アートのある光景

10
記事

Art Fair:Independent 2020 @New York(3/5~3/8)前編

ニューヨーク、ドイツで鑑賞した展覧会を、noteにアップします。
題して「アートのある光景」シリーズ。
自宅待機(待避? 隔離?)されている方は、お茶のお供にどうぞ。
第1弾は、ニューヨークで開催されたアートフェア、Independentの前編です。今年で11回目、トライベッカのSpring Studioに移って5回目のフェアが、2020年3月に開催されました。去年10周年記念でギャラリーが増え、

もっとみる

Art Fair:Independent 2020@New York(3/5~3/8)後編

「アートのある光景」シリーズ、ニューヨークで開催されたアートフェア、Independentの詳細な紹介の後半です。
前編の前書きでも触れましたが、IndependentはバーゼルのListeと並んで、新進ギャラリーを集めたグローバルなアートフェアの双璧をなしています。
このフェアは、ニューヨーク州の非常事態宣言発令の3月7日(私がフェアを訪ねた6日時点では、ニューヨーク市の感染者数はわずか4人)を

もっとみる

Gerhard Richter: Painting After All@The Met Breuer(3/4~現在休止中) Floor 4

前回の「アートのある光景」で紹介したアートフェアのIndependentと同様、上記タイトルの展覧会を2回に分けてアップします。
今回は、Independentと同時期にニューヨークのメトロポリタン美術館Breuerでオープンしたゲルハルト・リヒターの回顧展(現在休止中)です。キャプションを含めて展示作品のすべてを網羅しました。
上の見出しの写真は、Floor 4で撮影。リヒターの作品の周囲で起き

もっとみる

Gerhard Richter: Painting After All@The Met Breuer(3/4~現在休止中) Floor 3

「アートのある光景」シリーズの第2回。Met Breuerの展覧会、Gerhard Richter: Painting After AllのFloor 3の展示です。
Floor 4より全体的に時代順に並べられているので分かりやすいと思います。
Floor 4の展示は、https://note.com/kentaroichihara/n/nb6aa221f64f3

Hans Haacke: All Connected@New Museum(10/24/19 - 01/26/20) 前(1F&4F&3F)

これまで「アートのある光景」の記事では、新型コロナ感染拡大以前の注目イヴェント中、アートフェアのIndependent(作品の画像を補充しました)と、リヒター回顧展(全展示作品)を配信してきました。
第3弾(2回に分けます)は、現在、最盛期を迎えた感のある社会的、政治的表現の元祖、Hans Haackeの作品を取り上げます。この潮流の真打ちの登場です。新型コロナ禍の後、それはどうなるでしょうか?

もっとみる

Hans Haacke: All Connected@New Museum(10/24/19 - 01/26/20) 後(2F&5F)

「アートのある光景」シリーズ、第3弾。Hans Haacke回顧展の後半(New Museumの2階と5階)です。少しでもハーケの理解につながれば幸甚です。
ニューヨークのアート界がロックダウンされて、文化が停止しています。それを実感するのは、地元の市民ばかりではありません。ニューヨークから遠く離れて暮らすアート・ラヴァーも、ニューヨークのアートの火が消えて悲しむ人は少なくないでしょう。もし、ニュ

もっとみる

member: Pope.L, 1978–2001(10/21/ 2019~2/1/2020)@MoMA〈上〉

Pope.L(1955~)は、自らを“a fisherman of social absurdity”と呼ぶ。

その真意は、かなり複雑である。なぜなら、彼が漁師として捕えるsocialとabsurdityの間には矛盾とまではいかないが、懸隔があるからである。それが、彼の活動の出自となる時代背景に起因していることは明白だろう。その時代は、60年代からの公民権運動と過激なアフリカン・アメリカンの武装

もっとみる