近畿APD当事者交流会

近畿APD当事者交流会

    マガジン

    最近の記事

    ワイヤレス補聴援助システム、の代替手段の話

    今年度のAPD(聴覚情報処理障害)に関する変化 ワイヤレス補聴援助システムって何 代替品として使えるものはある? メリットデメリット 1.今年度のAPD(聴覚情報処理障害)に関する変化 今年度に入り、特に学齢期のAPD(聴覚所法処理障害)児をお持ちの親御さんとのやり取りが増えました。 その中でも、今年は特に活用を検討しておられる方が多い印象を受けるのがワイヤレス補聴援助システム、フォナック社のロジャーシステムなんかが有名な商品群です。 機能としては、音声を聞きとりや

    スキ
    9
      • APD(聴覚情報処理障害)に関するお知らせ

        APDに関する研究の一環として、千葉県にある国際医療福祉大学成田キャンパスでAPDの検査が受けられます(無料、人数限定) 日時は ・APDが疑われる当事者が小児(小学生以下) 日程:2022/7/27or8/3 時間:9:00~15:30 ・APDが疑われる当事者が中学生以上 日程:2022/9/14 時間:9:00~15:30 会場は国際医療福祉大学成田キャンパス内になります。 予約申し込み先は https://reserva.be/apd_support 以下、注意

        スキ
        4
        • 第四回オンラインAPD講演会のお知らせ

          私が代表を務める、近畿APD当事者会が主催する、第四回のオンライン講演会があります! https://www.kokuchpro.com/event/19d1a928bd772e39b42f503431bad02a/ ■日時 2022年 8月28日(日)13-16時 ■テーマ 「APD(聴覚情報処理障害)スクリーニングの試みと、きこえの困難さを有するこどもへの支援」 ■講師 立入 哉(愛媛大学教育学部教授) ■参加費 無料 ■会場 ZOOM ■情報保障 字幕 ■アーカイブ配信

          スキ
          2
          • 第20回 オンラインAPD当事者交流会レポート

            開催日:2022年3月6日 開催場所:オンライン(ZOOM) 主な内容:自己紹介、ブレイクアウトルームに分かれての交流会 参加人数:8(うち運営1名) ■自己紹介で出た話題 ・APDを知ったきっかけ(NHK,SNS,youtube等) ・騒音の多い環境で体調を崩して倒れたことから、専門家に調べてもらって聴覚に問題がある事が分かった ・「マンガでわかるAPD」を読んでAPDを知った ・難聴ではないかと病院にかかるが異常がなく、APDかもしれないと思っている ■その他、

            スキ
            1

          マガジン

          マガジンをすべて見る

          記事

          記事をすべて見る
            • 2022/01/16 APD児の親の会レポート

              開催日時:2022年1月16日 参加人数:8名 参加した方の内訳としては、APD児の親御さんが五名、当事者二名(司会含む)、その他一名という内訳でした(その他の方は特別支援の先生です) ■自己紹介で出た話題 主に学校での話題が主でした、 お子さんは通常級での授業そのものへの聞き取りの辛さはもとよりとして ・子供が通級に通っているケース ・通常級で合理的配慮を試行錯誤しているケース のどちらもありました、支援級に在籍しているお子さんや聾学校に通学しているケースは今回はありま

              スキ
              5
              • APDの方が、ノイズキャンセリング機器を選ぶときに考えるポイント

                APD(聴覚情報処理障害)の疑いがある方、また診断が出た方がその聞こえの状況を改善するために出来る事は色々とあります。 まず第一に行うべきは、「環境調整」で、つまりは周囲に自分の聞き取りの困難さを理解してもらい、話し方や話す場所、話すスピードや環境への配慮によって状況を改善する事です。 ですが、実際問題としてそれだけではまだ日常生活の中で聞き取りの困難さを感じる方が往々にしておられます。 そのような場合に「ノイズキャンセリング機能(以下NC)のあるイヤホン/ヘッドホン、或

                スキ
                15
                • 日本で研究中のAPD(聴覚情報処理障害)に関係する研究(2021年度~)

                  時々、日本でAPDの今後の見通しについて聞かれる事があります、それについてのお答えになるかはわかりませんが 日本でもいくつかのAPD(及び聞き取り困難)に関係する研究が進められています。 先日abemaでも取り上げられたAMEDの研究が取り上げられがちですが、今進んでいる研究はそれだけではありません。 ということで、2021年度以降で研究中のプロジェクトを研究.comさんで調べて並べてみます。 APDと繋がりが強そうなものも書いておきます。 ・2022年度 ・聴覚情報処理障

                  スキ
                  11
                  • APD(聴覚情報処理障害)の検査ってどんなことするの?という話

                    *この記事はあくまで、「もしかして自分はAPDかもしれない」と感じている、聞き取りの困難さを感じる当事者に向けて書いています。 関係する分野の専門家の方に対してのものではありません、APDの検査で「これをするべきだ!」といった事を唱える意図を持ったものではありません。 APDはその定義や含む概念に関して世界的な議論があり、絞り込むために求められる検査は多種多様に存在します、専門家の判断に異を唱える意図はありません。 はい、という事で前置きはさておき。 「APDの検査って何す

