ケンフィー@Webデザイナー

27age | 静岡県在住 | デジタルデザイナー(Web, チラシ, 資料, サムネイル, サウンド) | 「僕の全てがここに」をテーマにメディアを運営しています → https://kenfee.com/

ケンフィー@Webデザイナー

27age | 静岡県在住 | デジタルデザイナー(Web, チラシ, 資料, サムネイル, サウンド) | 「僕の全てがここに」をテーマにメディアを運営しています → https://kenfee.com/

マガジン

  • 月刊ケンフィー物語

  • 連載「トモシビ~キャンドルナイトの開催に込めた想い~」

    2020年12月5日に静岡県藤枝市の蓮華寺池公園で開催する「ドリームキャンドルナイト」の開催経緯やイベントに込めた想いを綴ります。新型コロナウイルスによってやりたいことができなくて悔しい1年でしたが、最後ぐらいは夢や希望を語って終えたいです。

最近の記事

【2022年8月】ワクワクと不安の先へ

先月に引き続き、今月の活動の様子をまとめていきますね😉 8月は、月末に退職日を迎え、今後の不安を感じましたが、その中でも新しい道に進むワクワク感もあり、不安とワクワクに包まれた1ヶ月でした。今後の生き方を模索する1ヶ月だったと思います。 (1) 異業種に飛び込む恐怖と不安(1-1) 10年間の進路 8月末に、母校の進路ガイダンスで講演をする機会をいただき、高校を卒業してから10年間の僕自身の体験談をお話ししてきました。 その際に、改めて自分の10年間を振り返っていたの

スキ
4
    • 【2022年7月】新章開幕!覚悟を決めた意思表明

      先月に引き続き、今月の活動の様子をまとめていきますね😉 7月は、あれこれと準備を進めて、退職の意思を伝え、自分の生き方を追求する覚悟を決めた1ヶ月でした。手放すことで掴めるチャンスもあると思うので、これからはアンテナを張って、来るべきチャンスに備えたいと思います。 (1) 準備は整った!自分の生き方を追求する覚悟(1-1) KENFEE.COMリニューアル 2016年6月に立ち上げた をリニューアルしました。6年間、自分のペースでコンテンツを作り続けてきましたが、トップ

      スキ
      4
      • 【2022年6月】ここから新たなステージへ

        先月に引き続き、 今月の活動の様子をまとめていきますね😉 6月はこれまでお世話になった人を始め、たくさんの人に会いに行っていた1ヶ月でした。人と会うことで自分の状況を客観的に見れて、自分がどんな人生を歩みたいのかを考えるきっかけになりました☺️ (1) 心機一転!人を巡る旅6月12日〜6月25日にかけて、お世話になった方々を中心に「人を巡る旅」を決行していました。きっかけは、僕のひとつの仮説からでした🤔 その仮説のもと、西は岡山まで行ってきました。全貌はInstagra

        スキ
        3
        • 【2022年5月】1歩1歩、踏みしめながら

          先月に引き続き、今月の活動の様子をまとめていきますね😉 5月は新居での生活にも慣れ、ワクワクする出来事もありながら、少しずつ心の調子を取り戻していた1ヶ月でした。引き続きゆっくり時間をかけて、調子を整えていこうと思います。 (1) "ワクワク"の灯を絶やさぬように(1-1) まちなか遊園地 「空き店舗になったこの場所を自由に使えるなら、君ならどう使う?」 そんなキャンペーンを活用して、様々な体験型コンテンツが集まる「まちなか遊園地」を開催しました。しかし、イベント4日

          スキ
          6

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 月刊ケンフィー物語
          ケンフィー@Webデザイナー
        • 連載「トモシビ~キャンドルナイトの開催に込めた想い~」
          ケンフィー@Webデザイナー

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          【2022年4月】オモチャ箱が開いていく瞬間

          先月に引き続き、今月の活動の様子をまとめていきますね😉 4月は引っ越しによる心機一転や、富士フェス・お台場スカイランタンなどの楽しいイベントがあり、タイトル通り「オモチャ箱が開いていく瞬間」のような1ヶ月でした。 (1) 遊牧民から定住民へ(1-1) 新居への引越しの想い 引越しを決断した理由は3つあります。 1つ目は「心機一転」。2月にパニック障害を発症してから3ヶ月が経ち、体調も回復してきたのですが、再発防止も兼ねて、自分が落ち着ける住空間を整備しようと考えました。

          スキ
          3

          【2022年3月】ワクワクする未来に向かって

          先月に引き続き、今月の活動の様子をまとめていきますね😉 3月は、先月患ったパニック障害のため仕事を休職しながら体調を整えていました。久しぶりにまとまった時間が取れたこともあり、心身ともにリフレッシュする時間を設けたり、新年度に向けた準備をしたりと、有意義に過ごせたと思います🤔 (1) 体調が回復して戻りつつある日常(1-1) ホワイトデースカイランタン 3月12日(土)に駿府城公園で開催された「ホワイトデースカイランタン🎈」に、今回も音響🎶で協力させていただきました。青

          スキ
          9

          ケンフィーって誰?

