見出し画像

マーケター必見!SNS、年齢層別の利用割合とそれぞれの特徴まとめ

いまや生活の一部に欠かせなくなったSNSですが、各SNSがどのようなユーザーに利用されているかをご存じでしょうか。
SNSの広告やアカウント運用を考えている方は、それぞれの媒体の特徴を知ったうえで運用をおこなえるとよいですよね。
本記事では、各媒体の年齢別の利用状況から特徴をご紹介していきます。

SNSって今どの世代に利用されているの?

画像1

SNSがどの世代に利用されているのかについてを、総務省情報通信政策研究所が2019年9月に発表した『平成30年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査』から見ていきましょう。

この調査は、13歳から69歳までの男女1,500人を対象にインターネット、ソーシャルメディアの利用率についてアンケート調査を実施しているものです。

各SNS媒体の利用率に関しては、下記の通りとなっています。
調査対象は、LINE、Twitter、Facebook、Instagram、mixi、GREE、Mobage、Snapchat、TikTok、YouTube、ニコニコ動画の11サービスです。

全年代で最も利用されているのがLINEで82.3%のユーザーが利用していると回答しています。次いでYouTubeが75.7%で広く利用されているのが読み取れます。LINEとYouTubeから大きくパーセンテージを落として、Twitterが37.3%、Instagramが35.5%、Facebookが32.8%という結果が出ています。

▼平成30年度 主なソーシャルメディア系サービス/アプリ等の利用率(全年代・年代別)
00039_キャプチャ1

年代別に見ていくと、LINEとYouTubeは60代を除くほとんどの年代で70%以上の利用率で、どの世代でも等しく利用できるプラットフォームといえます。特に10〜30代の若い世代の利用率が高いのは、Twitter、Facebook、Instagramです。
TikTokは特に10〜20代の利用率が高いです。

▼経年 主なソーシャルメディア系サービス/アプリ等の利用率(全年代・年代別)

00039_キャプチャ2

また、経年での利用率の推移では、H24(2012年)からLINEは順調に利用率を拡大できていることがうかがえます。H30(2018年)の前年対比では75.8%から82.3%と6.5%も利用率が伸びています。これは、スマートフォンの普及率とともに伸びているので、その影響といえるでしょう。

また、先程の利用率でTwitter、Facebook、Instagramは同じ比率となっていましたが、経年の利用率をみると、TwitterやFacebookに対してInstagramがH27(2015年)から毎年利用率が急成長しています。

▼経年 モバイル機器等の利用率(全年代)

00039_キャプチャ3

参照:
総務省情報通信政策研究所
平成30年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査(2019年9月)
http://www.soumu.go.jp/iicp/research/results/media_usage-time.html

SNSのアクティブユーザーはどれくらい?特徴とともに解説

画像5

まずはSNSの利用状況に関して、Facebook、Twitter、Instagram、LINE、YouTubeそれぞれで解説していきます。

Facebook
Facebookのユーザー数
Facebookの会社情報ページや、フェイスブックジャパンが開催したイベントにおいて、アクティブユーザー数が公開されています。

・世界日次アクティブユーザー数:15億2,000万人(2018年12月時点)
・世界月間アクティブユーザー数:23億2000万人(2018年12月時点)
・国内月間アクティブユーザー数:約2,800万人(2017年9月時点)

参照:
https://ja.newsroom.fb.com/company-info/
https://gaiax-socialmedialab.jp/post-53856/

Facebookの特徴
世界月間アクティブユーザー数は約23億人なので、全世界の人口は国連連合センターが2019年に発表した全世界人工の約77億人のうち、約3割の人が利用しているということになり、非常に大きなプラットフォームであることが分かるかと思います。
アカウントは複数利用されているものや企業アカウントがあるということを踏まえても、非常に高い利用率といえるでしょう。
また、Facebookで広告配信をおこなえる露出面は、Facebookフィード、インスタント記事、インストリーム動画、ストーリーズ、Marketplaceがあります。
2019年9月には、よりユーザーとのインタラクティブなコミュニケーションをおこなえるよう、アンケートスタンプを使える「アンケート広告」や広告内でユーザーがゲームを楽しめる「プレイアブル広告」、ARでユーザーが実際に商品を楽しめる「AR(拡張現実)広告」が開始され、よりユーザーとの密なコミュニケーション作りがおこなえるようになっています。

Facebook広告についてより詳細な情報はこちらの記事で確認できます。

Facebook動画広告の特徴を解説!活用のポイントも

参照:
https://ja.newsroom.fb.com/news/2019/09/facebook_invites_people_and_businesses_to_play/

Twitter
Twitterのユーザー数
Twitter Japanの公式アカウントでユーザー数が公開されています。

・世界月間アクティブユーザー数:3億1,700万人(2016年9月時点)
・国内月間アクティブユーザー数:約4,500万人(2017年10月時点)

参照:
https://www.asahi.com/articles/ASJC25HPLJC2ULFA02K.html?ref=newspicks
https://twitter.com/TwitterJP/status/923671036758958080

Twitterの特徴
Twitterのユーザーは、先にご紹介した経年の利用率で見ても2019年で6.2%の利用率が増加しており、成長が著しいサービスの一つといえます。2016年時点の日本での成長率は、世界一と発表されるなど、世界的に見ても日本での利用率の高さは注目されています。

Twitterは、一般のユーザーのみでなく、芸能人やキャラクターアカウント、政治家などさまざまな立場のユーザーが利用しているサービスです。
広告で利用する場合は、タイムライン上に掲載される「プロモツイート」や投稿された動画再生前に再生できる動画広告「インストリーム(プレロール)」や、1日1社限定の広告でトレンドの上部にて表示できる「プロモトレンド」などがあります。

Twitter広告についてより詳細な情報はこちらの記事で確認できます。

バズを狙え!Twitter動画広告の概要と効果的な活用方法!

