見出し画像

ラグビーワールドカップでの試合出場歴~RWC2019調べ-1~

RWC2019の登録メンバーが公式サイトにアップされていたので、そちらのデータをまとめたものを紹介していきます。あれ?って思うような、誤記かなというところもありますが、明らかに違う以外はそのままです。
また、名前、ポジションはサイトのものですが、身長や体重などの数値は手入力なので、もしかしたらミスがあるかもしれません。


全選手平均データ

身長:185.8cm,体重:102.7kg,年齢:27.4歳,RWC試合出場数:2.01

これだけでは全然わかりませんので、もう少し掘り下げます。

年齢分布

RWC2019年齢分布改

最年少は19歳、そして最年長は38歳。20歳以下の選手と35歳以上の選手を抽出しました。

RWC2019 U20選手

RWC2019 Over35選手

日本代表のルーク・トンプソン選手、38歳で最年長ということになるようです。W杯メンバー選出歴も4回、日本代表でも最多タイです。

ポジション別年齢分布

RWC2019ポジション別年齢分布

試合出場数

各国代表としてのテストマッチではなく、RWCでの出場試合数がカウントされています。全620選手のうち、出場経験がない選手が374選手(全体の60%!)予想以上に多かったです。

0試合:374人,
1-5試合:158人,
6-10試合:67人,
11-15試合:19人,15試合超え:1人

出場経験がある選手で平均を改めて算出してみると、平均5.1試合。

最も多く出場しているのはAustralia代表のADAM ASHLEY-COOPER(アダム・アシュリークーパー)選手で17試合。日本でもお馴染みの選手ですね。

RWC試合出場数(2015まで通算)

ポジション別RWC出場試合数分布

RWC2019ポジション別試合出場数分布

この数字にはチームでの戦略もあるだろうし、チーム成績も当然関わってきます。そのあたりまでは置いておいて単純に経験値ということで。RWC登録大会数と試合数の両方を比較できるとよりいいですね。

チーム別RWC出場試合数

チーム別でワールドカップに出場した試合数の人数分布が以下の通り。右端はチームとしての総試合出場数(代表の総Cap数と同義)になります。

RWC2019チーム別試合出場数

チーム成績にもよりますが、現行システムでは1大会で最大7試合。
10試合を超えるというのは少なくとも2大会、多ければ3大会以上ということになりますね。それだけ長くトップでプレーしているということになります。中には返り咲きということもあるかもしれません。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございます。 日常の中から感じたことや体のこと、ラグビーや部活動の話を綴っています。 続けているとみえてくるものがある、ということでよろしくお願いします!

Thanks!
1
大学や医療系専門学校で体の仕組みなどについての講義を持ちながら、学生スポーツでのトレーニング指導を展開中です。スポーツにまつわる数字の検証や、日々のあれこれを綴っています。ラグビー好きです。CSCS、NSCA-CPT、修士(体育学)

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。