福井裕孝 企画【シアター・マテリアル/黒い箱を預ける[山]】プログラム取り下げのお知らせ

福井裕孝 企画【シアター・マテリアル/黒い箱を預ける[山]】プログラム取り下げのお知らせ

吉祥寺からっぽの劇場祭

吉祥寺からっぽの劇場祭(主催:吉祥寺シアター)

7月24日にこちらのページでお伝えいたしましたとおり、本プログラムでは、本来であれば7月24日から約二週間に渡り、吉祥寺シアターから持ち出した箱馬を東京郊外の山中に設置し、山中から取り出した自然物を劇場内に設置する予定でした。
しかし、箱馬の養生に不備があったこと、当初の想定以上に山中の環境が過酷であったことから、現行の対策のままでは環境的に汚損・紛失の可能性が高いため、現地で箱馬の設置を中止とし、回収するという判断を行いました。

この状況を受け、25日に本プログラムの演出家である福井裕孝氏より、本プログラムの取り下げを希望するとのお申し出がございました。
福井氏のお申し出を受け、当劇場祭としても、現在の進行状況を鑑みた上で会期中の制作は困難と判断いたしました。よって、本日を以て予定しておりました【シアター・マテリアル/黒い箱を預ける[山]】のプログラムを取り下げさせていただきます。

本企画を楽しみにして下さっていたお客様、そして、プログラムを本来の意図とは違う形で終了せざるを得ない状況となってしまった福井氏に、心よりお詫び申し上げます。

なお、今後につきましては、福井氏と協議の上で決定します。
詳細は決定次第、当劇場祭公式WEBサイトで発表をいたします。

2020年7月28日
吉祥寺からっぽの劇場祭(主催:吉祥寺シアター)


福井裕孝

この度、2020年7月24日より実施予定だった『シアター・マテリアル/黒い箱を預ける[山]』を、吉祥寺からっぽの劇場祭のプログラムから取り下げることになりました。

以下、判断に至った経緯についてご説明します。

2020年7月1日、当時の都内の感染状況を鑑みて、京都在住である私が当日現場の交換作業には同行しないこと、また今後もオンライン上でやりとりを行いながらクリエーションを進めていくということを劇場祭側と両者合意の上で取り決めました。

2020年7月24日、その日に行われた箱馬の交換作業中に箱馬の養生に不備があったこと、当日の天候も含め山中の環境が想定していた以上に過酷であったことがわかり、現場の判断で設置する予定の箱馬を急遽持ち帰ったという報告を当日作業を担当した劇場祭関係者から受けました。またその報告の中で、交換対象である山の素材は劇場に持ち帰ってきたこと、また養生ができた状態の箱馬を一つだけ山中に残してきたということについても報告を受けました。

連絡の十分に取り合えない環境下で起こった不測の事態とはいえ、現場で行われた判断が「箱馬と山を同じ分量入れ替えて、劇場祭の開催期間中それぞれ保管する」という作品の趣旨からかけ離れたものであること、また作品の根幹に大きく関わるこれらの意思決定が、演出である私への事前の報告や相談もなく現場の関係者のみの判断によって行われたことについて、あらためて劇場祭側に説明を求めました。その後キュレーターである綾門さんも含めて劇場祭側と話し合いを重ね、プランの修正等も含めて今後の可能性について模索してきましたが、まず今回起こった問題と誠実に向き合わないことには、形を変えてクリエーションを継続することも、新たに別の作品を制作・発表することもできないとして、既定のプランの実施中止およびプログラムの取り下げを打診しました。

今回の取り下げにあたって、現場で起こりうる様々なリスクを想定した上でこれまでの準備期間も含め総合的にディレクションできていなかったこと、また現場での作業を委任した関係者をはじめ劇場祭側とのプランの共有が不十分であったことを、まずは演出である私に帰する問題として真摯に受け止めたいと考えています。一方で、今回現場で行われた意思決定は、作家・劇場間のコミュニケーションの問題だけに帰結するものではないと考えています。今後につきましても、ただの一プログラムの中止に伴う事務的な後処理にとどまることなく、このからっぽの劇場祭を内側から批判的に問い直す機会となるよう引き続き劇場祭側とは協議を続けていきます。

最後になりますが、今回のプログラムを楽しみにしていただいた皆様に深くお詫び申し上げます。何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

福井裕孝
2020年7月28日

https://www.fukuihirotaka.com/200728


「吉祥寺からっぽの劇場祭」チーフキュレーター 綾門優季

福井裕孝氏の企画を劇場祭の運営側で完遂出来なかったこと、忸怩たる思いでいっぱいです。

私が劇場でのプログラムのために現場に不在であり、且つ連絡を取り合うことが困難な環境下で起こった今回のプロセスは、今後、チーフ・キュレーターを務めるうえでも重大な出来事として捉えており、現在は吉祥寺シアター制作部、各スタッフへのヒアリングを重ねながら、事態を正確に把握することに努めています。

福井氏とは、これまで協議を重ねております。劇場祭をよりよいものにするべく、これまでの過程を見直し、対策を迅速に整える所存です。

最後になりますが、【シアター・マテリアル/黒い箱を預ける[山]】を楽しみにして下さっていた皆様、本当に申し訳ございませんでした。

2020年7月28日
吉祥寺からっぽの劇場祭
チーフ・キュレーター
綾門優季
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
吉祥寺からっぽの劇場祭

いただいたサポートは会期中、劇場内に設置された賽銭箱に奉納されます。

吉祥寺からっぽの劇場祭
吉祥寺シアター レジデンスプログラム「吉祥寺からっぽの劇場祭」 2020年7月23日(木)~8月9日(日) 綾門優季(青年団リンク キュイ)/渡辺瑞帆(青年団)・渡邊織音(グループ・野原)/額田大志(ヌトミック/東京塩麹)・福井裕孝・山下恵実(ひとごと。)他。