見出し画像

【stay home,be active】 「健康的テレワーク推進グループ」の活動が多くの方に届いてほしい、そして続いてほしい

急にテレワークが始まって、どうにか慣れてきた、、、という方もいらっしゃると思います。そんな皆さん、運動できていますか?そんな悩みやそういえば、、、という方に届いてほしいです。

1.自宅で参加する運動プロジェクト

このようなプロジェクトが立ち上がりました。
タイトル画像はこちらから許可を得て使用させていただいています。私も一参加者として映像を見ながら運動し、また運動を担当する機会も一度いただきました。

接触機会減少(3密だけでなく)が求められている中で、テレワークに移行したという方も多いと思います。普段と違う環境でなかなか捗らなかったけれど、最近少し慣れてきた。という方も多いのではないかと思います。そんな皆さん、、、

最近1日の歩数、確認していますか??

通勤には運動もついてきている方が殆どだと思います。
自宅~駅~乗り換え~会社や、買い物などにも徒歩移動は多くついてきます。知らないうちに1日1万歩歩くなんて言うことも大したことではないかもしれません。

しかし、現状ではそうもいきません。同じだけの歩数を動くにはかなり意図的に動く必要があります。私自身も意識的に歩いていますが時間も使います、エネルギーも使います。

会社よりも色々なものが近く、手の届く範囲にある方も多いと思います。そういう中でもちょっと立ち上がるとか歩くという機会は減ります。

運動不足になれば体重だけでなく、健康面にもマイナスの影響をもたらすこともあります。特にこういった状況で我慢や辛抱といったことを求められる中では気付かないうちに、思った以上にストレスも。

そして、生活のリズムをつくる。これがなかなか難しい。
つい時間が経ってしまう。あるいは時間通り動いてはいるけれど心身の準備ができていない。これまでルーティンとなっていた行動には、そういった心の準備にも役立っています。

そんな状況を打破すべく、知人がFacebookで前述のプロジェクトを立ち上げました。再掲☟

noteにもページがあります☟

・平日:1日3回
 8:45-
 12:00-
 17:15-

・土日:1日2回
 10:00-
 15:00-

1回5分程度。様々なバックグラウンドをもつ運動指導者が自宅でできる運動を紹介しています。Liveなので、一緒に体を動かすことができます。もちろん皆さんの姿は映らないので、好きな格好で自宅の好きな場所で。

どんな方が出てくるんだろう、何をするんだろう

という楽しみ。
そして、やはり時間を気にすることでやることが区切られていきます。
目安があるというのはいいですね。

運動しよう!と簡単に言われても、、、慣れていなければ何をやれば、どのくらいやればいいか、、、などなどハードルは上がってしまいがちです。
しかし、目の前の映像に合わせて動けるので参加しやすい。


自分の体の硬さについ笑いが出る
背筋がピンと伸びた!
少し疲れて息が上がる
懐かしい動き!でも昔よりできない


1日の中にそんな定期的な刺激をつくることができます。普段運動している方もいつもと違う運動や、動作のポイントなど新しい発見があるかもしれません。

Liveで参加できなくても沢山動画があります
そうは言っても、時間通りに参加できないこともあります。うまく区切れなかった。応対があった、、、などなど。
Liveでは時間が合わないという方もアーカイブで動画を活用できます。4/6から始まった企画、既に50本近いアーカイブがあります。

長期的に考えていかなくてはいけない状況。今のスタイルの中での生活の質を上げるうえでも有効なツールになるのではないかと感じています。

2.活動に際しての寄付のお願い

当初、この企画は4/6~4/10の5日間の予定でした。
その後Tシャツ、ステッカーを通じた寄付によって現在3週目に入っています。さらに、4週目も継続が決まったそうです!!

今後はnoteの投げ銭機能を使った寄付を募るとのこと。
いただいた寄付金が担当者への謝礼に充てられます。
詳しくはこちらで

長く続いてほしい企画です。
読んでくださった皆さんも参加してみませんか??
「運動してないけど大丈夫だよ」という方も、もっといい状態に繋げるきっかけになるのではないかなと思います。


この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございます。 リアクションやシェアいただけたら嬉しいです!

そのクリック、励みになります
2
体格、負傷・疾病数、競技人口・登録者数 などの数字を眺めてまとめています。 普段は専門学校、大学等の講師、部活動でのトレーニングサポートをしています。散歩多め。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。