Instagram

Instagramのユーザー数
Instagramのユーザー数は公式サイトに掲載されています。

・世界月間アクティブユーザー数:約10億人以上(2019年10月時点)
・世界日次ストーリーズアクティブユーザー数:約5億人以上(2019年10月時点)
・国内月間アクティブユーザー数:約3,300万人以上(2019年3月時点)

参照:
https://instagram-press.com/our-story/
https://ja.newsroom.fb.com/news/2019/06/japan_maaupdate-2/

Instagramの特徴
Instagramは先にご紹介した通り、国内での利用率が非常に伸びています。
また、アクティブ率も非常に高く、国内のアクティブユーザーの約70%がストーリーズを利用し、ハッシュタグ検索回数は世界平均の3倍(2018年5月時点)と言われています。
2018年には、ショッピング機能がリリースされ、多くのユーザーがInstagramからシームレスに気に入った商品の購買をおこなえるようになっています。
Instagramの広告は、投稿およびストーリーズに露出をおこなうことができます。InstagramはFacebookの傘下であるため、Facebookで所有する多くのユーザーデータを活用した広告出稿が可能で、より細かなセグメントを設定できます。

Instagram広告についてより詳細な情報はこちらの記事で確認できます。

インスタグラム広告とは?ストーリーズ広告や効果的な動画の活用方法についても

LINE
LINEのユーザー数
LINEのユーザー数は、LINE社の出している「LINE紹介資料」から確認できます。

・主要4か国(日本・台湾・タイ・インドネシア)月間アクティブユーザー数:1億6,400万人以上(2019年4月時点)

・国内月間アクティブユーザー数:8,100万人以上(2019年6月時点)

参照:
https://www.linebiz.com/system/files/jp/download/LINE20190709.pdf
https://www.linebiz.com/system/files/jp/download/mediaguide_line_stickers_2019_10_12.pdf

LINEの特徴
LINEは先にご紹介した通り、全世代での利用率が非常に高いサービスです。
国内アクティブユーザー割合は86%と発表されており、非常に高い利用率であることが確認できます。
LINEでの広告活用はLINE Adsを利用しておこないます。LINEの「タイムライン」や「LINEニュース」「LINEマンガ」、「LINE BLOG」「LINEポイント」「SmartChannel」など複数面へ出稿可能です。

LINE広告についてより詳細な情報はこちらの記事で確認できます。

押さえておきたいLINE動画広告の特徴と活用ポイント!

YouTube

YouTubeのユーザー数
YouTubeのユーザー数は公式サイトにて公開されています。

・世界月間アクティブユーザー数:19億人(2018年7月時点)
・国内月間アクティブユーザー数:6,200万人(2018年7月時点)

参照:
https://www.youtube.com/intl/ja/about/press/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32703140W8A700C1X30000/

YouTubeの特徴
YouTubeはLINEと同様で全世代での利用率が非常に高いサービスです。主な再生デバイスはスマートフォンで70%以上の利用割合を占めています。
世界的にも非常に利用率が高く、毎月19億人以上がログインし、全世界人口の約1分の3が利用するサービスです。
1日あたりの総動画視聴時間は10時間以上、総視聴回数は数10億回と発表されています。
広告利用では、YouTube動画の再生前や再生途中、再生後などに動画広告を挿入することが可能です。

YouTube広告についてより詳細な情報はこちらの記事で確認できます。

【完全版】Youtube動画広告の種類と効果的な配信方法

まとめ

画像6

SNSの利用ユーザー層は媒体によって異なることが確認できたでしょうか。広い年代で利用されるLINEやYouTubeに対し、若年層を中心に利用されるTwitter、Facebook、Instagramと、利用率は大きく異なります。
広告運用やアカウントの運用をする場合は、各媒体の特徴や利用年代層をふまえておこなえるとよいでしょう。

SNS広告向けの動画クリエイティブを作りたい方へ

Kaizen Ad(カイゼンアド)は、10,000人の大規模ネットワークにより、最短5分で発注、5営業日で納品、最安5万円で作成できることが強みの動画制作会社です。

バナー、チラシ、記事などの各種素材を動画化でき、既存資産の有効活用が可能なうえドキュメントで発注依頼が完了します。これにより依頼内容の意図が明確に伝わり、イメージ通りの動画作成が期待できます。
また、FacebookやInstagram、YouTubeの公式パートナーに認定されているので、動画の品質も保証されています。

さらには、動画広告のPDCA改善率が平均50%と、納品後のサポートもしっかりしています。動画メディアへの広告出稿をおこないたい、動画制作をおこないたいが、費用や時間がかかってしまいPDCAがうまく回らないといった悩みをお持ちの企業におすすめです。

資料ダウンロードバナー

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。