追跡・白いダイヤ~高知の現場から~シラスウナギの光と闇
見出し画像

追跡・白いダイヤ~高知の現場から~シラスウナギの光と闇

【第一部第1話 無料公開中】

「闇ルートで県外に流せば、1キロ400万円の時も」…。近年、採捕量の激減から取引価格が高騰するニホンウナギの稚魚、シラス。「白いダイヤ」と呼ばれ、人々の欲望を引き付ける。全国的に密漁や闇取引が横行する中、仁淀川や四万十川という全国屈指の好漁場を抱え、「日本で1番採れる」という高知から、謎の多いシラス漁と流通の実態に迫る。(高知新聞取材班)

高知新聞紙上で今年1月から全3部にわたって連載し、10月6日に「2021年日本新聞協会賞」受賞が決まった【追跡・白いダイヤ~高知の現場から~】。
足かけ5年にわたる取材でシラスウナギ漁の光と影に迫った全39話の連載(一話100円)を期間限定でマガジン形式(1部500円)として販売します。妖しくきらめくシラス漁の光をこの機会に是非ご覧ください。

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
高知新聞紙上で今年1月から全3部にわたって連載され、2021年日本新聞協会賞を受賞した「白いダイヤ」。各部をまとめ読みできます。

【第一部第1話 無料公開中】 近年、採捕量の激減から取引価格が高騰するニホンウナギの稚魚、シラス。「白いダイヤ」と呼ばれ、人々の欲望を引…

高知新聞紙上で今年1月から全3部にわたって連載され、2021年日本新聞協会賞を受賞した「白いダイヤ」。各部をまとめ読みできます。

近年、採捕量の激減から取引価格が高騰するニホンウナギの稚魚、シラス。「白いダイヤ」と呼ばれ、人々の欲望を引き付ける。全国的に密漁や闇取引が…

高知新聞紙上で今年1月から全3部にわたって連載され、2021年日本新聞協会賞を受賞した「白いダイヤ」。各部をまとめ読みできます。

近年、採捕量の激減から取引価格が高騰するニホンウナギの稚魚、シラス。「白いダイヤ」と呼ばれ、人々の欲望を引き付ける。全国的に密漁や闇取引が…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1904年創刊。自由民権の地から、県民のためにニュースを報道し続けています。