生きることの綾/こころとからだの出会い/人間=自然まるごとのbeingを、皆で探ってゆきたく思います。
    • 逃げるが勝ち!? の心理学

      コロナ時代に入って「リモート」がデフォルトになった感も...。いざ緩和されて対面で会えるようになるや、今度はその「交わり」が億劫だったり、苦痛になったり、していませんか? / そんなときに踏ん張ると、心や体に無理が生じて、大きく調子を崩したり... ――それは「自分を追い込む」選択が正解ではなかったのかも... / たちうちできない相手や状況で尻尾を巻いて退散するのは「みっともない」と思われるでしょう。けれど、皆が闘いあって創られてきたこの社会・世界は、いま、変わりどきかもしれません... 「逃げる」勇気をもつことも、多様な生き方のひとつではないでしょうか! / このマガジンでは、「ひきこもり」が専門の精神科医(九州大学医学研究院准教授)加藤隆弘さんが、こころを護るための「逃げる」ヒントを、読者の皆さんと探します。対人援助に携わる方(医療・福祉・教育・心理)にもぜひ読んで頂きたいです。

    • 記者の目 こころの芽――着想・取材・発信の「舞台裏」

      ★このインターネット時代、誰でも検索で、欲しい情報をピンポイントで入手できますね。便利ではありますが、その結果なにもかも、細切れで直線的な「点と線」のつながりになっています。★またこの時代、誰もが、目の前の情報にコメントしたり、出来事を発信したりできます。しかしそこには、真偽性の問題や、声が大きく気持の強い人に引きずられる問題がないでしょうか。★こうした現代にあってこそ、責任ある主体として、かそけき声に耳を傾けて、かつ、多角的な視点から螺旋的で「面と厚み」のある捉え方を促す、そんな役割は増すかも知れません。★この度ご縁あって出会ったのが、中日新聞本社/生活部記者の細川暁子さん。“ブン屋さん”の心意気や心構えに触れてみませんか! きっとそこには、目新しさだけに振り回されない、粘りある関心の持続や、咀嚼力が感じられると思うのです。――それでは、細川さんヨロシクおねがいします!

    • 月間こだち

      木立の文庫1ヶ月まとめ号をお届けします✨

    • もやもや相談室 ~もしかしてハラスメント?~

      【たかがイジワル されどイジワル】 ○仲良かった友達の… きのうまで笑顔だったお隣さんの… 突然のつっけんどんな態度にギョッとしたこと、ないですか? ○上司のパワハラの次は部下たちに不穏な空気… 子どもの転校先でママ友が出来なくて… といった困りごと、ないですか? ―― どうして人は、人に優しくできない(ときがある)のでしょう?? ★1200年のイケズ文化が息づく(との誉れ高い)京都にあって“木立の文庫”が、人類規模ともいえる「イジワル」問題を看過するわけには参りません! そこで、この地で長年“誰にも言えない悩み”“相談しても相手にされなかった苦しみ”に耳を傾けてきたベテラン心理カウンセラーに、この「駆け込み寺」をお任せすることにしました。 ★皆さまから届いたお悩みを、心を添わせて受け留めて、いま居る処が少しでも居やすくなるよう、泣き寝入りでなく生きられるよう、お手伝いできたらと思います。

    • ぼくたちコロナ世代――「避密」ライフのこころの秘密

      “密”という字からは得も云いがたい「蜜」の香りが漂います。コロナ状況にあって殊のほか注目を集めた字でもあります。「避けてください」との呼びかけに吸い寄せられるように、巷には「蜜」な“密”が生まれます。――当マガジン連載の作者: 岡田暁宜さんは医師/精神分析家で、「人と人が密に接した」状況ならではの“こころ”を探究して来られました。――さて、いよいよ“密”を避ける時代の幕開けとなった今、わたしたちの“こころ”にはどんな秘密が宿って来るのでしょう? ――コロナ社会での「避密ライフ」キーワードをめぐって自在に綴られたエッセイを読むなかで、わたしたちの“こころ”の「失いたくないもの/大事にしたいもの」を探してみませんか!

    • すべてのマガジンを表示

07: 先生 せんせい! って呼ばれたくない?!

 前回、伝説の《日本語臨床研究会》〔発起人: 北山修〕のことに触れました。引っ込み思案の私は2000年にかろうじて医学部を卒業し、精神科医になりました。そして、突如と…

12時間前

うらを取る/うらに眼をやる(その後編)

 “すべてを疑え”。  新聞社に入ってからは、先輩にそう教わった。――取材相手から情報をもらっても、ガセネタかもしれない。その人の言葉は、本人の勘違いかもしれな…

うらを取る/うらに眼をやる(その前篇)

 人生を劇として捉える「劇的観点」。  精神科医の、きたやまおさむ(北山修)先生の著書でこの言葉を見つけた時、「これだ」と思った。父がよく言っているのは、「多分…

2週間前

【月間こだち】2022年5月

土曜日の朝刊でお届けしている木立の文庫のニュースレター 【こだちの便り】 ひと月まるっと、noteでもお届けします。 【5月】 ★こだちの便り◆きたやまおさむさん楽屋…

2週間前

なんで私が我慢!?

ある職場環境に困っているPさんからのご相談です。 職場に柔軟剤の香りのキツい人がいて… しんどいそうですか。なるほど、香り問題ですね! お聞きする限り対象は男性お…

3週間前

さて、猫のおばさんのお手紙とは?

 お母様には納得できないことかもしれませんが、オトナになった娘さんは、お母様とは別の人格なのです。別の人格である以上、『あんたを産んで育てたのは、お母さん、わた…

4週間前