心を掴むもの

note連続100日更新を始めて3日目にして、早くも「今日は何を書こう?」と悩んだ結果、やっぱり東洋大学について書くことにした(何がやっぱりなのか、まったく分からないが…)。

今年も応援していてよかった

今年の箱根駅伝、東洋大学は12年ぶりに総合3位以内を逃し、10番目に大手町のゴールテープを切った。にもかかわらず、というのもおかしいが、大手町を歩きながら、私は「今年も東洋大学を応援していてよかったな」としみじみと感じていた。

どうやら私は「強い東洋」が好きなわけではないらしい(もちろん、東洋大学にはいつも勝ってほしいと思っているから、勝てば嬉しいし、負ければ悔しいし悲しいのだが)。であれば、東洋大学の何がそんなに好きで、こんなにも応援してしまうのか(選手は50m先にしか見えないのに名前を呼んでしまうし、通り過ぎてもなお叫ぶ人)。ここから先は(ここまでもか?)ただただ鉄紺の好きなところを書き連ねていこうと思う。

何がそんなに好きなのか

まず、東洋大学のユニフォームがすごく好きだ。鉄紺の布地に白のTU、毎年変わる背中の紋様。…格好いい。サブユニもシンプルで分かりやすくて好き。襷の色の組み合わせも好き。鉄紺×金×白。映える色、分かってるじゃん(偉そうだな)(なお、ここで私が生来深みのある色が好きで、ネイビーももれなく好き、という贔屓目が入っていることをお知らせしておく)。

もちろん、酒井監督も好き。Twitterで呆れられそうなほど、酒井監督格好いい…って言っているので、酒井監督のお顔立ちが好きなんだと思われていそうだが、実際は違う。いや、違わなくはないが、違う。私が本当に好きなのは、酒井監督の言葉選びや選手の起用方法。スローガンも格好いいし、インタビュー内の言葉(e.g. 「言葉をどうやって選手の心に響かせるか。」)や檄(e.g. 「速いと思うなよ」)も格好いい。傍目には思い切ったように見えるオーダーをしつつ、名前を下げる起用はしなかったり、同じ走力だったら4年生ではなく下級生に走らせたりするところも「厳しいなあ…」と思いつつも好き。

あと、端正なフォーム。大澤くんや定方くんのフォームには、所々きゅんみを感じてしまうのだけど、2人を含めて全体的に端正だし、贔屓目が入っているかもしれないのは承知の上だが、長丁場の箱根駅伝でも最後までフォームがバラけないのは本当にすごい。端正という言葉では足りないくらい整っていて、軽やかさもありつつ凛々しい西山くんのフォームも、これまた端正なのにきゅんみのある定方くんのフォームも好きだけど、実は、端正で頼もしくて安心感のある今西くんのフォームが1番好きだったりする(誰も聞いてない)。

東洋が東洋であること

と、ここまでいろいろ書いてきたものの、先述の内容は「今年も東洋大学を応援していてよかった」と思ったこととあまり関係はなく、ただ東洋の好きなところをいくつか挙げてみただけだ(おい) 。

じゃあ、なぜそう思ったのか。厳しい状況の中でも、東洋大らしい攻めの走りや、あきらめない姿勢が感じられたこと。言語化するのであれば、これに尽きるかな、と考えている。往路3連覇や12年連続総合3位以内は難しくなっても、「ここからだぞ!」とチームを鼓舞するかのような走りが何度も見られて、鉄紺の逆襲への期待を抱かせてもらって。「東洋大らしい攻めの走りや、あきらめない姿勢」は今まで何度も目に、耳にしたことのあるフレーズだけど、今回初めて理解できたように思う。簡単にはあきらめないというか、しぶといというか、東洋大学のこういうところが私はすごく好きらしい。

来季は、1年生3人を擁して箱根駅伝往路優勝を果たしたときの1年生が最終学年となる。今回走った新3年生は主力になれるだろうし、新2年生も6人が登録メンバーに入っていて、きっとこれから飛躍するだろう(清野くんは私的要注目選手!)それに、新しく入る1年生も楽しみ。落ち込んでいる暇はないし、来季も鉄紺を応援せずにはいられない、今はそんな気持ちでいる。優勝を目標に掲げていて、チームとして今回の結果は望むものではなかったかもしれないが、東洋が東洋らしい走りを見せてくれて、今年も応援しててよかった、来季も応援したいと思わせてくれて、何かもう「ありがとう」の気持ちしかない。

来季も変わらず応援させてほしい。記録会も大会も、全部見に行きたいなあ。

あとがき

日ごろから散々東洋東洋と言っているくせに、私と東洋大学の関係は、大気中の二酸化炭素濃度の方が高いんじゃないかレベルで希薄だ。私は関西の大学の出身だし、親族にも卒業生はいないし、東洋大学の友人だって7ヶ月前にできたばかりだし(社会人3年目になって、大学生の友人ができるとは夢にも思わなかった…)。それまでの繋がりといえば、東洋大学創立者と出身高校が同じくらい。

そんな私が東洋大学を応援するようになったのは、超ありがちだが、柏原竜二さんが新・山の神となり、東洋大学が箱根駅伝往路を初めて制し、そのまま復路も優勝して、完全優勝したのがきっかけだ。超ミーハー。

だから、東洋大学を11年応援してるといっても、こんなに東洋大学が好きだとは思っていなかったのだ。1月3日、大手町の交差点でどこかへ移動中の東洋大学の選手に遭遇して、柄にもなく泣きそうになるまでは。どんなところが好きかなんて関係なく、完全に心を掴まれている、そんな感覚だった(ここまで頑張って言語化してきたのはいったい…)。

いつの間にこんなに好きになっていたんだろう。恋?もはや恋なのか、これは??って感じ。それは冗談にしても、こんなに応援できる何かがあるのはすごく幸せなことで、そんなチームを作り上げてきた関係者の方には感謝の気持ちでいっぱいだ。幸せをありがとう。ミーハーなきっかけでも、東洋大学を応援し始めて本当によかった。

あとがきのあとがき

1月3日に大手町で選手を見かけたあと、横断歩道で酒井監督とすれ違ったら、衝撃が大きすぎて新年早々心臓が止まりかけた。数瞬呼吸は忘れるし、心臓はしばらく痛いし、酒井監督との遭遇はダメージが大きすぎる。どんな手段でもいいから事前に教えておいてくれ、心臓が保たないから笑

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

40
なぜこんなにも「加速」と「圧倒的スピード」を求めてしまうのか。https://instagram.com/myk_kyou
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。