KIKAI College

KIKAI Collegeは喜界島サンゴ礁科学研究所に付属する教育機関です。「100年後に残す」をミッションとして、サンゴ礁科学を柱に、科学、芸術、地域において人と地球環境のあり方を考え、より良い未来を創造する人材を育てる実践型の教育プログラムを提供しています。

メンバーシップに参加

■なにをするサークルか Atoll(アトール)はKIKAI Collegeと喜界島サンゴ礁科学研究所のプロジェクトや事業に参加する大学生・大学院生・社会人を中心としたチームです。 ■活動方針や頻度 月に2-3回のイベントや複数のプロジェクトがAtollのメンバーにより実施されています。活動は研究・調査のほか、環境教育や地域活性化など様々です。イベントの場合は1−2ヶ月前から企画を始め、実施までを行います。一つのプロジェクトに携わる場合は3ヶ月〜半年間、月に2回以上のミーティングがあります。 ■どんな人に来てほしいか 将来、地域や社会、学術の世界において、人と地球環境のより良い未来を作るための活動を行いたい人に向けて、実践から学ぶ経験をしてもらいたいです。 ■どのように参加してほしいか Atollメンバーは喜界島サンゴ礁科学研究所にて2週間以上のインターンをぜひ経験ください。インターンシップに関してはKIKAI Collegeのウェブサイトを参照ください。

Atollメンバーシップ

¥350 / 月

KIKAI College

KIKAI Collegeは喜界島サンゴ礁科学研究所に付属する教育機関です。「100年後に残す」をミッションとして、サンゴ礁科学を柱に、科学、芸術、地域において人と地球環境のあり方を考え、より良い未来を創造する人材を育てる実践型の教育プログラムを提供しています。

メンバーシップに加入する

■なにをするサークルか Atoll(アトール)はKIKAI Collegeと喜界島サンゴ礁科学研究所のプロジェクトや事業に参加する大学生・大学院生・社会人を中心としたチームです。 ■活動方針や頻度 月に2-3回のイベントや複数のプロジェクトがAtollのメンバーにより実施されています。活動は研究・調査のほか、環境教育や地域活性化など様々です。イベントの場合は1−2ヶ月前から企画を始め、実施までを行います。一つのプロジェクトに携わる場合は3ヶ月〜半年間、月に2回以上のミーティングがあります。 ■どんな人に来てほしいか 将来、地域や社会、学術の世界において、人と地球環境のより良い未来を作るための活動を行いたい人に向けて、実践から学ぶ経験をしてもらいたいです。 ■どのように参加してほしいか Atollメンバーは喜界島サンゴ礁科学研究所にて2週間以上のインターンをぜひ経験ください。インターンシップに関してはKIKAI Collegeのウェブサイトを参照ください。

  • Atollメンバーシップ

    ¥350 / 月

マガジン

  • KIKAI College活動記録

    喜界島サンゴ礁科学研究所での、カレッジ生の活動記録です。

  • インターンシップ体験記

    喜界島サンゴ礁科学研究所ではインターンシップ生の受け入れを行っています。 先輩方の活動記録はこちらからご覧ください! 分野にとらわれず、様々なバックグラウンドを持つ人が集まり、そして喜界島から出た後も活躍しています!

  • 渡邊 剛

  • 山崎 敦子

最近の記事

  • 固定された記事

KIKAI College の開設に向けて

喜界島サンゴ礁科学研究所は2014年に設立した私たちの研究拠点です。 私たちは世界中のサンゴ礁を巡り、喜界島にたどり着きました。長年、研究を進めていく中で、フィールドと実際に研究成果が生み出される場所が違うことに違和感を感じてきました。発展途上国では、美しいサンゴを研究するより、もっとお金になることでサンゴ礁を利用し、研究者も試料を採取した後の研究は、それぞれの国へ持ち帰ってからやってきました。しかし私たち研究者がフィールドワークをやる時は、どうしても地域の協力が必要です。し

    • 阿伝集落ビーチクリーン

      2022年11月15日、サンゴ研主催で喜界島・阿伝のビーチクリーンを実施しました。 日時:2022年11月15日(火)7:30~1時間程度 場所:喜界島阿伝、泊浜 主催:喜界島サンゴ礁科学研究所 参加者:合計16名 回収量:計180㎏ 奄美群島国立公園に指定されている阿伝集落は、サンゴの石垣の美しい集落景観で知られており、その目の前に広がる海がとても魅力的です。一方で夏場から秋にかけての台風や東風で海が荒れ、多くの漂着物が打ち上げられるほか、時には集落まで高潮が押し寄せる

