ハンソロ_先の先を

スターウォーズ ハン・ソロ から学ぶ立ち回り 先を読め!時には師匠も...

スター・ウォーズ スピンオフ映画「ハンソロ」を通じて、学んだことを記事にしていきます!これを読めば、上司との関係構築が学べます!

【筆者・喜多の自己紹介】あらゆるジャンルの記事を書くブロガー・小説家。座右の銘は「人生は喜劇!喜怒哀楽全てエンタメに昇華!」



<先の先を読め!時には師匠も殺めろ>

「ハンソロ スターウォーズストーリー」の概要
・銀河一のパイロットと称され、後の帝国軍との戦いで英雄となるアウトローなナイスガイ・ハンソロ。若き日の彼の活躍を描いたスピンオフ作品      ・相棒チューバッカや悪友ランド、終生の愛機ミレニアム・ファルコンとの出会いはどのようにして生まれたのかということが明かされる

スターウォーズは、語るまでもなく素晴らしい作品であり、現実世界のちっぽけな悩みを吹き飛ばしてくれます。

今作は、多くの魅力的なキャラが登場しましたが、残念ながらフェードアウトが早かった… 物語の終盤まで生き残ったのが、ベケットです。

画像1

彼とハンの出会いは帝国軍の軍隊の中でした。

本来のベケットの仕事が「盗賊」であることを見抜いたハンは志願して、彼に弟子入りします。

その際に、ベケットは任務用として、ブラスターピストルをハンに渡します。ハンが生涯にわたって愛用したブラスターピストルDL-44はここで得た思い出の品なんですね。


ベケットは任務を通して、ハンに生き抜く術というものを教えました。

ハンがキーラに夢中になっていることに苦言を呈したりもしました。

「問題が見えないのは問題を見ようとしないからだ」


生き抜くために冷徹になることを教えたり。

「俺がどうやって生き抜いてきたかわかるか?誰も信じないんだ。

みんな裏切ると思っておけば傷つくことはない」


ベケットの生き様とは、裏切りを予想して、動き、さらに先の先を読むということでした。老獪で狡猾な兵士というイメージですね。


師匠ベケットは、物語の終盤にハンを裏切り、ドライデンにつきました。

画像2


ハンに盗賊のイロハを教えてくれたベケットは、ハンにこう言います。

「俺はまだ生きていたい。言っただろ?誰も信じるな、と」


しかし、そこはハンも一枚上手でした。
彼はベケットが裏切ることも予想済みであり、ベケットに本物のコアクシウムを入手させることでドライデンを裏切らせます。

「損得には敏感だ」

な性格のベケットを読んだ対応でした。


この時、「考えてる間に銃を持ってる奴を減らしておきたい」
と言って、発砲するベケットはかっこよかった!


ベケットは、ハンを一度裏切り、ドライデンについたあと、

もう一度、ハン側についたわけです。しかしこの後、ベケットは再び、

ハンを裏切ります。


チューバッカを人質に、「コアクシウム」を奪おうとしたのです。


このとき、ハンは一瞬のためらいもなく、ベケットに発砲しました。


裏切られたとはいえ、師匠を殺めるこの行為...

残念ながら、師匠を殺めたハンの葛藤がいまひとつ描かれませんでした。


絶命の間際、ベケットはハンにこう告げました。

「良い判断だ。お前が先に打たなければ俺が撃っていた…
本当にさ。借金返してパラコードを習いたかったんだ…」


しかしハンの心には、ベケットの教えが刻み込まれているはずです。

だからこそ、ベケットからもらったブラスターピストルDL-44を使い続けたのでしょう。


その後ハンは、ランドの元へ向かいます。
彼のイカサマを見破り、賭けに勝って、ミレニアムファルコンを手に入れたのです。

画像3

ここから、ミレニアム・ファルコン号とチューバッカとの冒険が始まったのですね。

ハンたちがこれから向かうのは、ルークのいた「タトゥイーン」。
かのジャバザハットのもとで下働きをする予定です。

そしてハンは彼から借金を背負い、賞金首となり、宿敵ボバフェットに追われながら...エピソード4でオビワンとルークと初めて出会う...エピソードⅣに続くわけですね。


今作、物語の出来としては悪くはないのですが、どうも前作のエピソードⅧに比べると物足りなく感じてしまいます。

・時系列は、エピソード3「シスの復讐」から、エピソード4「新たなる希望」の間・ハン・ソロのソロという苗字の由来が明かされる       ・ジェダイなし、チャンバラもほぼなし、という異例の作品

謎すぎるキーラの3年間、ボスのドライデンの小物さ、登場人物のフェードアウトの速さ…

しかし、個人的にベケットは非常に大好きですし、
・ベケットやチューバッカとの出会い
・ケッセルランを12パーセク

が描かれたことはよかったですし、価値のある映画だったと思います!

貴重な時間を使って読んでいただき、誠にありがとうございました!

私の記事は、いかがでしたか。
このブログは、令和のこち亀をモットーに
コメディ、サブカル、お仕事、経済、雑学、ノウハウ、自己啓発
などオールジャンルの内容を投稿しております!

興味を持っていただいた方は、
このブログをブックマークし、また読みに来てください^^

他にも多彩なジャンルの記事を書いておりますので、一部をご紹介します。

エンタメ作家の喜多です! ↓自己紹介記事はこちら↓

エピソードⅧが教えてくれたことも解説しています!


物語の魅力がここに!

コメディも書いています!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

国家公務員⇒経営者団体⇒民間企業で営業 人生は喜劇を合言葉にブログ毎日投稿 全ての経験をコメディ・ノウハウに昇華! 【野望・展望】 ワクワク・笑顔・本質の捉え方を届ける! 創作=エンタメ映画製作 お仕事改革=教育システム構築 サポートのお金は皆様を笑顔にする事業の資金にします!

Thank You! Have a nice day! 良い一日を!
26
この番組は1001のすべらない話を届けます➿ ハチャメチャ高校時代・俺バグ編⇨森友疑獄で闇った国家公務員編⇨下積み経営者団体編⇨中小企業をで奮闘する会社員編 ♧人生は喜劇を合言葉に政経コメディ,小説まで.ブログ月間5万PV♠喜怒哀楽全てエンタメに乱世の奸雄へ ♧夢:映画製作

こちらでもピックアップされています

弐ノ型・教養を高める!名作(映画・音楽・漫画等)から学ぶこと
弐ノ型・教養を高める!名作(映画・音楽・漫画等)から学ぶこと
  • 58本

映画、音楽、漫画などの創作作品。 作り手が魂を吹き込んだ作品には、幾つものメッセージが込められています。 名作に触れていると、何気なく聞き流してしまうこともあるダイヤの原石があります。作品に出てくる言葉や内容、その一つ一つに目を向けて、大きな発見・学び・閃きを提供するのがこのマガジンです。 ひとつの作品でも、人それぞれ引っ掛かる部分は異なります。たとえ同じ部分で引っ掛かっても、受け取り方も百人百様です。 私なりの視点で名作を解剖していきますので、皆様が人生を前向きに生きるヒントになれば幸いです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。