          略歴ケンフィー マルチデジタルクリエイター。 1994年生まれ。兵庫県明石市出身。 2013年に報徳学園高等学校を卒業後、岡山大学工学部電気通信系学科に進学。岡山大学大学院博士前期課程を修了(工学修士)。 現在は静岡県藤枝市に在住し、Web制作や映像制作、イベント企画などの活動を行っています。 人生のミッション「WEB × イベントで優しい革命を」 SNSアカウント◉Instagram →https://www.instagram.com/kenfee_official/

          スキ
          3

          【2022年2月】心身の休養と人生を俯瞰する機会

          先月に引き続き、今月の活動の様子をまとめていきますね。 2月は、上旬にパニック障害を患い、1ヶ月間休養していました。美味しいものを食べたり、映画を観たりして、心身ともに休養できたと思います。また、自分の人生を客観視して、自分の人生と向き合う時間を作れました。 (1) 突然の発症それは2月3日、突然やってきました。体が動かなくなったり、過呼吸が起きて救急搬送されたり🚑。その後、医師から「パニック障害・抑うつ状態」だと診断を受け、自宅療養することになりました。あまりにも突然の

          スキ
          2

          【2022年1月】暖かい交流と夜空に描く希望

          今年から1ヶ月の出来事を物語形式で綴っていこうと思います。 1月は、怒涛の2021年が終わり、ほっとひと息つける1ヶ月でした。伝統文化という長年温められてきたエンタメと出逢ったり、友人たちと囲んで食事したり、スタッフで参加したイベントにぬくもりを感じたり、「温かい交流」を持てたように思います。 (1) 歌舞伎という伝統文化との交流 1月4日12時。 この日は人生で初めて歌舞伎を鑑賞するため、静岡市内から新幹線で東京へ向かい、14時ごろ新橋に到着。  今回僕が観た演目は

          スキ
          7

          飛躍に向けた準備期間〜写真とデータで見る僕の2021年〜

          2021年も、もうすぐ終わってしまう。1月の出来事が、ずいぶん前のことのように思えてくるほど、今年はいつもに増して、長く感じた1年でした。 来年以降たくさんの新しいことに挑戦していく中で、だんだんと今年の記憶は薄れていくでしょう。でも記憶が薄れても、みんなとの思い出を振り返れるよう、ここに書き記すことにしました。 みんなとの思い出は忘れたくないので😅 ここから1年は始まった元日に、友人の方々と天空の茶園(@おかかえ茶園かねぶん)で富士山を見て、1年の幕が明けました。 写真

          スキ
          1

          技術や知識よりも「困っている人を助けたい」という想い

          最近、日曜劇場「Tokyo MER〜走る救急救命室〜」にハマっています。死者ゼロを掲げて結成された救急救命医療チームが次々に災害現場で救助活動を行っていきますが、その中でも喜多見チーフの現場で繰り広げられる手術は、ブラックジャックを見ているようなハラハラ感があり、1時間の枠を最初から最後まで楽しませてくれます。 今回noteで筆を取ったのは、第2話の内容を見て深く感銘を受けたため、それを書き残したくなったからです。 1: あらすじ第2話では、クラッシュ症候群に気付けず危う

          スキ
          3

          YOASOBI 1stLIVE「KEEPOUT THEATER」ライブレポート

          2021年2月14日、YOASOBI初となるライブが行われました。オンラインのライブビューイングだったので、部屋で〈ぬくぬく〉とライブを楽しみました☺️このオンラインライブが最高に良かったので、記録として書き残すことにしました! ※「ぬくぬくと」という表現に関しては、悪意を込めて使っているわけではないことをご了承ください。きっとライブを見た人には伝わるはずです(笑) YOASOBIにハマったきっかけ2020年の2月ごろからYOASOBIの楽曲を聴き始めて、日に日にハマって

          スキ
          9

          トモシビ#9「密着!キャンドルナイト当日の1日!!」

          キャンドルナイト当日、12月5日。 これは絶望から始まり、希望で終わるまでの長い1日の出来事です。 8:00 > 出発81名分の夢しか集められていない絶望の状態で迎えました。 自宅から荷物を車に積んで蓮華寺池公園に向かいました。 ガラスコンテナ(ビン容器)100個が重たすぎる・・泣 11:00 > 蓮華寺池公園到着早朝に到着していた銀ちゃんと蓮華寺池公園で合流し、夢集めの続きを蓮華寺池公園で実施することにしました。園内を散歩している方々に声をかけて、夢を聞いて回り、90分

          スキ
          2

          トモシビ#8「夢や希望を語り合える世の中にしたい」

          イベント当日の話をする前に、ひとつ話しておきたいことがあります。100人分の夢を集めてキャンドルナイト🕯️を開催しようと思ったきっかけについてです。 もちろんコロナ禍で夢や希望✨を見失う中、少しでも多くの人が夢や希望を取り戻して、2021年を迎えてほしいという想いを込めて開催したわけですが、それだけではありません。僕には「夢や希望✨を語り合える世の中にして、次の世代に渡したい」という想いがあります。その想いから、2019年に知人に譲り受けた「SHARE DREAM」という夢

          トモシビ#7「絶望の中で全力を尽くした2日間」

          イベント前に訪れた「絶望」夢集めとクラウドファンディング🔥での支援集めと並行して、何度か会場となる「蓮華寺池公園🏞」に足を運びました。下見も兼ねてジョギング🏃‍♂しに行ったり、オンライン配信📺の際に電波がちゃんと届くかのテストを兼ねたリハーサルを行ったり、朝6時30分から蓮華寺池公園で行われるラジオ体操に参加したりと、4〜5回は訪れたと思います。 しかし2日前に「絶望😱」を味わいます。 12月から始まる蓮華寺池公園のイルミネーション✨の下見を行った結果、イルミネーションが

          トモシビ#6「イベント開催までの1ヶ月で起きたキセキ」

          人生初のクラウドファンディングキャンドルナイト🕯️開催のため、今回、人生で初めてクラウドファンディング🔥に挑戦しました。今までは支援する側だったのですが、プロジェクトを立ち上げる側に立ってみて、文章やリターン、写真などからPR方法まで、いかに考えることがたくさんあるかを思い知りました。そのため、クラファン開始前から終了まで改善に改善を重ねるほど悩みました🤔 そして、クラウドファンディング募集開始の11月2日。FacebookやTwitterで、募集を開始したことを告知したと