      • サンゴ塾第3回レクチャー〜薩南諸島のサンゴ礁と魚たちの分布特性〜

        今回のサンゴ塾は鹿児島大学にて行われました。 当日の現地では台風14号の接近しつつあり、不安な天気ではあったものの開催中は少し雨の降る程度で無事開催できました。 本村浩之先生(鹿児島大学 総合研究博物館)の講義では“薩南諸島のサンゴ礁の魚たちと分布特性”というタイトルで喜界島を始めとした薩南諸島に住む魚たちの生態や分布について講演して頂きました。 魚とその色の関係性というテーマはとても興味深く感じました。例えば似たような色・姿であるのに全く別の種類であったり、見た目では

        • 喜界島のサンゴ図鑑が完成

          喜界島のサンゴ図鑑が完成しました。 タイトルは『喜界島 海と陸の造礁サンゴ図鑑』です。 サンゴ図鑑のご購入はこちらから!↑ 喜界島にはどれくらいのサンゴがいるのだろうというサンゴ研に寄せられた疑問から始まった今回のサンゴ図鑑プロジェクト。2020年に図鑑制作へ向けた調査がスタートし、クラウドファンディングで多くの方からご支援をいただきました。新型コロナウイルスの影響で調査が上手く進まず、注目をいただきながらも当初の完成予定より大幅に遅れてしまいましたが、その分素敵な図鑑が

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • KIKAI College活動記録
          KIKAI College
        • インターンシップ体験記
          KIKAI College
        • 渡邊 剛
          KIKAI College
        • 山崎 敦子
          KIKAI College

        メンバーシップ

        投稿をすべて見る すべて見る
        • 12/5 京都大学こころの未来研究センター ウェビナーのお知らせ

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 11/25 KIKAI College-QLD観光局合同オンラインレクチャー のお知らせ

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 11/18 Marine ecosystem webinar のお知らせ

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 12/5 京都大学こころの未来研究センター ウェビナーのお知らせ

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 11/25 KIKAI College-QLD観光局合同オンラインレクチャー のお知らせ

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 11/18 Marine ecosystem webinar のお知らせ

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          喜界島リーフチェック2022

          喜界島のサンゴ礁を100年後に残すためのモニタリング調査 2022年9月24日(土)、喜界島サンゴ礁科学研究所が喜界島・荒木にてリーフチェックを実施しました。ここではそのイベントの様子や調査結果について詳しくご報告します! ―――――――――――――――――――――――――――――― 「喜界島リーフチェック2022」 日時:2022年9月24日(土) 場所:喜界島・荒木、巨大ハマサンゴ周辺 天気:晴れ、気温30℃、水温27.8℃ 主催:喜界島サンゴ礁科学研究所 協力:ヨネ

          一方向だけではなく、様々な視点から物事をとらえる

          KIKAI Collegeでは喜界島サンゴ礁科学研究所でのインターンシッププログラムを提供しています。今回はそうたさんのインターン体験記を紹介します! ●氏名:平井蒼大 ●年齢:22歳(インターン当時) ●出身:山口県 ●インターン期間:9/1~9/18 ●所属:長崎大学水産学部水産学科 ●所属サークル:スクーバダイビングサークル Q.喜界島サンゴ礁科学研究所をインターンシップ先に選んだ きっかけは? サンゴに興味があり、豊かなフィールドがある喜界島での研究所の業務がどん

          人と関わることが好き

          KIKAI Collegeでは喜界島サンゴ礁科学研究所でのインターンシッププログラムを提供しています。今回はひよりちゃんのインターン体験記を紹介します! ●氏名:嶋田姫由 ●年齢:20歳(インターン当時) ●出身:埼玉県 ●インターン期間:7/28-8/31(5週間) ●所属:立教大学経営学部国際経営学科 ●普段学校でやっていること:ゼミでは組織開発・人材育成について学んでいます。 ●所属サークル:書道 Q.喜界島サンゴ礁科学研究所をインターンシップ先に選んだ きっかけは

          やっぱり海とサンゴが好きな自分を再発見することができた

          KIKAI Collegeでは喜界島サンゴ礁科学研究所でのインターンシッププログラムを提供しています。今回はダニエルのインターン体験記を紹介します! ●氏名:伊藤広起 ●年齢:21歳(インターン当時) ●出身:神奈川県、インドネシアの ●インターン期間:2021年7月上旬~2021年8月上旬 ●所属:国際基督教大学 ●普段学校でやっていること:卒業研究、国際交流や里山保全のボランティアなどなど ●所属サークル:英語ディベート Q.喜界島サンゴ礁科学研究所をインターンシップ

