新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

語り継ぎ、伝え拡げるということ

むかし京都に立誠シネマという映画館がありました。

立誠小学校という閉校した学校の校舎を利用した映画館で、コンパクトながらそこで流される映画のチョイスや関連したプログラムは、映画を積極的に観るようになって数年というレベルの当時のわたしでも「こんなところで(失礼)こんなことができるんだ!?」という驚きの内容の連続でした。

そんな立誠シネマが惜しまれながら閉館したのが2017年。 ラスト興行の内の2本を、となりのひとの肘が終始触れつづけるような密度、エアコンをマックスにしてもまったく下がらない熱気のなか、汗だくになりながら大林宣彦監督のこの空の花 長岡花火物語と、ジョナサン・デミ監督のストップ・メイキング・センスをたてつづけに観たことをいまでも覚えています。

お恥ずかしながらというべきなのか、それまでが幸運だったというべきなのかはわかりませんが、このときわたしは、人生ではじめて「街の映画館がなくなる」ということを体験したのです。

この気持ちをいったいなんと表現したらいいのでしょう?

じつはこれまでもそこまでの頻度で行けていたわけではありません。 しかしそこに行けばなにかしらおもしろいことがある、あたらしい価値観やあたらしい視点と出会える。 当時のわたしの稚拙な知的好奇心を満たしてくれていた場所が突如姿を消す。

どう表現したらいいのかわからないこの喪失感は、これまでのどの出来事とも異なる苦味を伴ったことだけを覚えています。


そんななか、立誠シネマが出町座(仮)として再スタートすると知ったときは、本当にうれしかった。

個人的にはさらに行きづらい場所になるけど(笑)、これは絶対に応援したいと心の底からおもいました。

そして出町座は2017年末に無事オープンされました。


はやくお伺いしたい気持ちとは裏腹になかなかタイミングが合わず、実際にわたしが出町座に行った日はオープンからしばらく経ってからのことでした。

その日に観たのはトラヴィス・ナイト監督のKUBO/クボ 二本の弦の秘密という作品でした。

シンプルに観ていただきたいのでここでは内容については触れませんが、映画はおもしろく、とてもすばらしい作品でした。


しかしなによりもすばらしかったのは、映画の内容だけではなく、この映画の成り立ちそのものでした。

ちょうどわたしが当時読みすすめていた本が、フィルナイト著 SHOE DOG 靴にすべてを。という本でした。

そう、KUBOの監督 トラヴィスのお父さん、ナイキの創業者 フィルナイトの自伝本です。 フィルは一時期とても日本と関わりが深く、本のなかでも日本を舞台としたエピソードがいくつも語られていました。

