見出し画像

養蜂で耕作放棄地の有効活用

毎年6月中旬には梅もぎに行く。場所は東日本で3本の指に入る榛名梅林エリア。榛名山南麓の、緩やかな傾斜地に植えられた梅の木を眼下に望むことができる、群馬らしい緑の海だ。
かつては丹精込め手入れされてきた梅林だが、いまは訳あって世話する人のいない耕作放棄地。下草を刈るなどの整備をする代わりに、きたもっくが養蜂圃場としてお借りしている。のどかな場所で、梅に桜に菜の花、藤、ニセアカシアへとリレーするように花が咲き、ミツバチは忙しそうに蜜を運ぶ。

画像1

養蜂と耕作放棄地は相性がいい。周囲に高い樹木がなく、平らな場所で、蜜源となる植物がある。放棄地のためミツバチが嫌う農薬も使われない。
人にとって作業の辛い傾斜地にある急峻な段々畑なども、ミツバチにとっては問題にならない。標高差によって植生や花が咲くタイミングがずれ、面白いブレンドの蜂蜜が採れたり、採蜜量が増えることもある。
さらに、ミツバチによる花粉媒介によって、果樹や野菜などの実りがよくなるケースが多い。
放置すれば畑も果樹園も荒れて、野生動物との境界も曖昧になってしまうが、蜂の世話をする傍ら整備することで、景観を整え生態系のバランスを保つ一役を担う。

画像2

今年の梅もぎには、スタッフだけでなく一般参加者もあった。静かだった梅林に賑やかな声が響く。ミツバチを間に挟んで、新しく豊かな関係性が生まれていく。収穫した梅の実は、蜂蜜と合わせて梅ジャムに加工される。ストーリーのある梅ジャム「梅と蜜蜂の往復書簡」は、7月中旬発売予定。

画像3


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
浅間北麓で事業を興して25年。自然に従う生き方をベースに、自然や人との関係性を再生することで循環型事業を構築しています。キャンプ場「北軽井沢スウィートグラス」、地域林業、生はちみつ「百蜜」を生産しています。https://kitamoc.com/