          サンゴキャラバン

          KIKAI Collegeのメインプロジェクトの一つ、サンゴキャラバンについて紹介します! サンゴキャラバンは、喜界島サンゴ礁科学研究所のKIKAI Collegeが全国の都市を回って、サンゴや海の魅力を発信しながら仲間を集めていくプロジェクトです。  2021年6月に発足し、次世代の若者たちに向けて自然環境と触れ合う場、そして共に地球の100年を考える場をつくっています。企画・運営はKIKAI Collegeの大学生、大学院生が中心となって行い、喜界島サンゴ礁科学研究所

          保全を行うためにどう地域を巻き込んでいくか

          KIKAI Collegeでは喜界島サンゴ礁科学研究所でのインターンシッププログラムを提供しています。今回はロマスさんのインターン体験記を紹介します! ●氏名:ロマス ジュニア貴 ●年齢:23歳(インターン当時) ●インターン期間:2020年9/16〜10/5 ●所属:宮崎大学 農学研究科 農学国際コース Q.担当した業務を教えてください。 自分は保全のメインに今回のインターンに取り組ませていただいたのですが、保全を行うためにどう地域を巻き込んでいくのか、またいかにして

          ここでの経験を踏まえ、進路について考えたい

          KIKAI Collegeでは喜界島サンゴ礁科学研究所でのインターンシッププログラムを提供しています。今回は若菜ちゃんのインターン体験記を紹介します! ●氏名:佐々木若菜 ●年齢:20歳(インターン当時) ●出身:東京都 ●インターン期間:2020年9/3〜26 ●所属:北海道大学理学部化学科 2年 ●普段学校でやっていること 化学科の専門科目の基礎を幅広く学んでいます Q.喜界島サンゴ礁科学研究所をインターンシップ先に選んだきっかけは? 大学の2年前期に受けた、「地球

          サイエンスコミュニケーションのフィールドで

          KIKAI Collegeでは喜界島サンゴ礁科学研究所でのインターンシッププログラムを提供しています。今回は萌奈さんのインターン体験記を紹介します! ●氏名:田中萌奈 ●年齢:22歳(インターン当時) ●出身:東京都 ●インターン期間:2020年11月7日~28日 ●所属:筑波大学院生命地球科学研究群生物学位P ●普段学校でやっていること:線虫を用いて香り物質の効果を研究しています。 ●所属サークル:イベントの企画をするサークル Q.喜界島サンゴ礁科学研究所をインターンシ

          試行錯誤を重ね追求することの楽しさ

          KIKAI College では喜界島サンゴ礁科学研究所でのインターンシッププログラムを提供しています。今回は宮林ちゃんのインターンシップ体験記を紹介します! ●氏名:宮林 弘美 ●年齢:20歳(インターン当時) ●出身:兵庫県 ●インターン期間:2020年8/23〜9/27 ●所属:日本大学 生物資源科学部 海洋生物資源科学科 3年 ●普段学校でやっていること 友人と大学付近の川でサンプリングをする、サークルのイベント企画 ●所属サークル:スキューバダイビングサークル

          オンライン対談公開 フラダンサーMiyuu・Saki×渡邊剛

          フラダンス世界チャンピオンのMiyuuさん・Sakiさんと理事長渡邊が2021年10月14日にオンライン対談を行いました。お二人と研究所との繋がりや喜界島について、その対談を3人の言葉でお届けいたします! ―MiyuuさんとSakiさんが喜界島に初めていらっしゃったきっかけと、その時感じたことを教えてください。 Saki:知人から「喜界島でイベントするから踊りに来ないか」と言われたのがきっかけです。「喜界島ってどこだろう」と思ったのですが、二つ返事で「はい!」と言いました。

          喜界島草舟プロジェクト

          喜界島で草舟制作を実施! 2022年3月23日、24日の2日間、喜界島で草舟の制作が行われました。今回はイベントの様子を盛りだくさんでお伝えします。 「喜界島草舟プロジェクト」 日時:2022年3月23日(水)、24日(木) 9:00~17:00 場所:喜界島スギラビーチ 主催:喜界島サンゴ礁科学研究所 後援:喜界町、喜界町教育委員会、文部科学省科学研究費助成事業・新学術     領域研究(研究領域提案型)2019年度~2023年度「出ユーラシアの統合的人類史学‐文明創出

          環境の変化を自分の五感で感じる

          KIKAI Collegeでは喜界島サンゴ礁科学研究所でのインターンシッププログラムを提供しています。今回はモモのインターン体験記を紹介します! ●氏名:吉田桃英 ●出身:神奈川県 ●KIKAI College:2021年8月から現在 ●所属:James Cook University, QLD, Australia ●普段大学でやっていること:海洋科学部でいろんな分野の学問を学んでいます。その中で生物学的視点以外からでもサンゴ礁保全ができることを知り、今は自分の得