反町 恭一郎

チームではたらく。コミュニティではたらく。ひとりじゃどうにもならないことを、皆でなんとかする仕組み/つながりをサポートします。教師、ミュージシャン、自治体職員のちWORKARTS,Inc。
    • 対話の場・実践レポート
      対話の場・実践レポート
      • 5本

      実際に行っているワークショップ・戦略的な話し合いのレポートをこちらにまとめています。

    • 徒然なるエッセイ
      徒然なるエッセイ
      • 15本

      起業して日々を生きていくために大切なことや、大切そうなんだけど意味を掴むまでは行けなかったことをここに集めています。

    • コラボを生み出すための話し合いのデザイン論
      コラボを生み出すための話し合いのデザイン論
      • 17本

      今、私たちは、かつてないほど答えも行き先も見えない、複雑な世界を生きています。そんな今こそ、これまでありえなかった社会の組み合わせにチャレンジしていく個人や組織こそが、存在感を高め、力を発揮していく時代だと考えています。「コラボ力」を育むための基礎的な考え方をこちらでまとめています。

    • 複雑な時代を、共に生き抜く「コラボ力」フレームワーク
      複雑な時代を、共に生き抜く「コラボ力」フレームワーク
      • 4本

      複雑な時代を、共に生き抜くための「コラボ力」を育むフレームワーク(モノミカタや理論)を実例とともに紹介していきます。

    • ちか旅アーカイブス
      ちか旅アーカイブス
      • 7本

      家の中で、ぐんまを旅する?人に会いにいくバーチャル・ツアーの「ちか旅」アーカイブです。

固定された記事

「自分らしく、好きを仕事に」とか自分語りをしている暇があったら、まずはボールを転がせ。|オーガナイザーというはたらき方

10月末の札幌の深夜の雨は、めっちゃ冷たかった。でも大荷物を抱えて走っていたので、寒くはなかった。 自分は、環境・福祉・防災など、生活や命に関わることで、ひとり…

こどもの教育のために必要なのは、おとなのアンラーニングと思った出来事

SAPPOROこども特派員2021🌏今年度の取組を終えた。 多文化共生のために、子どもたちが外国人にzoomでインタビューをして発表する。ポイントは、動画を使った反転学習と、…

ローカルの現場に絶対必要な「オーガナイザー」ってどんな仕事ですか?@clubhouse

「オーガナイザー」について書いた記事が、ブリヂストンとnoteが開催した「#挑戦している君へ」の寄稿コンテストを受賞しました。 多くの反響ありがとうございます それ…

2020.10月に書いたnoteがコンテストで受賞しました🙋‍♂️㊗️

こんにちは。まつ毛が凍る吹雪の中で、10kgの荷物を運びながら、「つらくても、かわいい顔でいる」という、どさんこギャルからの教えを実践しているおっさんです。 そんな…

2020年書いてよかった3本

今日の昼間は、散歩したり、日向ぼっこしながら、一年のふりかえりに今年書いた記事を眺めていました。 書いたことは、いずれも、仕事をつくって生き抜いていくために、「…

人生に期待するな、人生が期待しているのだ【超訳フランクル/夜と霧】

私の「超訳シリーズ」は、本を読んで自分に響いたことを散文的にして「使える形」で残してみる自分用のメモです。本人がラジオで、最後の1分を喋るならこんな内容になるか…