トラヴィスはフィルの出張について日本に滞在したときの体験から日本文化の興味をもち、このKUBOという物語を生み出すに至ります。


わたしには出町座で観たはじめて作品がKUBOであったことが、偶然のことのようには思えませんでした。

父親の影響で日本に興味を持ったトラヴィスが時を経て紡ぎ出した物語を、
京都で映画文化を育んできた立誠シネマを受け継ぎ拓いた出町座が語る。

形は違えど文化に影響を受け、それを昇華し表現に変え、あらたな価値観を拡げ問うていくその両者の姿勢に、わたしは勝手にものすごく深い繋がりを感じたのです。


しかし文化とは、映画とは、物語とは、そういうものなのではないでしょうか。

ひとが文化に触れ、映画に触れ、物語に触れることで自らの内側に豊かな世界を築き、熟成されて表に出てきたあらたな物語がまた他のひとに影響を及ぼしていく。

その連なりというか、繋がりの輪こそが文化、映画、物語が語られるべき理由、意義なのではないかとおもうのです。

そしてその連なりを繋ぎ拡げる場所としての出町座という場所に、あらためてその行いの意味について、想いを巡らさざるおえなくなりました。


そんな出町座にいまは行けません。

改めて立誠シネマが閉館したときのきもちが一瞬よぎりました。


現在は仮設の映画館という試みで映画鑑賞をし、その料金を劇場と配給に分配していただけるシステムに出町座も名を連ねています。

また昨今の状況を鑑み、出町座は未来券を発行されました。

そこにはこう記されていました。

「たくさんの人が大きな不安を抱えながら日常生活を送らざるを得ないこうした時こそ、人が生きる支えとなる文化の灯をできるだけともしていたい。」


これこそ映画、そして映画館にしかできないことなのではないかとおもうのです。

2度と失いたくはない。

心からそうおもいます。


ミニシアター・エイド(Mini-Theater AID)基金も5/15に一旦締め切られます。


「これまで」に何を置いてき、「これから」になにを持っていきたいのか?

そう問われている気がする。と数週間まえのわたしは書きました。

「そしてそれを決めるのは、これからのわたし自身の選択と行動次第なのではないか。」とも。


語り継ぎ、伝え拡げるということ。

人が生きる支えとなる文化の灯はそうやって灯し繋がれ、いまにいたるのではないでしょうか。

だからわたしはその想いを灯して、ひとに繋いぐことができたらと綴ることをえらびます。


いつの日かまた、

となりのひとの肘が終始触れつづけるような密度、

エアコンをマックスにしてもまったく下がらない熱気のなか、

ふたたび映画館で映画を観るその日まで。

この記事が参加している募集

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたものはすべてnoteの記事作成のために活用させていただきます。

オススメの一足はNikeのWmns Free Virtus!
19
デザイナー/ライター。映画のなかで一瞬だけ出てくる靴のカットの意味を綴る #映画のなかの足下 、旅のなかで交わされたことばを都市ごとに切り取った #世界の足下から などの #ZINE をつくっています(新シリーズ作成中)。世界のどこかでふとした瞬間に姿を現わす #靴箱文庫 店主。

こちらでもピックアップされています

わたしが出町座に行った日
わたしが出町座に行った日
  • 105本

みなさんがはじめて出町座を訪れた時のこと。それはひとりで?誰かと一緒に?電車で?歩いて?お天気は?どんなことがあった?__その日はあなたにとって、どんな一日でしたか?__応募概要はこちらから!https://note.com/demachiza/n/nfc4c908e78ea

コメント (2)
たくさん重要なことを書いてくださって、ありがとうございます!

立誠シネマは密でしたね。
今となっては、2010年代迄じゃないと出来ないことでした。

そしてトラヴィス・ナイト監督についても、ありがとうございます!
父上の著書を私は未読でしたので、幼きトラヴィス監督の中で日本に対する関心が芽生え育まれていったということがそこから知れるというのは驚きでした。
『バンブルビー』も然るべくして撮ったということですかね。

どんどん「触れ合うこと」「近づくこと」が禁忌になってしまいつつある今ですが、立誠シネマの体験の記憶を今後に息づかせることには挑戦していきたいと思います。

こちらを読ませていただいて、あらためて思い起こしております。

KUBOを観たあと、トラヴィス監督がインタビューのなかで「こどものころ、父親の出張について日本に行って日本文化に興味を持った」と言っていまして、その後SHOE DOGのなかで家族で日本で過ごしたという記述があり、「この時か!」とおもったのです。 なので、本のなかでトラヴィスのことに詳しく触れられているわけではないのですが、トラヴィスがこどものころ日本に来ていたことがわかります。

そして、そうなのです! 文章には書かなかったのですが、奇しくも日本が生み出したトランスフォーマーであるバンブルビーを監督したのも、きっとこどものころから元のアニメとか知っていたのではないかな?とおもうのです(裏が取れなかったので書けなかったのですが)。

立誠シネマには立誠シネマにしかできないことがあったものとおもいます。 しかしあの密度というか、熱量というか、そういうフィジカルな意味だけではない映画体験が、また出町座さんでも体験できたらなと願っています。

コメントありがとうございました。 また再開されたらお伺いさせてください😊
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。