                    スキ
                    7
                    • APD(聴覚情報処理障害)の検査先一覧

                      2022/07/04更新 受診先機関 ・札幌医科大学医学部付属病院 先端聴覚医療センター  (北海道 札幌市) *② ←新患受付停止中! ・東北大学病院 耳鼻咽喉・頭頚部外科(宮城県 仙台市)*② ・山形大学医学部付属病院 耳鼻咽喉科(山形県 山形市)*② ・群馬大学医学部付属病院 耳鼻咽喉科(群馬県 前橋市)*② ・国際医療福祉大学 成田キャンパス(千葉県 成田市)*① ・東京都済生会中央病院 耳鼻咽喉科(東京 港区)*② ・東京医療センター 耳鼻咽喉科(東京都 目黒区)

                      スキ
                      42
                      • APD(聴覚情報処理障害)の検査と診断を受ける事って必要?という話

                        APDのオープンチャットに来られる方から、よく今日のタイトルにあるような質問が出る事があります。 そのたびに色々な意見が出て、その議論はコミュニティとしてとてもポジティブな事だと思うのですが 一度、私自身の一当事者としての意見も書いてみようかなと。 あくまで当事者目線なので、多分医学的な見地とはまた違う話です 今後のAPDの研究の発展、次の世代の聞こえの困難さを抱える方達の為を考えるなら、一人でも多くのAPD疑いの方に検査を受けてきちんと調べて頂きたいのもまた本音ですが。

                        スキ
                        15
                        • 私自身のAPD(聴覚情報処理障害)についての説明と対応

                          たまには、私自身の聞き取りの困難さに関する話を これを読んだ同じような困難さを抱える方の、思考のとっかかりにでもなれば幸いです。 【聞き取りの困難さに気付いたきっかけ】 ・聞き取りへの違和感を感じた最初の記憶→中学生 ・はっきりと違和感を感じたきっかけ→在籍している教会で、他の人がメモを取れる講話の内容が、私の場合には頭の中で意味として輪郭を持たないまま霧のように消えている事に気付いた時。 ここ数年で諸々の要素で成員が増えたのだが、増えるに伴って(およそ70人から100人オ

                          スキ
                          10
                          • 【オンライン】第3回APD(聴覚情報処理障害)勉強会 レポート

                            開催日:2021年 3月20日 開催場所:オンライン(ZOOM) テーマ:「学校生活の中でのAPDと合理的配慮」 参加人数:26人 今回の勉強会は、学生向け、或いは教育関係の方にAPD(聴覚情報処理障害)を知って頂く事、そして学校生活の中でAPDに対してどのような合理的配慮が提供されているのかに関して情報交換の場を作りたいと思い、上のテーマを設定させて頂きました。 ご参加頂いた方の属性を見ると、学生世代、教育関係の方、医療系で働く当事者の方等様々な方にご参加頂けまし

                            スキ
                            2
                            • 第9回オンラインAPD(聴覚情報処理障害)当事者交流会

                              開催日時 2021/01/31 開催場所 ZOOM 参加者 9名(うちファシリテーター2名) 今回も事前にテーマは設けず、自由にお話する回でした。 今回は初参加の方がお二人、ご両人とも全く予備知識なし、NHKの報道を見て「これだ!」と思い立ってすぐにご参加頂いた方でした。 その行動力もすごいなあと思いますが、今考えれば私も初めてAPDを知った時には、自分の中で繋がらなかったパーツが一気につながり、とても感動した事を思い出させられました。 【参加者の傾向】 今回の参加者は学

                              スキ
                              5
                              • 2020-2021年末年始のAPD(聴覚情報処理障害)報道スケジュール

                                NHK総合で放送される「未来スイッチ」という短時間の番組でAPDが何度か取り上げられます。 録画して誰かに説明するときに見てもらったり、自分の勉強のために見たり、どんな形でもいいのでまだAPDをよくご存じない方は一度見て頂ければなぁ、と思います。 そこで現時点(2020/12/29)で確認できている未来スイッチのAPD報道のスケジュールをリストにしておきます。 尚、この番組でのAPD報道は第一弾と第二弾の内容があり、それぞれが別のものになっています。 これは文頭に①と②を付

                                スキ
                                2
                                • 第2回オンラインAPD(聴覚情報処理障害)勉強会

                                  開催日時 2020/12/13 開催場所 ZOOM 参加者 17名(うちファシリテーター1名) テーマ「UDトークと情報保障」 使用したスライド 今回はオープンチャットで「UDトークの使い方を知りたい」という話が複数の方から出たので。 よしじゃあやろう!と開催してみる事にしました。 UDトークの話題以外でも、APDとは何か、情報保障とは何か、合理的配慮と障害者差別解消法は何か、みたいな点の基本的な所も盛り込みました(基本的な事しか私が知らないだけですが)。 実際問題とし

                                  スキ
                                  3
                                  • 第8回オンラインAPD(聴覚情報処理障害)当事者交流会

                                    開催日時 2020/11/29 開催場所 ZOOM 参加者 11名(うちファシリテーター1名) 特にテーマはなし、お喋りする集まりでした。 今回は初参加の方が半分程度、TVの未来スイッチの放送を見てAPDについて知った方が二人おられたのが印象的でした。 オープンチャットに参加している参加者の方が増えてきたのも、変化を感じました。 【参加者の傾向】 今回は学生の方はおられず、皆さん仕事をしている方ばかりでした。 仕事に関する話題が多く、たまたま属性がある程度似通った方が集ま

                                    スキ
                                    7