見出し画像

イベント好き

夏ですね。
夏といえばイベント!
健康応援隊以外にもいくつかのイベントスタッフをかけ持ちをしている隊長です。

昔から、なんだかイベント好きでした。
私の母曰く
「盆踊りに連れていくと、勝手に踊りにいっちゃう子」
だったそうです。

遠足、旅行、文化祭、部活、サークル、地域の祭り、施設の夏祭りや餅つき、BBQ、親戚が集まるお盆と正月、鍋パーティー、同窓会…
イベントの数日前からワクワクしてくるんです♪

イベント好きではありますが、前面に出るわけではありません。
誰かの横で手伝う、裏方スタッフで楽しむのが好きです。

大人になってからは、ある講演会がきっかけで、まちづくりチームに参加してます。
住民でもない、家から車で2〜3時間も離れた地域のまちづくりチームです。
そこの運営スタッフたちと仲良くなったし、毎回刺激があるから、遠くても参加してしまいます。

改めて、なんでイベントが好きなのか考えてみました。

自分主催のイベントや講座は、大変だけど、感動があります。
段取りや調整、物の準備、打ち合わせの仕切りなど、やる事がいっぱいで、脳内カオスになります。
緊張して、前日は寝れません…
でも、いざ当日になると、参加者の楽しんでいる様子を見たり、笑い声が聞こえたり、目をキラキラさせた顔を見たときは、「やってよかった!」といつも感動します。
大変だけど、主導権を握ってやり切る達成感があります。

一方、誰かが主催のイベントは、全力で楽しめます。
表も裏も全部見れるし、作り上げることに参加してるから、イベントの趣旨や想いも肌で感じられて、イベント全てを楽しめます。
責任感の重荷がないってのもありますね。
リーダーや他のスタッフやお客さんを、俯瞰して見れるのも好きです。
動き、表情、感想など、「ななちゃんはいつも冷静に対応してくれる」と言われます。
いざ、自分主催のイベントをやるときのために、模擬体験させてもらっている感じで、非常に勉強になります。

ぶっ飛んでるリーダーのイベントに参加すると、大変勉強になります。
「〜でなければならない」
「〜であるべき」
など、大人達が作り上げた変な枠がない。
凝り固まった常識を、突き破るきっかけや視点に気づく事ができます。
そうすると、いろんな人を受け入れる器が広くなっていく感覚も味わえます。
きっとこの感覚が好きなんだと思います。

だから、イベントは大好きです☆

現在、健康応援隊では
「親子で農業体験&健康プチ講座」
という体験型キャリア教育のイベントを開催しています。

準備は大変な時もありますが、それも含めて楽しんでいます♪
まだ、2~3組の空きがありますので、ご興味あれば、ご参加ください。


健康応援隊は健康の専門家集団です

この記事が参加している募集

夏の思い出

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!